What's going on?

(2013年冬にDTIブログから移転しました。)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動画

英語...でも特に専門用語が分かればもっとおもしろいと思うのですが、すごいYoutubeがうちのStaffから送られてきたので紹介します。

http://www.youtube.com/watch?v=qw3RHKTkBMk

どこの大学が作っているのか調べていないけれども、アスレティック・トレーナーがどんなことをしているのか等々をまさかのあの曲に乗せて見せてくれています。
あとはアメリカっぽいノリのよさが...すごい。
「Athlete, you're okay?(お前だいじょぶか)」て何回も歌っちゃってるとことかはおもしろさが伝わるかと。
スポンサーサイト

二ヶ月浪人宣言

昨日のバイト中、試験の結果がふと現れて。
何も考えずに流れでぱっと。

落ちてました。
始めはほんと「そっか」てだけだったんだけれども、そのうちじわじわと感情が増してきて。
受けたときからどっちに転んでも了解のいくような感覚だったので、この結果をもらっても何も驚きはなかったし。
試験前に取り組んだことに対しては、悔いの残らないようにやれてたと思うし。
この結果は殊に大学院一年目の積み立てのなさかな、という感じです。正直自分は勉強の仕方をつかんだ感覚が現れてきたのがすごく遅かったから。
この感情が単に悲しいのかもっと他の感情なのか、何に悲しいのかもよくわからないけれども、今やらなきゃいけないことはとにかく次に進むことで。

一晩落ち込んだから、気持ちを切り替えるのが今日の目標。
約二ヶ月間の浪人生活を後々「あのときがあってよかった」と思えるものにするのが当面の目標になると思います。

今週はでかいプレゼンがひとつと期末試験がひとつ。
人生最後の授業だし(たぶん)、やるべきことはやって、卒業まで「学生」します。

土曜日は

待ってはみたものの、結局資格試験の結果は現れず。
まあふつーに考えて、事務所が平日しかやってないんだから当然なのかもですが、「この時間に来る!」と言われていた時間は生きた心地がしなかった...結果的にはかなり無駄な緊張だったわけですが。
一時間後、二時間後、メールを何度チェックせども何も現れず。
こんなもんか。
てことは月曜に来るのか...
個人的には今日知って明日一日リカバリー・デー、で週明けから平常心で、というのが理想だったのですが、もうこうなっちゃ仕方ないよね。
月曜の午後は実習先にいるし、「あの輩」は間違いなく結果を今すぐ見ろと催促してきそうな予感がしますが、絶対公の場で見ないし。
あーあ。来週はプレゼンも期末試験も一つあるというのに、そこに試験の結果とか結構いやなんだよなあ。

なんてつべこべ言ってても仕方がないので、とりあえず今日明日はのんびり過ごして、月曜へこんだ場合に備えて先に勉強を済ませておこうと思います。笑

人生26周年

誕生日でした。


ひんたんとまほちゃんから届いたプレゼント。
(ちなみに隣のみそたれは空でした。ひんたんがカードを折らないために再利用したっぽい)


今日いろんな人からもらったプレゼント&カード。
ちなみに真ん中にある小さい白いのは

たかよさんがくれた羊です。鳴いてビームも発射します。
どこでも「めぇー」て言わせて、自分はかなりの変人でした。

実家の両親に感謝の電話をして、4月23日同盟のひんたんとは二度も電話をして。
日本からいろんな友達がメールくれたり、大学の後輩で隣の州にいる近江くんが電話くれたり、実習先で誕生日恒例のクッキーを大量にいただいてきちゃったり。
実習も課題もあったけど、お夕飯も食べに行ってケーキも買ってきて。(一人食い用)
思った以上、てか数百倍くらい素敵な誕生日でした。
この歳でこんなに祝ってもらえるなんて、幸せですねえ。笑
みなさんどうもありがとうございました。

しんどかった...

研究計画案。
先行研究のレビューx16個。
プレゼンテーション。


これ全部、夜授業で課された今日締め切りのものたちです。
しんどかった......
ここ一週間二時間睡眠で、昨日は“寝てしまって”一時間半。
ピンチでした。実際授業開始直前までやって、半ばやっつけで終わらせた部分もあり。
まあ他の課題で九割以上はキープしてきたので、ここで滑っても卒業には支障ないとは思うのですが。
なぜあんなことになったのだろう......

今日がいつなのか、いろんなことが昨日あったことなのか一昨日あったことなのか分からなくなったり。
幻覚が見えたり。(いつも以上にといってもよい。笑)
コーヒーカップに乗っている感じで生活したり。
車で信号待ちの間に寝てたり。
とりあえず床で寝る生活には飽きてました。

今日はゆっくりベッドで寝ます...
昨日通知が(やっと)来て卒業決定したのに、全然うれしいとかそういうのがなかったす......はああ

二夜明けて

国家試験終わりました。金曜日の話ですが。

「高速まっすぐ行けばいいだけ」と誰もがいう簡単ルートをたどり向かった試験会場、行きの道で違う高速に乗るという奇跡的なことをしでかしましたが、余裕を持って到着。自分の成長を感じました。笑
まあGoogleマップで二時間で着くって書いてあるのに四時間前に出たんだから、そりゃ着いてくれって感じだったけれども。
びびりすぎですかね。
大学の頃は30分前集合の女て言われてたなあ。懐かしい

で感想はというと、「びみょー」、に尽きます。
全然出来なかったこともない、間違いなく手ごたえはあったんですが、「合ってるものすべて選びなさい」系の問題がどれだけできてるかわからない。
これは間違いなく合ってる、てやつの脇に、これはなくもなくもなくもない...か?みたいなまどろっこしいやつがいて。
もうすでに間違いだって分かっている問題もいくつかあるけれど、結果はほんとに予想つかず。
ともみさんも一緒に働いてる院生も「受けた後は『びみょー』て感じだった」て言ってるくらいだから、そんなもんなんでしょう。


先週一週間は、人生にこれほど集中したときがあっただろうかというほど集中力を発揮しました。
同時に人間関係をおろそかにもしてしまいました。
自己中心的な態度だったとかひどいことをしたとかではないけれども、周りの人を気にできなかった。
体調崩すのが怖くて、超がつくほど健康的な生活をし。
部屋にこもって勉強、幸せが逃げることを恐れずにため息をつき。
総じて沈んでました。


とりあえず悔いはないです、今のところ。
受かったら運がよかったと思うし、落ちたら思い当たる節は多々あるので真摯に受け止めるのみです。
引き続き日々精進します。
二回目では絶対受からないとね。

オマハは午前四時を回りました。
おはようございます。
試験当日の朝を向かえた自分です。

この数週間体調がすこぶる芳しくなかったので、さいごの一週間にやったことといえば「体調管理」...。まあ大切なんですけれども
人生の中で最も健康的に過ごしたと言っても過言ではないと思うくらい、食べ物から運動やら睡眠やら、アメリカの教科書以上に励みました。たぶん
試験会場まで二時間のドライブ。
そのためにここ二週間くらい(一週間くらいだっけ。その大きな差を覚えてない)午前四時起きの生活をしてきました。
おかげで昨夜の夜授業はくってくてでしたが...
賢いんだかなんだか......

一生勉強というくらいだし、自分の現状は完璧には程遠いですが、やろうと思っていたことはほぼやりきれたと思う。
足らないところは二回目で埋めるのみです。笑
人によって試験の中身はちょっとずつ違うようだけれども、とりあえず要注意なのは薬理学と一般病理学、あとは運営・経営の部分、みたい。

この試験を受け(てパスす)るためにここまでやってきたんだし。
先日の卒業試験のようなことが起こらないよう祈るばかりです。
では。

水曜日

水曜日はバイトのオープンさんとクローズさんの日。
自分で始まり自分で終わるという...
クレイジーだとよく言われます。否定はしませんが

朝6:45出勤。
まあ基本的に誰も来ないので勉強してると、
「これから試験行くの?」
「今日の試験がんばってね!!」
て言われたり、メールが着たり。


いや
明後日なんですけれども...

とりあえずメールは放置、声援は「Thanks」で一括。
ぎりぎりまで時間は使わせていただきますよ。
KitKatはすでに購入済です。笑

あと五日!

で、国家試験です。
この留学の目的はこの試験を受け...て合格することですが(笑)、うーん果たして。
もうすでに受けたクラスメートたち曰く「卒業試験よか楽」。
そうですかあ。
その卒業試験で平均点くらいだった自分(それでも試験通過ぎりだったのですよ)。
受けて結果もらわんと、感覚は分からんなあ。当たり前だけど笑

とにもかくにも、ここで集中してやるのみ。
悔いが残らないように。
最初で最後の試験になりますように。笑

犯人はこいつだ!

はじめは白い肌(あ、黄色だった)に赤い斑点状態だったのが。
赤い肌に白い斑点状態になり。
無駄に「日焼けサロンに行っ(て失敗しかけ)た女」状態になっていた矢先。

皮膚科での診断は、「ペニシリン・アレルギー」。

ぺ、ペニシリン。
......。
ダダダダダダダダ

...ていうペニシリンの一発売れた曲の前奏が勝手に頭の中で始まり、自分の診察にもかかわらず笑いをこらえるのに必死でした。
(ドラマ「仁」見てたときにも同じこと起こったけど、調べたら「ロマンス」て曲名だということが発覚。いつになっても覚えない)

はじめはなにかウイルス性のものかという疑いもあったのですが、先日医者にかかることがあってそこで薬をもらった、という話をしたら

「シャキーン」
て効果音が目に見えそうな医者の変貌。

「なに。なにとったの。」
「え、えーと耳のantibacterial(抗菌剤)とhistamine-2-blocker(H2ブロッカー。消化器系のやつ)です」
「それだ」
ほへ?
いやいや、でもここ一週間くらいとってないし、とってる間も何も起こらなかったんですけど。
というのは素人の意見で、どうもそのアレルギー反応てのは取り始めてから数週間のうちに突如出るものらしい。
てことで自分には薬物のアレルギーがあるということが人生26年目にして判明しました。
はっはーん

発疹以外にはただれや発作、かゆみも含めて全く症状が出なかったので、「かなり運がよかったね」て言われた。
そっかあ。
ペニシリンはいろんな用途でよく使われる薬だから、気をつけないといかんね。
てかペニシリン「系」だけど。
資格試験前にちょうどいい薬理学の復習ができました。
身をもって学ぶたあこのことだ...


で、ステロイド剤で現在治療中です。
わー
ボディービルダーになれるんですねー
「そうよ!エネルギーがいつもより増すしね!!」
て医者に言われ、まー胃がやられるだろうからいっぱいもの食べてね、と忠告され帰ってきました。
早く良くなるといいな。ぶひー


原因が新種のなにかだった場合に備えて、ともみさんが名前も考えてくれてたんですが、ボツになりました。
Shimaditis(シマダ炎)。
うける。

この名前が後の人生使われることのないことを祈って。
健康第一です

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。