What's going on?

(2013年冬にDTIブログから移転しました。)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気分転換

朝から運動しに学校行って、結局夕方まで居座っちゃいました。
でそれからちえさんとのぶこさんとごはんしてきた!
魔のバイキング......
い、イタリアンだし!!!
運動で消費したカロリーを数倍くらい上回る(であろう)お夕飯となりました。
ぬあー、食べたあああ

で勉強してたんだけれども飽きて、深夜過ぎにルームメイトのまゆみちゃんを連れてオマハの夜を徐行ドライブ。
オマハを抜け出し、ようわからん暗闇にて星空観察してきました。
たーくさんの星が出てた。めっちゃきれい。
二時間くらい周って、帰宅しました。
北斗七星がすっごく大きかったのに驚いた。
いやーそれにしても、鹿が出なくて良かったよ...。ふいー


でもやっぱりドライブは助手席がいいですね。
いつでも眠れるし。笑
スポンサーサイト

浴衣2009

渡米してからというもの、毎年最低二回は浴衣を着る機会がある。
イコール・最低二回は日本をアピールするボランティアに参加しているということです。
はじめのうちは(自分も若かったんでしょうが笑)写真撮ってたけど、もう今となっては何も特別なこともなくなってしまい無頓着。
なんかこう、浴衣美人とか目指したいんですが、所詮程遠いんですよ。
だもんで写真撮る気とか失せていくんでしょうね。
化粧が薄すぎるのか...うーむ。

これまで日本を紹介して欲しいとかいうボランティアをいくつもやってきたけれど、またまたお声がかかりました。
高級ディナーの席で日本の文化等々について話すという、テーブル・ホストの役。
声かけられたのは自分だけじゃないんだけれども、ちょうどその日が同じプログラムにいるちえさんの誕生日だったから、渋ったんだよね...。
しかも高級ディナーっていっても、正直アメリカンはアメリカンなんですよ。程度が知れてる
「あゆみちゃん絶対食べ物に釣られてやるかと思った!」
と周りにも言われましたが...いやー釣られませんでした。
ただ、こういうボランティアに参加する人ってほんとに少ないんだよね。
日本人として、留学生としてできることってやっぱりこういうことだとも思うんだけれども、頭ではわかっていても正直ちょっと面倒だというのが本音。自分だけにかかわらず。
自分は奨学金の関係でボランティアしなきゃいけない身というのもあるし、現に今インターンで患者さんが日本に関心をもってたり好いてくれてたりですごく救われているので、やるべきだよねーとは思っているんですが...
結局「次の代につなげる」、ということがずっとできていないわけで。それが問題なわけです。
今やっても、自分が卒業したら誰がやるの?
ということ。

そんなことはさておき、週末だー!
今日ぽにょおなかな自分にショックなことが起きたため...
やせる宣言しました。うう
健康のためにも、ちゃんと体絞めます。
明日はちゃんと走りにいきます!!

あご

前々からあごが出ている(あくまでもしゃくれているわけではない)と言われてきた自分ですが。
昨日からあごというか首というか、そんなびみょーなところがめっちゃ痛くなりました。
首の痛みといえば、よくあるのは首の後ろの痛み。
...だがしかし!
前なんです。あのー、犬のもしゃもしゃするところ。ねこだっけ?
痛いというかだるーい感じが続いてる。
よくリンパ腺が腫れただので痛くなる部分があるけれども、そこでもなく。
あごを出しても引いても筋肉痛というかだるさというかがぼやー、みたいな。

......ぬああ!!!!!
やりきれず床を転がりまくる夜11時。


これ気がついたのが、地べたで寝そべって課題やってたとき。
そのときのポジションは、まさにあごが出ている状態。口は閉じてたけど
でもさー
誰に言っても信じてくれないけれど、自分のめがね(別称・上*彩めがね)、あごを出さなきゃものが見えないんだって!!
だからほんとに変えたいんだけれども、度が進みすぎてほんとに高い...。二万あったらコンタクト変えたいくらいだし

そんなわけでなんかずーっとやな感じです。笑
今夜は冷えピタ貼って寝てみるかなあ...

最後の病院実習

今日はインターンをお休みして、まるまる一日病院実習。
早朝6時半くらいに病院に着き、早速今日お供する医師と会う。
「今日は二つ膝の内視鏡手術するだけだから、まったくおもしろくないと思うよ。ごめんね」
...はあ。

で、ほんとに


ぷす

ぷす

ぶいーーーーーーーーーん


と一件に付き30分かかるかかからないかくらいで終わって、結局9時には解散になってた。早!
て、今日午後も診察見学するんだけど...
1時からなんだけど...
なんか帰宅同然の雰囲気......。

そんなわけでちょっと遠い病院からはるばる帰宅し、仮眠を取って、持って行ってたお弁当を家にて食しました。
外はめっちゃ天気が良い。
インターン先よりも寒い病院で、何時間いることになるんだろう。
それにしてもガソリン安いときに入れておいてよかったなあ。ぶふー
病院の近くには先日逃した焼肉店&でっかいショッピングモールがあるんだよね!
ああ!誘惑!!!
て別に何が欲しいとか目的がないので、疲れること間違いないから行きゃあしませんが。贅沢は敵だキャンペーン実施中だし
せっかくの仮眠も悪夢にうなされイタ電で起こされるというがっかりなものでしたが(笑)、とりあえず午後の診療いってきまーす。

NO SMALL STEP

7月20日、っていまだに海の日という印象が自分の中では強いんだけれども、人類初の月面上陸成功の日なんだって。
1969年のこの日に月面にアポロ13号が降り立って、今年はなんと40周年。
インターン先にて朝一で新聞を見て知りました。

「NO SMALL STEP
月から見た地球の映像を見て、誰もが“自分たちはなんでもできる”と思った」


患者さんに「40周年だって!」て言ったら、
「あー。リアルタイムで見たときは、ほんとに感動したねえ」としみじみ語られました。
...そっか。
40年っちゃ遠く感じる気もするが、うちの親も当然見てるだろという年頃だったはずだし、そんなに昔ってわけでもないのかあ。
でもやっぱり科学技術ってすごいスピードで発達してて、そのスピードを逆算して考えたら、40年前に人が地球じゃないところに降り立ったというのは本当にすごいことだったんだろうね。
そういう科学の進歩とかって、いいよね。

そんなことから始まった月曜日。
いやー、睡眠時間15分で一日乗り切れてとりあえずほっとしてます。笑
クリニックに持ってったクッキー(結局夜中に焼いた)も全部食べてもらえたし、ガソリン入れたら周りの他のとこよか安く入れられたし、ちゃんと事故らず帰ってこられたし、満足です。むふー
やっぱねえ、物を食べるのがいけないんだ。
とか言って今日一緒に一日を乗り切ったコーヒーは正直まずかったので何とも、て感じだけれども。

それにしても、なんでかまだ起きていられてるー。
わほーい
お夕飯何にしようかなー。ふんふん

夜行性

結局金曜、飲みました。
「飲みたい!だがしかし...!」
と葛藤中にいちろうさんから飲みコールがあり、即決。
ともみさんちで三人『かわいい芸能人探し』をしつつ、コロナビール1ケース半くらい?空けてその晩はおひらき。
して自分は翌朝また7時くらいからバレーボールに行くという荒業をしました。
その夜、この夏からうちの新インストラクターとして入ったまささんが焼肉行くかも!みたいな噂を聞いていたので、一日中ずーっと肉のことを考えていたのですが...
結局何の連絡もなく、だもんでこれまた厚かましく聞いてみたら、ボーイズ焼肉(スタッフ焼肉とも言う)となったとのこと。


消え行く肉の幻影......

ちーん


とへこんでいた自分があまりにも哀れだったのか、ともみさんが焼肉残念会をやってくれました。(ともみさんはもちろん焼肉食ってるわけですが)
疲れてたのかなんでなのか今になってみるとわからないんだけれども、昨晩の残りのコロナを空けてたら涙が...うっうっ
ここら辺がいろんな意味で泣けてきます。な、情けないというかなんというか......
後で聞いたら、自分飲みながらかなりごねてたらしい。食べ物の恨みはなんとやらってことですかね
でいつの間にか寝てたらしく、起きたらバイトの一時間前だった。

今日のバイトもひまひまで、いつもと違ったのは仕事場のボスが一緒だったこと。(いつもは自分一人)
音楽もラジオさえもなく、部屋の中にひたすら響くのはボスのタイプするカチカチというクリック音だけ...
な、なんつーことだ。
会話もなくずーっと机に向かっていたら、突如受付に行ってくれと言われ。
わけもわからず行ってみたら、「ちょっと受付にいてくれる?」と。
自分のバイト先は体育館の中にあって、そこで応急手当てとか時々リハビリとかもするわけですが、とりあえずその体育館に入るためには受付でIDカードを通さないといけないんです。
何も言われずに居座ること数十分。きゃ、客だ!
いつもは人にやってもらってるカード通して「ピッ」てやつ、見よう見まねでやってみる。
おお、できるじゃん。
てかできないほうがやばいのか。
ちょっとと言うから何も持たずに行ったわけですが、思いのほか居座らされてしまった...うう
二人おじさんを続けて通した後誰も来なくなり、一時間ほどして頼んできた人がやっと帰ってきたので受付嬢勤務も終了。
自分の職場がやっぱ落ち着く気がする。
受付近くでずーっと時限爆弾の音みたいなのがしてたからかな。そうかも

その後ルームメイトとその友達を連れて食料品買いに行き、なぜか疲れたーとうなだれながらも洗濯等々すませ。
夜になって無性にクッキーが食べたくなり、もそもそと作り始めました。
が生地作ったらなんか焼くの面倒になってきて、今放置してる。
ぬあー、明日朝早いしなあ...
食べたかったよクッキー。(もはや過去形)

今週は病院実習とかボランティアとか、とりあえずやること盛りだくさんです。
もう八月が見えてくるのかあ。早いね

飲めない金曜!

行ってきました、バレーボール。
全然何も起こらず...平和でした。むしろ平和すぎる
今日は会場四箇所で高校生のリーグ戦(?)が行われてたんだけれども、他の場所ではかなり怪我やら手当てやら大変だったようですよ。

そもそも。
今日一緒に誰が働くの?てことが全く整ってなくて。
朝自分の会場の試合が始まった頃に、「うちの会場に誰もトレーナーいないんだけど?!」という電話が。
は?
それからいろいろごたごたしまくったんですが、何が問題かって簡潔に説明すると、連絡不十分。ということです。
自分以上に他の人のが疲れたと思うけど...。なんでこんなことになっちゃったのかなあ、ていらいらさせられました。
働くはずだった人からは「行けないってメールしたし!」と逆ギレされ。(でもこのメール、誰一人として理解できなかったんです)
管轄してくれてるのかと思ってた上司からは何も言い聞かされず。
ちーん
なんか自分が悪いみたい......
それ以前に、この誰もいなかった会場(て実はうちの大学なんだけれども)で今日結構怪我があったらしくて、それを考えるとほんとにこの件まずいよねえという感じがします。
ほいでリサ姐さんとマイク二人(両方ともうちのインストラクター)でカバーしてくれてたのを、さらにたかよさんがカバーしてなんとかしてくれたらしい。
たかよさんがカバーしてくれなかったら...!!
(1)けが人多数が放置されてた
(2)リサ姐さんの機嫌がマックス悪くなってた(地獄絵図)
...たかよさん、すてきすぎる!!!!!

そんな感じだもんで明日のことは今日働いた組で決めるようにして、とりあえず今日よか丸く収まるんじゃないかと思います。
あ、ちなみにバレーはつまらんかった。熱血チームとかいないもんだね
だもんで明日もそんな感じかあとちょっと憂鬱です。今日のことがあったからだけど...て、忘れよう!
日曜バイト入れるんじゃなかったかなあ。ぐふう
カネじゃカネじゃあ

ひさびさの

バレーボールです。
てプレーはしないけど。

明日と明後日、バレーボール部のキャンプ(日本語ではなんていうんだろう...体験会みたいな?)に行ってきます。
これまでバレー部はちっちゃい子供とかを対象にキャンプやってたけど、明日明後日は相当な数の高校生が対象らしい。
で相当な人数が参加するらしく、合わせて40コート近く張るらしい...全日本インカレの一回戦よか多いよ!
だから場所も四箇所に散らばるんですが、自分が配属になったのはショッピングモールの横にある体育館。
一番規模が小さい。合わせて6コートしか張れないらしい。て、それでも多く感じるけど...
多いのは構わないんですが、そうなるとほんとかなりの接近戦になるんだよね。
「コンタクトスポーツかよ!」てくらいがっつり頭ぶつけて脳震盪起こしたりさあ。
ボールも拾いにいけないし、追いかけてコート入ってこられてもいらいらするだろうに...と思うけど。
でもこれまで何も起こったことないらしいので、そんなもんなんでしょう。ふーん
けがっちゃ、起こるときは起こるし、起こらないときは起こらない。

絶対春高レベルのチームとか来なさそうだけど、まあいいや。観戦苦手だし。笑
ひさびさにバレーで働くんだー、ていうこと自体でちょっと懐かしい感じになったり。
夏になってからこれまでスポーツ現場から離れてたので、なんとなくわくわくもするー。
むふー

第四週目

インターンの条件として、「アスレティック・トレーナーの資格を持ってる人の監督のもと行う」というのが当然の如くあるわけですが。(たぶん)
クリニックでインターンしてる自分の監督者は、そりゃもちろん一応資格持ってるけど(UNOで取った人なので身内ともいえる)、職業的には理学療法士(PT)。
「アスレティック・トレーナーは時間がめっちゃとられるし、仕事があり過ぎる」
と働き始めた当初あっさり言われました。
そりゃそんな考え持ちつつPTの資格取っちゃったら、そっちやるわなあ。お金もいいし、自分の時間ももっと持てるし。
先セメ取ってた授業の中ですっごい好きな教授がいたんだけれど、その人も実はアスレティック・トレーナーの資格持ってて。でも
「時間がとられまくるのが嫌だから、博士号とって教授として働くことにしたの」

人生の優先順位っていうのはあるし、気持ちの方向が変わることだってあるし、だから資格を取って違う道にいく人がいても当然なんだと思う。
自分のやりたいことをいつだってやれるかって言ったら、そんなわけないんだし。
でも...なんかこう、純粋にアスレティック・トレーナーとしてやっていくっていう人って社会にはあまりいないんだなあと改めて考えると、社会が厳しいのか自分が非現実的なんだか、どちらにしても「なんでー?」って思って、気になる。
いつどんな時だっていろんなスキルや異なる視点やらは持っておくに越したことないから、違う職業についたりとかいうのを批判する気もマイナスに見る気もまったくない。(むしろ資格を取ってなおまた別な難関をくぐろうとする人たちはすごいと思う)
がしかしここ最近、そういうアスレティック・トレーニングに対する情熱というかに欠けている現場に浸りすぎて、時々寂しく感じたりするんですよねえ。
はうう
最近うわー!ってなったのは、おいしいものを食べたとき。のみ。

インターン、楽しいんだけどね...
ちゃんと収穫もあるし...
なんだけど......
うう。

なんか頭がごっちゃになりそう。
むー、寝すぎかなあ。笑

もにもに

すあまとか、
ねことか、
肉でさえ!
もにもに感のあるものに癒される気がして、なんか欲してます最近特に。
テキサスで猫のいるおうちにお泊りしたときも、昨日武先生の作ったすあまをいただいたときも、先日ともみさんがハンバーグ作ってくれたときも、めっちゃ「はわー!!」て感じでした。
グミとか見るとほんと衝動買いしそうになるし。い...いかん!!
クリニックで使ってるアイスバック(中身がジェル)とかもかなりいい線いってるんだよね。ぷにゅぷにゅしてて且つ冷たすぎない

先日飲みの際におうちステーキを試みた結果、見事に焼肉化という残念な感じで終わってしまったため、リベンジもこめてまた立派な肉購入。
前回よりいい肉だ!てか高いだけかね
でも今日はなんも動いてないし夜も遅いので、後日かなあ。
クリニックで筋トレ始めたんだけどね。
自分には脂肪燃やす方が先決なんですが...まあ、まあ。

今日の病院実習、手術見学は、手術現場用ジャケット二枚重ねという裏技で寒い手術室乗り切りました!ふんふん
三件とも肩の手術だったんだけど、うち二つが内視鏡手術で、一つ開方(て字合ってる?)手術だった。
内視鏡の方はどっちもローテーター・カフ(筋肉)の付着部ががぺろぺろなのを治したもの。
ほいでオープンの方は、肩甲骨の骨自体がちょっとでかくて肩運動を邪魔してるから削っちゃおうという手術。削るというよか切る、って感じだったかなあ。
しかし人の体が開くのって不思議だねー。そして中身詰まりまくり。
初めて手術を間近で見たけど、いろいろ説明しながらやってくれてたのでとても楽しめました。お医者さんってすごいね改めて。
一番驚いたのは、削り取った肩甲骨(手のひらの四分の一くらいの大きさ)がすっごい薄っぺらだったこと。
骨の模型とか見たり触ったりしてるけど、ほんと薄焼きせんべいか!ってくらいだった。
あんなとこに筋肉付いてしかも動いてるっていうんだもんねえ。ははあ
てかお医者さんがダンディーすぎだよ。うあああ

そんな感じで午前中終わってから午後はクリニック行ったわけですが、終わった後にみんなでビール飲みました。
音楽がんがんかけてビール飲みながら残業とか...いいっすね。
なんかもうちょい書きたいことあった気がするけれど、まだ誕生日なうちに父に電話せねば!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。