What's going on?

(2013年冬にDTIブログから移転しました。)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

へろへろな自分に突如知らされた週末と週明けのすごいこと

三週目も半ばを過ぎました。
「XXは風邪引かない」と古人が例えた通り健康だけが取り柄な自分ですが、どうも最近抵抗力の低下が疑われています。
風邪なんて全く引かずにまた一冬越しそうですが、そんな勢いとは相反して、夏にも患った症状を再発しさらには舌に異変を感じること数日。
自然治癒力に任せてひたすら静かな闘いを繰り広げる、というのがいつものパターンだけれども、ネットで調べてみるとそれらの原因は「過労」とか「精神的ストレス」とか。
精神的ストレスで体に異変が起きたことなんてこれまでないはずなんだけれども。いっつもうわーってなって寝て復活、みたいな感じだし
とりあえず体調の方はかなり回復して、舌の方はいまだに「...ああっ!!」っていらいらすることが多いですが、まあきっとそのうちどうにかなるんじゃないかなあというところまできました。

で、明日は。
なんとうちのボスがいないらしいですよ。
...なぬ?

ほいだもんで自分と高校生トレーナーのこと二人で全部カバーすることに。
しかもそれが明日だけでなく月曜日もだって。
...はあ。


今週末はうちの高校がホストをする大会があって、そのミーティングやら何やらで今日もボスはほとんどいない状態だったんだけれども。
はじめ自分ひとりで(高校生トレーナーの子もいなくて)、ゲームの準備とかしようかな、と手を着けた瞬間にわらわらアスリートたちが集まりだし。
でいつも見る子は何をやるかをお互いわかっているから、「今日調子どーよ」と聞いてそれによってちょこちょこ何か加えるくらいだからなんとか手が回ったんですが、
「なんかここ痛いんだけれど」と評価が必要な子がぼちぼち来だして、評価してなんとなく答えは推測できたものの「いやーこれボス無しでなんかしちゃいかんよなあ」と結局最低限のことだけさせて終わったり。
でどうしたってテープはこっちの仕事だから、ゲームのある子からどんどん巻いていったり。

「こ、こういう感じなんだ!!」

とちょっと興奮しつつ、ほんとにただただ「ひえー」って驚いてしまいました。

もうひとつ。
帰りにボスと話していて改めて思ったのは、やっぱ気持ちというか精神的な部分をすごく考慮しなきゃいけないんだなあということ。
明日彼がいないこともあって、この子はこういう特徴があるからこう接した方がいい、とか普段話さないことも聞いて。
「この子はこういう子」と言われてなんとなくわかる部分はいくつもあったけれど、そういう場合にどう接するか、というのは個人によって多少なりとも違うわけで。
自分は言葉の問題もあるし、人の事を読み過ぎるのに単純なところを見逃すという欠点もあるから、(我ながら言っててへこみますが)
そういう例を見せてもらえたのは自分にとってプラスだったなあと思ったわけです。


緊張の週末週明けが決定しました。すばらしい
いやーどうなるんかな。
通常以上に責任感じて落ち着かない一方で、自分がどれだけ普通に振舞えるかめっちゃ気になったりもしてます。笑
これはすごい機会ですよ。
何が自分にできるか、いかに迅速な判断を出せるか。
けがは起きてほしくないけど(ボスがいないので病院送ったりすることなんて起きたら手続きとかが厄介)、まーいろんな意味で楽しくやりたいです。
スポンサーサイト

また一週間が過ぎ行く

今セメ始まって二週目が終わりました。
なんかいろいろ動いているつもりなのに、自分の中で「進展した!」って感じられることがなくて...溜め息もんですな。
実際何にも進んでいないんだろうか。
実は既にすごく遅れを取っているんだろうか。
とネガティブな自分がちらちらする一方で、
後回しにしてたインターンの書類関係進めてみたり、
毎日ちょっとは読もう、って続けてる教科書のチャプターが二つ目に(やっとという表現が妥当ですが)突入したり、
被験者依頼にくたびれてた実験の課題もなんとか終わりが見えてきたり、
とそういうところちゃんと見てあげられるポジティブな自分も大切にしなきゃなあ、とか思う週末の夜です。

今週末はひさびさーってことが二つあった!
金曜の夜はむっちゃんとあやちゃんと先セメ以来の再会、早朝五時までなんてことない話を尽きることなく繰り広げてめっちゃ和みました。
やっぱ女子会はああでないと。すてき
で今日土曜の夜は、バイト中に偶然会ったちえさんとまさしくんと三人で中華を食べに。ぬー!ひさびさの外食だ!
とりあえず人恋しかったさなかだったもので(笑)、ほんとにラッキーでしたー。
でもやっぱりおうちご飯のが好きかもしれないなあ。うまいもの作れるわけではないけど楽だしだらだらし放題だしね

金曜日の夜会で髪の話題が出て、いやーやっぱちょっと髪切りたいわ!と思っちゃいました。
時に「ほんっとに短くしちゃうかあ!」って衝動にかれれることもあるんですが、髪は長いままでいたいんという結論に至っちゃうんですよね...もう半ば意地になってるってことには気がついているんだけれども。
あくまでも自分のイメージですが、日本のスポーツの現場って、(スポ根が基盤なのかどうかはわからないけれど)髪を染めたり“短くない”ということに対してマイナスな捉え方をしているような感じがして。
プロフェッショナルじゃない見掛けは問題だと思うけれど、髪が長くったって邪魔にゃならんだろうし、髪染めててもきちんと見える人はたくさんいる(だろう)し。と言って実際自分もずーっと短髪+黒髪をキープしてた身だからなんとも説得力に欠けますが
殊に高校とか強豪チームの選手たちってその象徴というか。刈上げ級にするのが本気の証、みたいなところが見受けられる
ほいでなんとなーく、ちょっとそういうところに反抗している部分もあって髪を切らずにいるわけです。
「短い方が似合う」と8割がたの人に言われたら即行で切るけど。笑


しょーもない余談になりますが、高校生がよくお菓子くれます。(餌付けかなあ)
あめとかチョコとかビーフジャーキーとか。彼らほぼ常にと言っていいくらい何かしら食べとる
この間突如一人の子が駆けてトレーニングルームに入ってきて、「バットマン手に入れたよ!!」って恐らくグミだろうものをくれました。

中身のブツはバットマンが乗る車の形してるらしい。
かわゆいなあ
若いぜ

明日は長丁場

だあー
つかれた!!!

いろいろ考えるのにもう疲れ始めてる。早くないですか?
根が単純なくせに、物事は複雑に考えるという短所を持つ自分。
インターンの話も進めなきゃで、実験の被験者も集めなきゃで、授業も復習しなきゃで。
それに伴って、若干人間関係にも疲れ気味です。もーめんどい
こういっぱいいっぱいな雰囲気を持ち出されると、徹夜したくなるんだよね。
でも実際に徹夜しちゃうと、翌日体力的にもメンタル的にももたないことが多く...(だいたい早朝五時あたりが後悔アワー)
そんなわけで「とりあえず、寝るか」という結論に毎晩達してしまうわけです。いいんだか悪いんだか

なんか煮え切らない部分がありまくり、って言う近況ですが。
とにもかくにも癒しが必要だ!!
じゃないとお菓子食べちゃう!!!



とりあえず、寝るか。

びびりーの宿命

まだ授業が本格化しません。
あ、実験の授業はやたら実験しなきゃならんのが意外に大変だということに気がついたのでちょっとばたばたしていますが。
でも他の二教科はまだ淡々と講義を受けている感じ。
特別課題もなく。
実習もなく。

恐ろしいのは、まさにそこ。
自分みたいにびびりーだと、「こりゃあ楽でいいや。今週は休も」とか思えない。
「やばいよ!これは間違いなく嵐の前の静かさだ!!」ととりあえずどきどきしてしまう。
それくらいの方が一般的には賢明というのかもしれませんが、自分にしてみたら「今からこんなにびびっててテストとか近くなったら生きていけるんだろうか」とまた別な不安まで呼び起こされる。

ひえー

一応勉強はしていますが、それは先セメも同じであったこと。
がしかし結果は沈没寸前だったことを考えると、いやーやっぱりびびらずにはいられない。
そんな緊張とかいうものに、脳みそのスペースを奪われたくはないんだけれども。

どきどき


最近眠気が強くて通常にも増してのろのろな自分の脳の回転。
今日中にって決めてたやることは一通り終わったので、とりあえず寝ちゃいます。
ほいでまた明日もーちょいやろ。

うー
ねむい。

おやすみなさい

奉仕活動にて

マーティン・ルーサー・キングJr.デーということで、アメリカは祝日。
翌日にオバマさんの大統領就任スピーチかなんかがあるということで、差別用語のような表現で嫌ですが黒人の人たちにとってはより感慨深いものであったんではないでしょうか。(ニュース見てないんで主観的な意見でしかないけれども)
そんなことを考えたのも感じたのも、今日久々に参加した奉仕活動がきっかけ。

自分のとっている奨学金の必須条件の一つとしてセメスター中十時間以上の奉仕活動が課されているんですが、ちょくちょくそういうのに参加してた語学学校時代と状況が変わり、先セメも結構無理無理ーな感じで埋めてたんですね。
だもんで、さらにきつきつな今セメ、まだ課題やら何やらも忙しくない今のうちに行ってしまえーということで今日行ってきました。
主にやることは小学校くらいの子供たち対象のイベントのお手伝いだったわけですが、自分と同じようにボランティアで来る人も、また参加する子供たちも、ほぼ黒人の人たち。
オバマさんのTシャツ着たり帽子かぶったりするスタッフや子供たちを見て、「あーやっぱりすごいことが起きたんだなあ」と改めて思いつつただただフライドチキンを包むという単純作業をすることちょい時間。
最後の一時間は、なんとコンサートのようなエンターテイメント。ちなみにこれもボランティアの時間に入ってる

「I have a dream.」のフレーズで知られるMLK Jr.さんのスピーチを基に作られたラップやら、自分は知らなかったけれどもこれに関してるっぽい曲のサックス演奏&大合唱とか、子供たちによるMLK Jr.さんのスピーチ朗読とか。
その中で「人生は不平等だ」と言われたとき(実際にはラップで歌われていたんですが)、暗い過去とそこを切り開こうとしたMLK Jr.さんの偉大さに改めて「はあー」と考えさせられました。
自分もこの国で十分マイノリティな人種ですが、実際差別というほどひどい仕打ちを受けたことは無くて。
でも周りを広く見たら、日本も、というかどこでもあると思うけれども、実際差別はどんな法律でも完璧にはなくせずに存在し続けている。
ということを考えると暗くなるというか、正直途方に暮れそうになる部分はありますが、プラスに考えると、今日のように人種関係なくみんなで力を合わせて何かを作り上げるということが実現する世の中へと前進していることも確か。
そういう現実を自分の実際の経験として得られたこと、そしておいしい(食べ放題の)朝食が出たこと含めて、今日参加してよかったなあと思いました。


ついで。
だらだらした割に課題も終わりました。
いんやー、素晴らしいね。

へろへろ

寒波におびえ、なるべく教室に近い駐車スペースを得るべく二日間連続で早朝五時起床六時半登校を決行。
したらなんと今日は高校でバスケの試合連チャン。
終わったら夜の九時過ぎ。
ほいでもちろん外は寒い。(朝のほうが相当厳しかったけど)


だあー


これで明日はプログラムのミーティングが朝七時なんてありがたい時間にあるもんだから、今日と結局同じ感じに。
さらにそのミーティングの直後には、早速例の水中体脂肪測定の練習が入っていて。
ひえー
とか思いながらやることになるんだろうけど、いやー終わったと思った瞬間次には授業が。

眠い

しかし高校でのお仕事は楽しいです。
ちょっと気になるんだけど、と痛いやら何やら症状を訴えてくる子が結割と来るので、評価するチャンスはこれまでと比べ物にならないくらい増えました。
何がありがたいって、ボスが側で監督してその場でフィードバックをくれること。
まあ一応自分も日本で勉強していた身なのでそんなに大きく逸れた評価をすることはないのは当然かもですが、出した答えが間違っていてもちゃんと自分のした評価を尊重してくれる。
すごいねー
テープやら応急処置の方法やらもスルーせずにちゃんと評価してる。
見てます
見てますよ、あの人は。
そういう部分が、これまでどこかしら消極的だった自分を前に引き出してくれてるのかなあとも思います。だから実践の機会が増えたって感じるんだろうね

たぶん彼は中途半端に仕事のできる(できない、という表現も可能ですが)自分にかなりやきもきしていると思いますが、
どもー
おせわになりますー
てな感じでここは厚かましく行かせていただこうと思います。
もーーーっと勉強しなきゃだー

「晴れ。極寒」

明日の天気予報を見たら「Sunny and frigid」と。直訳したらなんとも変な感じです
とりあえず寒いというのですが、そりゃ最高気温-17℃(ちなみに最低気温は-18℃。あまり変わらん)と言われて外は風がやたら吹いてるんだから間違いないでしょうな。

今日水曜日は授業が中途半端な時間にあるので、高校でのお仕事は基本的にお休みの日。
で例の実験の授業の初日でした。
通常40人近くの割と大クラスになるというこのクラス、今セメはなんとたったの13人。
おかげで授業外でやらにゃならない実験のスケジュールが混み合わなくていいんですが。
その半分はうちのプログラム生が占めていて、自分以外みんな最後のセメスター、ということはつまりBOC(資格試験)の勉強しながら取る人たちばかり。まさに自分が避けたかった状況
まあ他に取っている授業が相当楽そうなので、最後の最後まで取っておいたっていうのは賢明な選択なのかもですがねえ。院生のプログラムの授業っちゃ、一年目に基礎且つ最重要なものが詰め込まれているのできつきつだから。
そんなわけで、今年乗り切れば来年はかなり楽々だとよく言われます。
でももうなんでもいいです。
自分にとっては何にしても大変なのは変わらんのだ。


ちなみに。
授業では水中体脂肪測定の仕方をやりました。
いやー、ちょっとおもしろかった。
そしてこの夏着る機会がなかった新しい水着を、思わぬところで着る機会ができたこともやや嬉しい。笑
とりあえず早く被験者やりたいです、水中体脂肪測定。
出てくる値は全く楽しみじゃないけど

高校でのお仕事

高校のスポーツってどうも4つのクラスというかレベルに分かれているらしい。
基本的に学年別だけれども、選手の能力によってはもっと上のクラスに入る子もいる。
そのうち上から二番目のクラス(JV:ジュニア・バーシティ)のバスケの試合を今日はずーっと見てました。
いやー
うち(UNO)のバスケの方がやっぱちょっとは迫力があるねえ、さすがに。
てかうちの高校、スポーツ強いんだろうか。
今日の勝ち方はちょっと微妙だったぞ。


ずーっと、とか言っておいてなんですが、
バスケの試合の前には昨日に引き続きダイビングの試合を見守ってました。


ぼよん
ぼよん
ばちゃーん

がひたすら繰り返される。
ううん
ルールというか進行の仕方がわからないため、終わりが見えない。
そんなわけでテニスの試合級に長く感じました。てテニスなんぞ見たことないから知らんけど
しかし、失敗ダイブに対して本人が水中にいる間にはかなり「うげ」みたいな感じの反応するのに、水面に上がってくるなり「ナイス!!」みたいに拍手喝采する観客の変貌がすごい。
これが礼儀ということなんですかね。


明日はとうとう例の実験の授業。
周りにやんわり且つ執拗に助けを求める術を考えて、今日は寝ます。

冬休み最後の週末・その2(日)、と新学期初日

どうもDTI管理上のブログにおいてネットワーク接続障害が起きているようで。
その流行に望んでもないのに乗ってしまって一度書いたことが吹っ飛んだので、もう省略です。

とりあえずぺろーと過ごした日曜日は少量のタルチョと更け
吹雪と共に新学期がやってきました。
で、授業は無駄な冗談挟んでたら講義に至らずタイムアップ。別にいいんだけれども
そして午後には配属先の高校に初出勤。
外ですさまじいことになってた天候の変化に気付かぬまま四時間の勤務を終えてきました。

いろんな意味で
「こんな感じなんだー」
という感想を得ました。

初日だったけれどもやることはほとんど変わらないし、理学療法のセットアップから評価云々までいろいろやって帰ってきました。
周りから聞いていたとおり、高校ってスタッフいないからいろいろやらせてもらえるんですね。ふんふん
その環境を存分に生かして、これまで自分が挑戦できなかったことを積極的にできればいいなあと思います。
有意義な半年にしよー
うあーい


...授業が本格的に詰まってきてもこれくらいの余裕が持てればいいのに。

冬休み最後の週末・その1(土)

昨日に引き続き
『重い腰(あくまでも表現として)を上げて行動しよう』
二日目。

朝目覚ましで起きてのろのろご飯を作りやっとのことで郵便を出す。
ちゃんと運動して体重減ったのをやや強制的に認識する。
ちゃんと昼寝する。
新年の目標を貼る。
後回しにしていた勉強に手をつける。
ごろごろする。


いやー
してやった。


もうちょいごろごろしよ。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。