What's going on?

(2013年冬にDTIブログから移転しました。)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きてました。

こんにちは。
大変ご無沙汰しております...。

いつの間にか日本に帰国して、三か月もたっておりました。
相変わらず元気にしています。
これまでのことやら近況も書きたいのですが、慌ただしいのでまあ...またのちほど...。(ごにょごにょ)
来週一週間またアメリカに行ってきます。でその後時間できたら何かアップデートを......。(ごにょごにょ)

とりあえずの生存報告でした。
スポンサーサイト

だんしゃり…。

断捨離の三文字から逃れられなくなってきました。

数週間前からちょっと片付けを始めていたものの、週末まで仕事が入ったりであまり進まなかった。ていうかそもそも他のこと(旅行とか)に気持ちが行っていたのもあり、例によってまっっったく部屋の様子は変わり映えがなかった。
がしかし!
毎年恒例、大学主催の『(主に引っ越す学生さん対象だが)いらない家具などを寄付しましょう』イベントが週明けにあることを知り、これはうちの家具をいくつか持って行かねば…!と今週末突如‟締切に追われた漫画家”レベルに追い込まれ、昨日朝から大掃除を始め、半日使っていらない机などを自分の小さい車にぎゅうぎゅうに詰め、今日汗をかきかき職場に置きに行った。(そして職場がストレージ化…。)
さらに、これまた毎年恒例の良心的な大学イベントですが、『業者さんに書類を適切な形で処分(シュレッド)してもらいましょう』イベントも週明けにあるんだよね。
これは主に、うちの職場で言えば元選手たちのメディカルドキュメントなど、適切に処分されることが義務付けられているような書類を業者さんにシュレッドしてもらうためのイベントなのですが、今回はなんと個人の書類も受け付けますよ、と!
いやー、自分のは別にシュレッドされなくてもいいような適当な書類も多いのですが、でもうちにはリサイクル回収来ないし(だからいつも職場のリサイクル箱に家から持ってきて捨ててるんだけど…)、環境を守るためなら持って行かねば!
このイベントのために、もう数週間ほど授業のノートや論文などをスキャンしたり(これまた職場のスキャナーにお世話になってます。恩恵受け取るなあ自分)と処分の準備を進めてはいたのですが、もう締切来ちゃうよう!ということで仕事もほどほどにスキャンに励む毎日が続きました。
プリンターを独占、「ウィーン、ガチャン、ウィーン、ガチャン」とスキャン音をほぼ毎日数時間ほど高鳴らせ、周りにぶーぶー言われつつもなんとかひと段落のところまで…。
さらにさらに、これまで取っておいた給与明細やら銀行の口座残高やらの書類は、どうしても自分でシュレッドして処分したかったので、今日半日職場の床に座って段ボール一個分、大きなゴミ袋丸々二つ分にもなる書類たちをシュレッドしてきました…。(もちろん職場のシュレッダー使ったのだが、壊しかけてひやっとした。)

職場の入り口を机などで狭め、シュレッドされた紙の山を積み、本やら書類やらの入った箱を積み上げ、
…明日上司と同僚を驚かせないかどきどきしています。(てへ)
部屋にはまだカウチもあるしベッドもあるし、そういう大きいものが残っていますが、とりあえず片付け進んだな。よかった。

昨日土曜日はうちの大学の卒業式だったのですが、自分の見ていた四年生たちは皆無事に卒業しました。ほいでいよいよキャンパスから離れていきました。ご家族のみなさんとあいさつに来てくれたりと、じーんとしました。
夢に向かって進んでいく彼女たちの姿が、なんとまぶしいことよ。
これからもみんな大好きなことを一生懸命楽しんでいってね。

ご報告

どうも。
お久しぶりです。
なんだかすごく更新が滞っていたような...気のせいかしら。

えーっと
自分のことを周りに伝えるのが苦手なので、もう一年近く「隠しているつもりはないけれどもいうタイミングを逃した」状態になっていましたが、この夏現職場であるナイアガラ大学を辞職することになりました。
最後の日が決まったのが先々週?くらいで、自分の次を引き継ぐ人の迷惑にならない範囲で長く働かせてもらえないかと上司に相談していたところ(自分の次の仕事も決まっていないし片づけとか手続きに時間かかりそうだし...)、6月26日まで働かせてもらえることになりました。ありがたや。
やっとコーチたちにも辞める報告をしに行けました。こういう大事なことを言うタイミングってほんとに難しいな...。おろおろ

これまでインターンの時を含めて約五年間、大変お世話になった職場。
上司とか同僚がいなかったら絶対ここまでやってこられませんでした。ふえーん
本当に家族のように支えてもらってきたみなさんには、感謝しきれません。
あと二か月間かあ、て考えるとさみしくなるからなるべく考えないようにしてます。ぐすん。

辞職後は日本に帰国します。その後の予定はまだ決まっていませんが、何か楽しいこと、新しいチャレンジとご縁がありますようにと神頼み中です。(いや、就活してます一応...。)
なんで帰ることにしたのか聞かれることもあるんですが、渡米当初からいつかは日本に帰国して日本でアスレティックトレーニングを広めるお手伝いをしたいと思っていたし、フルタイムになってからは「初めて迎えた一年生の子たちが皆無事に卒業するまで見届けたい」というのが目標というか一つやり遂げたいことになって、
それで実際に彼女たちが四年生になり、立派なリーダーとして成長したのを見た時に、うまく言えないけれどもなんとなくこれが節目なのかな、と何かがストンと落ちるような感覚で帰国という選択肢が出てきました。
過去何年も、「自分は日本帰国をどういう形で決めるのかしら」と思っていたけれども、意外に自然と、”帰る”タイミングが訪れた気がします。ちょっとびっくりしたくらいに。
あとは正直、自分自身がここでたいそう甘やかされてちやほや育ってきてしまった実感があったので...。ちょっともう一歩進まないといけないかな、とも思ったし。ぬくぬくしすぎたよねやっぱ。すんません。

最後が見えるとなおさら、これまで上司や同僚、大学のみなさんチームのみなさんだけでなく、自分の家族や友達、先生方、先輩方や後輩さんたち、選手たちのご父兄の皆さん、チームフィジシャンのみなさん、カンファレンスのみなさん、いろんな人に支えられてきたなあとつくづく思います。
考えれば考えるほど、なんと恵まれた環境にいたのだろうと思い知らされる。
いろんな人に、感謝の気持ちでいっぱいです。

先にも書いたとおり今就職活動中なので、このぬくぬくフルタイムなお仕事から離れて日本に帰って何をどうするんだろうというのは少し不安もありますが、それよりもなんとなく、(仕事もないくせに!、)何が自分を待ってるのかなというのが楽しみです。ふふっ。(仕事もないくせに...。)
ここで就職活動に戻るのは、自分がこれまでどういうことをやってきたか、今後どういう方向へ進むのかを改めて考えるいい機会だと思っています。これまでぬくぬくし放題だったから、いろいろと流されていた部分があったのはやはり否めないので。
とにかくあと二か月間、しっかり働きます。って、もうほぼ現場の仕事はないので事務作業プラス引き継ぎ用のメモ作りですが。慣れぬデスクワークに目がちかちかしてます...。

イースターブレイクの話・三日目以降

ピッツバーグ......。

毎年サッカーとバスケの試合で数回遠征する土地ですが、去年はピッツバーグで格下にぼろ負けしさらに帰りのバスで詰まるなんていう散々な目に合った、なんかいやでも忘れられない土地です。
毎回来るたびに、いいなー!いつか遊びで来たい!と思っていたのですが、よくよく思い返してみたらその理由は『遠征の移動中に通ったIKEAに行きたいから』、でした。それだけだったな...。(今更)

イースターブレイクの週末、うちとバージニアの真ん中ということでピッツバーグで近江くんと待ち合わせて、一緒にご飯を食べに行きました。
お互い四月生まれということで早いお誕生日ディナーに、グラウンドコンコースというお店に行ってきました。
Pit4 素敵な天井。
もともと駅だったところをレストランにしたらしい。外装はふつーの古いビルだったのだけれども、内装、お店の中がとってもかわいかった!

Pit3 あっ、海苔。
アパタイザーのホタテとカニクリームさんの下敷きに、海苔がいた。真ん中のはうどんを揚げたような感じだったんだけれども。
一緒に食べたらおいしかったのだけれども、アメリカ人が見て「おっ海苔だ、食べようぜ」みたいな流れになる確率ってどれくらいかね、て話してた。
メインのご飯もおいしかったです。むひー
ちょっと寒かったけれども、レストランから見えた景色を外を歩きながら見て、それから寒いよーっと逃げるように帰りました。今年のイースターは早かったよなあ...。
Pit5

相変わらず肌寒かった、ピッツバーグ二日目。
イースター当日でモールやお店も休みだしやることないので、ゆっくり起きて、インクラインへ。
インクラインは去年のピッツバーグ遠征の時にチームと行ったのですが、ケーブルカーで丘を登りながらピッツバーグの景色を見るアトラクション。ピッツバーグに来たら絶対これ!てどこにでも書いてあるけれども、ほんと上って降りるだけだし、ピッツバーグの景色も正直そんな「すげー!」て感じではないので、相当何もないんだなと思いますが...。
Pit7 実は結構傾斜が。

Pit1
上った丘の上から見える景色。

のそのそお散歩をして降りて、トライアングルなんとかパークへ。
名前が適当なのは、そもそもこのパークの一番の見どころが世界級で大きい噴水だったのだけれども、まだ寒いのでオフシーズンだったので何もなく...。
ここからピッツバーグスティーラーズの本拠地、ヘインツスタジアムを眺めて、パーク内のわんこを見物して(いいなあわんこ...)、川沿いをお散歩して、おなかがぺこぺこな自分の希望でプリマンティブラザーズというサンドイッチ屋さんに。

数年前にサッカーの遠征でピッツバーグに来た際、「フライドポテトやらなんやら全部入った、大食いのあゆみのためにあるようなサンドイッチだ」とコーチから紹介されてチームで行ったお店。もうすっかりどんなんだったか忘れてたけど。
今回来たのは前回とは違う店舗でしたが、イースター当日も元気に営業中でした。やったー
Pit10

頼んだのは、ピッツバーガー。
Pit8 どんっ

Pit9 うまうま
ハンバーガーのバンが食パンになっただけで、中身はハンバーガー。プラス、フライドポテトやコールスローとかがもりもり。おいしかったーーーっ。

Pit6
ちなみにこのピッツバーガー、写真を拡大したら見えるかわかりませんが、『当店人気ナンバー2のメニュー』って書いてあるんですよね。で、どれだけ探してもメニューでナンバーワンが載ってないっていう...。
おいおい、秘密メニューでもあるのか?!と思って、ウエイターさんに人気ナンバーワンを聞いたら、
「ビールです。」と即答。
あ...。なるほど。
近江くんも自分もこの後数時間運転して帰らねばならなかったので、今回は残念ながら人気ナンバーワンには会えませんでした。次回、...うーん、次回があるかなあ、どうかなあ......。


実はここまで連れまわしていた近江くんが風邪っぴきだったので、夕方早めに帰ることになりました。
近江くんが風邪じゃなかったとしても、ピッツバーグでスポーツ観戦もお店回りもなしで丸一日過ごすのは厳しかったと思う。いやはや、ピッツバーグ、あなどっていたぜ...!
体調悪くても来てくれた近江くん、どうもありがとう。自分の荷物を持ち帰ってほしいがために呼び出してしまったが...おいしいごはんで許してくれるよね。(えへ)


イースターブレイク最終日(月曜まで休みだった)は、おうちで勉強して終わりました。
素晴らしいお休みだったな!これが最後のお休みだったかな。めでたしめでたし。

イースターブレイク・二日目

前回はキャラクターの写真ばかりになりましたが、今回は魚の写真ばかりです。

ミネアポリス二日目。
この日は夜にティンバーウルフズのホーム戦があったのですが、朝のシュートアラウンド(プロチームもシュートアラウンドするんですね!)の前にティンバーウルフズの施設見学をさせてもらいました!わーい
(...ていうか今さらだけど!試合当日だし、シュートアラウンドの前だったし、ほんと申し訳なかったな...。ありがとうございました。)

Min16
ホームスタジアムのターゲットセンター

ロッカールームやラウンジ、レントゲン室を見せてもらって、わあー素敵、とほくほくしていたら、
トレーニングルームで、タイムマシンと遭遇...。(ごくり)
Min8 ←これ。

めっちゃ怪しいぞこれ...!とガン見してたら、このタイムマシンは一酸化窒素を使って全身を一気に冷却するマシンだと教えていただきました。下着・水着のようなアウトフィット(つまりほぼ裸)に、手袋足袋をつけて、一、二分入るだけで全身アイシングが出来るんだって。(想像の中ではクイズ番組で不正解者にぶわー!っと冷気がかけられてきゃー!な感じなのですが、実際どうなんだろう。)
やってみよう!と言っていたのですが、あっそういえばもうすぐ選手さんたち来るから...ということで、次回に持ち越しとなりました。
(余談ですが、後日数人のセレブリティたちがこのタイムマシンを体験した!とSNSでわいわいしていた。健康になった!と言っていたんだけれども、うーん、そういうもんかなあ。)

で、ティンバーウルフズさんの練習ジムとウエイトルームにも連れて行っていただきました。(今新しい施設が建設中らしいので、きっとここを見るのも最後だったのかも。トレーニングルームも新しくなるんだったっけ...。)
Director of Sports Performance(ストレングスニングコーチ)をなさっている晃一さんのメインの職場がこのウエイトルームで、ホワイトボードにばばーっと書いてあるエクササイズがなんとも面白かった!わわわ
自分、筋肉もないけれどもコーディネーション能力(特に上半身の)が本気で壊滅的なんですが、いくつかエクササイズを体験させてもらいました。コーディネーション、こーでぃねえしょん...。
そのウエイトルームの文字通り隣にあるのが練習コートで、バスケ大好き人間だったら、「えーここであの選手やあの選手がシュート打ってるんですね!自分も自分も!えいっ(シュート打ってみる)」...みたいになったんじゃないかと思いますが、
バスケ経験知識もなし(でもただミーハー)な自分は、雰囲気だけで「わあすごい」と酔いしれていました。
Min9
きっとこんな練習を...!(フットボール風)

一通り見せていただいた後、自分はミネアポリス観光へ。
まず行ったのは、モール・オブ・アメリカ。
またかよ!ていう話なんですが、いや、このモール一番の目当てだったピンクベリー(フローズンヨーグルト店)食べなきゃ!!
そして、入ってすぐのところに水族館があったので行ってきた!水族館大好き。
Min10 くらげ~

Min11
でかいウミガメさんがすいすい。サメさんはお昼寝中。

Min13  Min12  Min14

Min15 かっこいいい

週末だったからか、子供連れの家族がいっぱいで、子供たちとベビーカーにぎゅうぎゅう追いやられながらも一時間ほどじっくりサメさんを眺めてきました。うっとり

モール・オブ・アメリカでの目的を果たしたので、(二階以上のフロアを全部無視して)電車でダウンタウンへ。

Min19
ミルシティミュージアム。
古い製粉工場を博物館にしたところ。観光するならここ!ってどこでも書いてあったんだけれども、何を見るべきだったのかはちょっとわかりませんでした。とりあえず見られるところは全部見て来たんだと思うけれども...。
この工場の歴史や、古い製粉機が展示してあった。社会科見学向きの施設な印象。
個人的にはPillsburyのキャラクター、Doughboy(かわいい)の歴史が見られてよかったかなー

そこの前にあるのが、セイント・アンソニー・フォールズ。
Min20
ウィキペディアには、ここがかつて『西のナイアガラフォールズ』と呼ばれていたとあったのだが...。

ここからもうちょっと下流に歩いていくとダムがあるのですが、はじめこれが滝なのかダムなのか分からなくて、何度も往復してしまった。きょろきょろ

で!
夜、いよいよ試合観戦----っ。わほわほ
晃一さんからチケットをいただいて、ティンバーウルフズ対オーランドマジック戦を観に行ってきました!
最近では同じNBAチームではアトランタホークス、違うプロスポーツとしてNHLバッファローセイバーズの試合を観に行ったことはあったのだけれども、それよかもっと試合の外で子供たちが楽しめるアトラクションがいっぱいでした。(なので自分もまざってきました。きゃっきゃっ)

Min17
子供たちがシューティングゲームで盛り上がってた。

Min18
これ(右端の靴)、自分の持っている中で一番大きい靴なんだけど...。

この他にも、選手たちの等身大パネルとかチームマスコットと手の大きさ比べてみようコーナーとか、とにかくDJさんとチアリーダーさんたちが頑張ってました。なんと楽しい雰囲気よ。
で、
Min21 席がこんな近かった。
ひゃーーーーー、ベンチの人の顔が見える距離ーーーっ。

いつも思うが、知っている人がいると楽しみも倍増。大先輩が試合中どんなことしているのかしらとちらちらしてました。
あと!すっかり忘れていたが、男子バスケの試合を観る醍醐味...スーツ姿の殿方があちこちに。わああ素敵。
残念ながらティンバーウルフズは負けてしまったけれども、自分はとっても満足でした。やっぱりいいなあの試合の雰囲気。すっごく楽しかったよーっ
(そしてスーツ姿の殿方いっぱいな景色に癒されました...。よかった)

試合の後、おいしいビールとアパタイザーをもりもりごちそうになって、二日目が終わり。
翌朝空港まで送っていただいて、自分はピッツバーグへ。

試合も楽しかったし観光も出来たしおいしいごはんとお酒を毎晩ごちそうになってそれはそれは天国だったのだけれども、一番よかったのは、いろんなお話を聞けたこと!!いつものことながら、新しい知識やこれまで考えなかったような目線での考え方を聞いて刺激を受けまくりでした。
私生活の話から進路(というか人生)の相談にも乗っていただいて、連日たくさんお話し出来てすごい嬉しかったし、こんな大先輩がいて幸せだなあと改めて思いました。うっとり
晃一さん、すこぶるお忙しいところだったにも関わらずどうもありがとうございました!

ピッツバーグ編につづくー

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。