What's going on?

(2013年冬にDTIブログから移転しました。)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行事・過ぎる

悪天候だったこともあり、部屋に引きこもっている間に十二月の一大イベントは過ぎたのでした。
特にすることもなく、コーヒー飲んでポカリ飲んで、一人でのうのうとするばかり。
メインの道路は割りと走れる感じですが(高速は全く問題ないらしい。自分には必要のない話だけれども)、家の前の道路がひどい。
昨夜除雪車が詰まってました...ああ
うちなんてまだましな方だと思うけれど、それでも全然出られそうにないもんなあ。
アフター・クリスマスのセールに繰り出す予定だったけど、この感じだと店自体空いてるかがまず微妙。

あー
セールはいいから、早くアイスを買いに行きたい。
スポンサーサイト

思い出すのは

こちらはまだ日にちが変わった頃ですが。
日本は今日天皇誕生日で、亡くなった祖父の誕生日でした。
小学生の頃とか「お前のじいちゃんは天皇か!!」とよく突っ込まれたものですが...
天皇じゃなかったけど、優しくていい人でした。

大学に入って部活が始まり、初めて家族と離れた生活をすることになって。
毎年当たり前のように祝っていた家族の誕生日も、何かを贈ったり電話したりメールしたりが精一杯。
でも、毎年この祖父の誕生日だけは実家にいたんですよね。
部活の納会は毎年この日の午前中に開かれて、それが終わるとばばーっと『解散』!!
自分たちにとっての本格的な冬休みの始まりでした。はああ懐かしい
実家に着いたらもう祖父は寝てた、てことも多々あったけど。
納会後大荷物を抱えてスーツのままで帰り、立ちっぱで長ーく感じた電車の道のりも、今いるここからの距離に比べたら短いもんです。
(まあ飛行機は座れるしご飯も出るけど笑)

そんなわけで、この日は『実家に帰れる日』+『祖父の誕生日』で毎年特別でした。
今年合わせてここ三年は実家で過ごせていないけれども、それでも特別な感じがする。

自分は毎年新しいスケジュール帳を買ったら家族と友達の誕生日を(ほぼ)全部書き込むのですが、今日の予定にもちゃんと「おじいちゃん誕生日」て書いてあったので、ちょっと思い出したことを書きました。
祖父も、数年前に亡くなった万町のおばあちゃんと祖母も、母がいろんな写真を送ってくれたおかげでいつでも自分の部屋から思い出すことができます。
ありがとう
祖父を思って一杯、と思いきや、お酒を全く切らしてる自分。昨日まで飲みまくっていたのに...あがが
まあ、それでもいいのです。


話は変わって。
翌朝から悪天候らしく、予報では「超」ホワイト・クリスマスになるらしい。
もう十分白いよ!!!
明日バイトに行って、イブとクリスマス当日はお休み。
と言ってクリスマス当日の朝に家族でプレゼント開けまくる以外は何も予定がないので、DVD見まくったりとか勉強しちゃったりとかごろごろしたりとかで明けるんでしょうなあ。
ワインもビールも買い忘れた。そして家からの荷物もこの天候ゆえに取りに行けるか微妙...ううう
いやー、“正しく”過ごせという何かの暗示ですかねえ。笑

終わり!

今セメ終わりました。
「期末試験週間の金曜に最後の試験があるなんて、いやらしい!!」
とか言われたけれど、世の中には土曜にもある人が...おつかれさまです
取っていた三つの授業、全ての期末試験がこの一週間にあったわけですが、それでも一日おきだったのでとっても助かりました。ぶひー
統計の試験が月曜、スポーツ医学ぽい授業の試験が水曜、で最後の試験はリハビリテーションの試験。
これが曲者でした。あ、後味悪いわ...
まーもう終わったのでねえ。しようがないっす
一つ思ったのは、来年四月に受ける資格試験はこうありたくないもんだということ。
てな感じで、課題の多い冬休みが始まったわけです。
ちなみに昨夜は二時間睡眠の状態でハイボール祭に便乗して、ここ数週間のうっぷんを晴らすつもりが起きたらあまり記憶がなく。
うーん、晴らしたんだかなんだか。
ま、いいのです。

Season's Greetings

校長先生から
っぽいです。

http://www.unomaha.edu/enotes/card/Chanc2009Card.html


ちょっとかわいかったので。
上のURLをコピペしてゴー、です。ぜひご覧ください

リベンジ


うちの庭にて。
昨日よりちょっと人間っぽい形になってる。


今日は結局授業がなかったので、朝から家の周りを雪かきすること三時間。そもそも玄関から出られなかったからね
家の前の道路は雪かきが付いているトラックがかきかきしてくれていたのですが...
その結果、自分の路駐させてる車がなんと前後雪ばさみに。

ぬあー
なぜそこに雪をためたんすか


で。
シャベルで雪をかき続ける自分...を不憫に思ってくださったご近所の方々に助けられつつ、自分の車を雪の壁から救出しました。
殊にうちの大学のサッカー部でコーチをしているおじいちゃん。
お隣さんなのですが、サッカー部のチームウェア一色に身を包み、めっちゃ除雪してくれた。
ステキすぎて、めまいがしました。
サッカーってかっこいいですね!!!

こんなにひどかったのはここ十年くらいなかったとか...
明日の運転をちょっとしぶるなあ。
ま、歩いて行けばいいんですけど。

授業あり!...っぽい

まだまだすごいです、外。
玄関のドアが開かずの扉になってました。あがが...
雪はさらさらなんだけれども、量がすごい。
加えて風がとにかく強くて、屋根とかに積もった雪がめっちゃとばされてるんです。
ちなみに寒さもいい感じです。余裕で氷点下20℃いってるっぽいですよ。

今日急遽休校になったのでいつもよか全然早く帰宅した自分ですが、病院(うちの大学系列でもある医学大学院の職員してます)勤めのシェリーはいつもどおり帰宅。
休校の文字はないんだってさ...これまで二度しか閉まったことないとか。
自分今その医学大学院の授業一つ取ってるから、「明日あるのかなあ」て軽ーく聞いてみた。
ら、「なんでないの?」て、ふつーに。

......。
そ、そうっすね...


明日の朝にはやむとか聞いたけど、今天気予報見たら午前中ずーっと雪って書いてある。
こんな中どうやって明日授業に行けるもんかねえ。車を掘り出すところから始めなくちゃだし。笑
歩いて行くかなあ。それこそ無謀だろうか。


ま、明日考えよう。

とにかく何もかも白い

雪が漫画級に吹雪きまくってます。

人型が作れるくらい。
(ちなみに自分は上のちっちゃいの。下のきれいな形はたかよさん)

メイン道路でさえも雪がたまっちゃってタイヤを惑わすレベル。
うちの前の道路はもう見えない、というか、なくなってた。


こんなに早い時期に休校にまでなる二〇〇九年の冬ですよ。
今日だって朝の時点で休校じゃなかったの、うちの大学くらいだったらしいし。
その学校が明日の休校も決めちゃうくらいてわけですよ。
うあー
おやすみ!おやすみ!!
ふんふん

ただ...
今うちの大学系列(University of Nebraska)の医学部の方は健在らしい。
な、なんてこった!!!
さすがですね...。人を救うってのはここまでしてなんぼってことなんでしょうか......ははあ
明日も授業あるんじゃないかって言われたよ...。まあ、事故っても緊急がすぐそこにあるのでいいのかなあ。笑
人を救うといえば。
うちの大学では休校になってもシーズンスポーツのみ練習やってたので、微妙にシーズンっぽいうちの陸上部も来るのかなとトレーニングルームにちょっと居座ってたけど、いやー来ない来ない。笑
いつも来るメンツは全く来ず。まあ、いいんですけど。
明日はよくわからんので、連絡待ち。と言ってたぶん休みになるんだろうな。
学生はほぼおらず、スタッフのアスレティック・トレーナーさんたちのみいつもどおりに働いてました。
願わくば将来は雪のないところに...

授業もなくなったので、来週の期末テストの波に向けてゆっくり勉強させていただきます。
ノー・クラス
素敵な響き。

本性

あっという間に外は『オマハの冬景色』になりました。
いらんくらいの本性を発揮してくれたもんで、車の運転が一気にめんどく。はああ
氷点下はもとより、この厚ーい雪の層が今後しばらくここに居座るのかと思うと、もうため息しか出ませんねえ。
慣れとは言っても...ねえ。
やっぱやだわー。

このセメスターもあと二週間!ほげー
ちゃんとこつこつ、を忘れずに最後頑張りまーす。

で、飲む!!!笑

12月です

一昨日、冬が本格的な感じになりました。
寒!
今朝は吹雪きましたよ...さらさら雪だったけどね。
これからますますひどくなるんだろうなあ
この冬は当て逃げされたくないなあ。笑

このセメスターもあともーーーーーちょいで終わります。
課題もどんどん終わってきてる。
今セメは割となんでも締め切り前日までに終わってるなあ。まあそもそもそれが普通であるべきなんでしょうが...
今セメの実習先である陸上部は、やっと来週末に初の大会。といっても公式試合じゃないからほとんどの選手は行かないみたいだけれども。
このチームに帯同する中で、また二年目の学生として実習に取り組む中で、いろいろなことがありました。
本来そういう“いろいろなこと”を書くためにたてたブログなんですが(笑)、いやー全くできてません。うう

失敗もしたし、まだできないことっていうのもたんまりあるし、コミュニケーションをとるということが難しく感じて迷ってしまったこともあったし。
でも、「これまでやってきたことを活かす」ということがやっとわかったというか、実践できるようになって。
フットボールに始まり、高校、クリニック、そして今女だらけの陸上部に至るまで。
これまでやってきたこと、感じてきたこと、教わったこと。
プラスなこともそうじゃないことも、「あー、ここにつながってきたんだな」て思わされることが多かった。
何度考えても、やっぱり一番大きかったのは先セメの高校での実習。
自分のボスだったショーンとの出会いは、本当に大きかった。
思い出すだけで胸キュンです!!ううう
今以上にだめだめだった自分をあんなに面倒見られるのは彼しかいなかっただろうなあ。笑

もう一つ考えさせられる機会が多かったこと。
千秋先生のこと。
アメリカで勉強したり実習に行ったりする中で、こっちでは普通にやってることが日本じゃできない、てことはざらにある。
でも大学時代や卒業後に訪れた大学を思い出すと、アメリカでアスレティック・トレーニングを学んだ先生方が土台になってなきゃやらないよなー、てことが結構あるということに気がつきました。
気がついてなかったというと語弊がありますが...自分が学んだり練習したりする中で、改めてそういうことを思わされたわけです。
アメリカで学ぶことが100%良いとか日本で学ぶのが不十分とかじゃなくて、ゼロから土台を作るというのはすごいことだよね
てことを言いたいだけです。
千秋先生は自分にとって始めて出会ったアスレティック・トレーナー。
ファンキーな先生が恋しいですよ...せんせー


来セメには資格試験が待ってる。
全然実感ないよー どーしよー
ちなみに来セメの実習先は、近所のディビジョン1(でかい大学。うちはディビジョン2)の大学。
とにもかくにも、更新頻度を高めるのがこのブログに対する当面の目標ですなあ。笑

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。