What's going on?

(2013年冬にDTIブログから移転しました。)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月の終わり

もう10月になっちゃうんですね。
今年ももうすぐ終わりか...って思うのは自分だけではないはず。ひんたんとか

今日はかなり頭がぎゅうぎゅうしてて、思考がうまく働きませんでした。
なんど壁にぶつかりそうになったことか。てかぶつかったんだけど。
要はすっきりしない日ってことだったんですが、その原因を考えてる時間ももったいないので、とりあえず放置。
うーん
やっぱり冬眠準備が着々と進んでることが気がかりなのかなあ。
人に太ったかと聞かれるとかなり過敏です。ほんとですか?

原因はなんであれ、すっきりしないとなにやってもうまくいかないもので。
いやー悪循環でした。
てかフットボール場にちっちゃい虫が大量発生してるんですけど...なんですか、突然。
選手にも自分にもめっちゃ喰らいついてきて、この微妙な痛さがかなりいらいらさせてくれました。テントウムシまでたかってきてほんとかわいげもない。
明日も外なのでおびえます。うう

そんな中、ずーっと勉強続けてたものが夜に一区切りつきました。
なんで本読むのにこんな時間かかるんでしょう...。ペーパーとかほんとやばいね。知ってたけど
「いやー終わりましたね一通り」とかほんのちょっとほっとする反面、
「でもあの本結構曖昧だったよね」といまだにはてなマークが浮かんでる状況。
ちゃんと使える知識になるよう、もうちょい掘り下げて勉強続けたいと思います。

でわおやすみなさい
さらば9月
スポンサーサイト

今夜は真剣な女子会

今日うちのプログラムの“女子会”がありまして。
インストラクターも学生もひっくるめての一時間半、この職業における女性としての立場の難しさを改めて知らされた感じでした。
うーん
なんかいろいろ厄介なんですね。まあ知ってなかったわけでもないけど。
てか普段周りから変人扱いされてたら、女を意識することなんてなくなりますよ。
自分が女であることを「一応」をつけて主張しちゃうくらいだし。
まあそんなことどうだっていいんですけど。

自分は女らしくないと常に思っているおかげで、例えばセクハラとか、そういうものに非常に鈍感になっていると自分自身で思います。
今日もいろんな話聞いて、「そんなこと起こるんですね」と思うと同時に「自分だったら気がつかないかも」とかちょっと身を案じました。
大学時代ずーっと女子部で女の子の中にいたので、自分が選手にトリートメントするときも会話に関しても、個人的な問題を除いてまったく気にすることがなかったんですよね。
さらに自分が人に何かすると言うことを(比較的)苦に感じない方なので、頼まれごとの度が過ぎていても気がつくのがめっちゃ遅かったり...ということもありました。
でも...やっぱり女の子相手だったからね。

なんかそういうこと考えたら、「これはどうなのか?」「あれはどうなのか?」とかいろいろ出てきて...
うあーめんどい。一番ストレッチがきわどい。きわどすぎる
こういうのって性別逆にしても起こりうる問題だと思うけど、どうしても「女性は弱者」という概念というか事実があるので(すごく嫌いだけど認めなきゃいけないでしょう...)、やっぱり自分たちは一層敏感に扱わなきゃなんだろうね。

てか異文化の中に入ったばかりーみたいな自分なんて、どこまでが文化として容認していい範囲なのかあんまりわかってないし。
うーん
とりあえず、自分あんまりかわいい感じの子じゃなくてよかった。笑

思い出したり、考えてみたり

医者とか理学療法士(PT)とか、とにかく周りの医療にかかわる人たちとアスレティック・トレーナーの違い。
本とかいろんなもので見たけど、怪我の治療はもちろんその予防に努めるというのが大きな違いとのこと。
その概念ってかなり素敵だと思ってます。
治療よりもむしろトレーニングを考えることの方が多かった大学時代は、その概念に基づいてやってたつもり。まあバレーボールは肩ばっかりだったからそう複雑でもなかったけど。(人間関係等々に比べたら...おっと)

この職業に関して自分がもう一つ思ってることは、これは医者とかPTとかひっくるめてだと思うんですが、選手の教育ってほんとに大切だと思ってます。
授業でもいつも聞いてたけど、実質なかなか難しい。
たとえば。
自分で何もせず人のマッサージとか他人の力に常に頼る選手とか。
「指示されなかったからやらなかった」とリハビリサボる選手とか。
やってもらって当たり前が身につきすぎちゃって王様になっちゃう選手とか。
もちろん選手のために働くのがうちらなんですが、それに対して自主的な態度とか真摯な態度が欠けたとき、「うおーい、ちょっとちがうんじゃないの?」って感じになりますよね。
別に感謝されたいとかそういうんじゃないんですけど...うーん。なんていうか。
たとえて言うなら、毎日家事してる主婦が何も手伝わない夫に対してキレるケース、とか?笑

またまた大学時代の話になりますが、リーグ中でけが人続出した際マッサージ頼まれまくって手が回らなくなったことが何度もあって。
といってスタッフも増えないので、ストレッチポールも導入したし、選手同士でいろいろやらせたり、自分ひとりでも出来るケアとかストレッチとかを教えたりして、なんとかしのごうとしてました。
もちろんリハビリも授業だなんだで時間ばらばらだし、4年最後のセメスターこそ自分授業取らずにいつでも付いてたけど、そこで選手自身が「自分には必要なこと」って理解してくれなかったら成り立たなかったと改めて思います。
いい子達でした。かわゆし。笑
でいまの話になりますが、いやーやっぱり難しいんだなって思う。
しかもここではほとんど超音波とかの治療が主(に見える)なので、余計に複雑で選手自身じゃできないことが多い...んじゃないかなあ。いまだによく把握してないのでえらいこといえないけど。
最近選手のストレッチすることが何回かあって、なるべく選手自身でできるものを与えつつそれを補助する程度になればいいなーってつくづく考えてしまいます。
...とか言って!
夏フットボールに入ったばっかりの時とはだいぶ落ち着いて考えられるようになりましたねー我ながら。笑
とりあえずそういうスタンスで、自分にもっとできることが増えればいいなと思います。
頭ないとそんなえらいこと言えないんですけど。

余談ですが。
フットボールと言えば、最近ほんとに「自分はあほに見られてるんじゃなかろうか」と言うことが連日あって。
今日は水汲み中「What's up?」と聞かれたので「Nothing much.」って答えたら、そういう応答できるんだーとか言ってやたら褒められ。
先日「日本に帰ったらまず何食べたいの?」と聞かれたので、料理とか説明するのめんどくさくて「米。」と答えたら、全員苦笑い。

......。
とりあえず今週も終わりました。

行く先をいろんな意味で案じる水曜日

昨夜、地べたで課題をしてたはずが気がついたら死体のように横たわっていて。
結局9時間も寝てました。
......。
終日にこういうことってあまりなかったんですが。
なんか気がつかない疲れでもたまってたのかね。
寝すぎると翌日余計に眠いと言うのも事実で、頭が起きずに一日終わった感じ。
いやー非常に、むつかしいです。
それ以外に至っては、代わり映えのない一週間のうちの水曜日でした。

最近よく考えているのは今後の授業のことで、というのも自分だけ学部の授業を取らなきゃいけないんです。
実はそのクラスは入る前の必須科目のうちの一つなんだけど、大学院入ってからも取れるクラスでもある。
先セメまでに取りたかったんだけど、なぜかディレクターに「今取るな。後で取れ」と延ばし延ばしにされてた授業。
でそれがめっちゃめんどいときた。とりあえず10人分の酸素摂取量だの何だののデータを取って分析してなんだかんだ云々。

一教科なのに、6単位。
ちなみに自分今セメ取ってるのは三教科合計で10単位です。

......。
えーと。
たしか次セメ、8単位すでに必須科目で埋まってたよね?
で来年の秋セメは9単位が必須科目で埋まってましたよね?
で卒業の春セメは資格&卒業試験勉強に死に物狂いですよね?


どうするよおい。

というわけで結構やばいです。
インターンシップなんてもんもあるし。
てかお金もかかるんですよね、単位いっぱい取ると。いくら奨学金もらってても高いっす。

夏居残り率が急激に上昇。およー
まあ自分はいいんですけど...

テストよりも

今日のテストはやっぱり最後になってました。
ちなみに『どうやって研究論文書くか』って授業。
結局最後にはペーパーだし、テストなしでもいいようなものでは...
と思うが仕方ないですね。避けられなかった
すこぶる早く終わってる人とか見て「この人何者」ってほんとに驚きましたが(その人ここで働きつつ大学院生してる。たしか)、まーとりあえず結果がすべてだから何とも言えない。
うーん
勉強しておいてよかった。きっとまし。ほへ

テストの後そのまま授業が進み、それからたかよさんとふぁーみくんとカフェテリアでだらだらみどりさん待ち。
久々に4人で揃ったときには、ちょっとした感動がありました。笑
一緒に取ってるクラスこそあるものの、それぞれの配属先が違ったりで最近なかなか4人で集まることはなかった。
いやー
なんかいい時間だった。ほんっっとにだらだらしたけど。

今日秋分の日だったんですね。
こっちだと祝日でもなんでもなかったけど。季節感無しかい
でもほんとに季節がわからない。これが秋でしたっけ?
二週間前とはうって変わって、結構あったかい日が続いてる。
がしかし!冬が来たら早いんだよねーそして長い。
その前に車が...
ってこれ以上は言及せずに、おとなしく寝ます。
おやすみなさい

先週の話をちょっと

飲んで食べての素敵な週末を過ごしたおかげで、特別書くことがありません。
嫌なことはすべて流しましたね。まあ明日テストなんですが。

先週の話になりますが。
付き合って一週間で別れるだろうと思っていた自分とK様ですが、なんだかんだで三年も続いてしまいました。
これから先のことを考えると「まだ三年ですか」という感じがしてその時間の長さを実感できないんですが、これまで自分で山だの谷だの作ってきた身なので(笑)、奴の辛抱強さというかそこら辺にはほんとに感心します。

隣でねこの絵をひたすら描きまくる彼女を「ふーん」と普通に流せたり。
一緒にご飯食べに行ってずっと一人酒を飲み続ける彼女を観察したり。
常にオチのない彼女の話をひたすら聞いてそこから話広げたり。
奴はそんなことばっかりしている。

誰に話しても「彼がかわいそう」と同情されるばかりです、今離れていることも含めて。(これ以上のことは酒の席以外では言いませんが)
一応言及しておくけど、自分だってよくこいつと付き合ってられるなと思うときくらいありますよ。
だがしかし、現況からして誰から言わせても自分のほうが劣勢になってしまう。
自分で勝手に決めてこちらに渡ってきているので、正直な話別に別れたいとオファーがあれば仕方ないという姿勢でいます。
がしかし、そんなオファーはまだないね。日本で何言ってるか知らないけど。
まあ言ってたとしても自分人の事言えないので、どうぞご自由に。

とりあえず先週は電話してありがとって言いました。
これくらいのことでひんたんにも褒められる自分。日頃の態度が伺えます。
表面的なやさしさをいかに伝えていくかが今後の課題でしょうか。(とか言ってすぐ忘れそうだけど)


私的すぎてどうでもいい話でした。
おやすみなさい

いらない疲れ

今朝方家に電話した際にも話しましたが、実はまだ車帰ってきてないんですね。
てかもう三ヶ月以上経つけど、それでも時間がないと言い出し「こっちだって一生懸命やってんだ」と逆切れするあの輩は何者。
この日には終わるからと言って結局終わらんという明らかに自分をこけにするような態度を何度も取られて、さすがの自分もとうとうキレましたよ。
今までに口に出したことのないようなひどい言葉を奴に浴びせたあげく、友達に押さえつけられ家に帰されたのが昨日。
で友達に「絶対に明日取ってくるから」と説得され、キレたときの記憶がまったくないまま翌朝を迎えました。

あの時自分なにしたっけ。
ま、いっか。


フットボールの練習が終わり留守電が一件。
予想通りその友達からで、これまた予想通り「車また延ばされた」。
は?
奴に何を言われても、直ってないままでいいからとりあえず車を取ってきてほしいと頼んだはずなんですけど。
「絶対に奴の言うことを聞かないでほしい」てのも伝えたと思うんですけど。
それでオッケーって言ってたよね?

今一番されたくないことは、約束を破られることだったのに。
あっけなく友達にまで破られました。
これは結構ショック。
あー
やってられん。

人は忘れる生き物と言うし、失敗もするし、パーフェクトじゃない。
でもタイミングが悪過ぎだって。
自分の都合で物言ってる自分も相当嫌ですが、自分の周りの環境が壊れていくのがもっとたまらない。
自分が壊してるのか。自分が壊されているのか。
はあ。
やりきれません。

世間がまたちょっと狭くなった、の報告

先日オマハに一時帰郷しテキサスに帰ったはずのかなえさんから、お昼に突如電話がかかってきて。
なんとオクラホマによってたらしく、そこで早稲田の黒人にあったとの報告電話。
「あの人何歳?!」って聞かれ、同い年だと伝えたら相当驚いてました。(年配に見えたらしい)
はっしー...なにがあった?

同じアメリカにいるにもかかわらず、卒業以来あってないはっしー。
いつの間に貫禄が出たんですか。
とりあえず、どんまい。
ちなみに彼女とのことのろけてたって言う報告もきてます。...ってかなえさんと会ったの二回目くらいだよね?
まあいいです。
きっとそんちゃんとくまちゃんとしのちゃんあたりが黙っていないでしょう。
あとは頼んだ。

昨日今日と、どうやったら勉強に集中できるかなんとなくわかってきた気がします。
たくさんのことを一気に吸収できたらおもしろいんだけどなー
とか考えると、今日せっかくやったことがすべて帳消しになっちゃいそうな気がするからいけないんだけれども。
まあドラえもんも近くにいないし、一年に一個だけ何でも叶えてくれる七夕も過ぎちゃったし、「そんな天才になっちゃったらどうしよう」とかあほなことを考えてる自分も困ったもんなので、ほんと日々の積み重ねを前向きに見ていくだけです。

ストレスなしでラクチンな一日でした。
おやすみなさい

日本にいたら祝日だった月曜日

敬老の日のカード、送ったのがちょっと間際だったかなーやっぱ。
小さい頃はなんか作ったりなんだりしてたけど、いまではその相手も二人。
うーん
そりゃ自分も24になりますわ。

語学学校入ったばっかりの頃教わってた先生の話なんですが。
独身という話は有名だった女の先生に対し、どこぞやの輩が「結婚したくないんですか」とご法度発言。
この国でその質問はやばいだろ的な雰囲気が思いっきり流れた瞬間
「私以前他の国で働いていたときに外国人の彼氏がいたんですけど」
と話が始まりました。
で話を要約すると、二人すごーくうまくいってたんだけどやっぱりお互いが自分の国を捨てられなかったんだって。
小さいけど大きな問題で、どうしても妥協できずに結婚に至ることがなかなかできなかったんだって。
それで最後にどうなったかというと、

相手の方が突然亡くなってしまったんだそうです。事故で。


「だから結婚したくないんですね」
すごく前の話だから、って笑って話していたけど、...こっちは言葉出なかったよね。
いつ何が起こるかというのはほんとにわからないもので、時にすっごく残酷な結末を与えられたりする。
だからと言って別に先のことを危ぶまなきゃとか悲観しなきゃとかそういうことではなくて、今一緒にいることとか当たり前のことを本当に大切にしたいなって思ったのが一年前の自分。


こんなこと思い出したり考えたりするのは
・単に寝起きで頭がぼーっとしてただけ (朝だから特に)
・家族のことを考えたから (ここ数年年寄りネタに弱い)
・四年目のスタートが近いから (といいつつも予定皆無)
・秋だから (ひんたんが言ってたのできっとこれでしょう)

どれかなあ。
ちなみに、おじいちゃんがすっごく待ち望んでいるのは知ってるんだけど、ちょーっとまだ結婚報告はできそうにありません。笑

人生勉強二日目 (初日は昨日のYouTube)

危うく見逃すところでした。
昨日書いたとこの下ーの方にある、『コメント(1)』ってやつを。
他のとこをよく知っているわけでもないけれど、とりあえず自分の使ってるDTIブログてのは「コメントが来たらメールで自動転送されてくる」とかそんな親切一切無い。
なのでなおさら、自分でもよく気がついたと思います。でかした

こんな風に話題に出しておいてなんですが、このコメント管理者だけしか見られないようになってました。
だからはじめ見たときはどこの変質者かと本気でおびえ。
で名前見た瞬間「ぬ?」と一人浮かび上がり。
後に電話して確認。
ほんとでしたか
これねー、永久保存版ですよ。
ありえん度とうれしい度と両方においてかなりのレベル。笑
自分は一向に構わない、というかむしろこれについて熱く語りたいくらいなんですがねえ。
まあ神の意向でこうなっていたので、大切に独り占めしておくことにします。笑

今朝起きたら11時間も寝ちゃってた自分に「ほんとに?」って三度程問いかけましたが、まあこれがよかったみたいで今日は残りの半日結構勉強できた気がします。
早朝のカフェテリアに二週間ほど毎朝通い、うまい感じでコーヒー手に入れる術を知ったので、それに助けられつつ今週も頑張りたいと思います。
スタバで働いててよかった。笑

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。