What's going on?

(2013年冬にDTIブログから移転しました。)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい年度に向けて

なんと。
うちのボスが次年度(あくまでも六月を節目として)の試合スケジュールを持ってた。
サッカー部のは以前コーチのオフィスにぷらぷら寄った際にもらってたんだけれども、なんとバスケ部とか他のチームまで。
おお!
さすがうちのトップ。
(※と、ここまで延ばす話でもない。そもそも。)

今年はサッカー部、遠征多いんだよね。
て言いつつ、去年もなんか同じ感じだった気がするけど。(でもコーチが言うには遠征多いって。ふうーん)
個人的に一番楽しみなのは、去年も行った名門校・Ivy League所属のコーネル大学!(Cornell University)
キャンパスがとっても大好き。同じくIvy Leagueのコロンビア大学と並ぶくらいきれいだと個人的に思ってる。名門校と言うことだけでもきゅんきゅんなのに。(←単にミーハー)
あとこれは特別どうでもいいんだけれども、今年はペンギン大学に行きます。(※正式名称はYoungstown University。オハイオ州にある、マスコットキャラクターがペンギンの大学。あんまかわいくない)
とりあえず選手の間ではすでにドラマが始まっているので(女の子だからね!笑)、そういう部分はちょっと不安があるかな、去年よかひどかったらめんどいなーみたいな笑。

バスケ部の予定はほぼ未定の部分が多くて、結局まだほとんどわからん状態だったけれども、とりあえずこちらは今の時点ではホームゲームが多い。
うわ!
やだな。
外行きましょうよ、外。
去年のシラキュース戦に値する『当たって砕けろ戦』(※ちなみにキュースでは42点差かなんかで予想通りぼろ負けした)は、ミシガン大学。(University of Michigan)
まあ去年からミシガン行くのは聞いてたけど、よくあんなでかい大学と試合させてもらえるようなったわ...。
これが恐らく2012年最後の試合、そして最後のノンカンファレンス戦になるんだと思う。12月29日だしね。
これうちのアウェイだから、いいスタジアムで試合するのだけは楽しみだなーわほほ。
ちなみにうちのボスの担当する男子バスケ部は、クリスマス三日前にノートルダム大学(たしかオハイオ州)行って、その翌日ユタ大学(どちらかと言うと西海岸よりの砂漠)で試合だって...。
「メリークリスマス!ユ・タ・!」て今からハイテンションでした...なんて無茶苦茶なスケジュール。
だいたいいつもサンクスギビング&クリスマスがないのは、男女バスケ部(=ボスと自分)だけなのだけれども、今年はどんな感じで過ごすんでしょうね。


そんな『みんなでわいわいモーメント』と、アイスコーヒーを作るのにコップに氷を取りに行ったのと、あとお昼ごはんを温めに席を離れた以外は今日一日中オフィスに座ってた。
新しい年度になって、バスケ部には四人、サッカー部には十人新しい選手が入ってくるんだけど。
そのサッカー部の十人のうち三人が、他校からの転入生てことで、前の学校での彼女たちのメディカル関連の書類を問い合わせたりなんだりして。
あとは今いる選手のことで、ドクターのオフィスとずっと電話したり、来年度を始めるための書類とかを準備したり。
そういえば、バスケ部から一人、サッカー部からも一人、チームを離れることになった。
聞いたときは驚いたけれども、こういうことはどこにでもあるわけだし。
一緒に働いたのはたった一年間だけだったわけだけれども、やっぱりなんかさびしいな。
二人ともチームを離れても元気にプレーし続けて欲しいです。
スポンサーサイト

三連休最終日

わー

わーわー

日本に帰るまであと一週間。
なんか非常にナーバスです...てか軽くテンパってます。
楽しみ感がわいてくるのは恐らくデトロイト行きの飛行機に無事乗れたらかな...はあああ。
なんかですね。
忘れ物(=必要はないけど後で「あ!あれを持って帰ればよかった!」と後悔しそうなもの)とかしそうだし、
絶対お土産忘れてる人とかいるし、
こっち戻ってくるときの入国審査の書類もなんか不安だし、
今週は週末も仕事入っててなんか落ち着かないし、
帰る前にしなきゃなことを何か忘れてる感じするし、
チケット忘れて云々とか飛行機乗り遅れそうとか不安だし、
えーとえーと
あわあわ

(※ ↑ 実際パスポートさえあればあとは金で何とか解決できる問題ばかりである)



...で。
今日、連休の最終日は、無駄に(睡眠不足気味に)早起きして。ていうか起きちゃって。
のそのそ歩いてDVDを返しにいきつつ野菜を買いに行って。
今週のご飯作りして本を読んでたら、終わりました。
いやー短かったなあ。(ぼんやり)
ちなみに、昨夜見た『Anchorman』はWill Ferrellらしい映画(=いつものパターン)でまあおもしろくはなかったけど、今日見た『Sixteen Candles』はとってもクラシック!でした(うまく言えないけど)。それもそのはず、これが出たのは1984年なんですね。
この『Sixteen~』は、大抵どの「必ず見るべき映画」ランキングにも入ってる映画だからいつか見たいと思ってたんだけれども、いわゆる“思春期の恋愛と家族愛”みたいなのを描いた作品。ただ年代が年代だから、最近の作品と比べるとどんなはちゃめちゃな展開も非常に純粋に見えるくらい。


そんな連休でした。
もうすぐ六月ですね。

三連休と日曜大工と映画

金曜はたらふく食べた。
結局1フィートのサンドイッチ(Silo's footlong haystack。1lbのビーフの上に山盛りチーズとハッシュポテト(:千切りポテトのフライ)が乗ってた)は半分ちょい食べたところで残りは家に持ち帰り。
それでもおなかいっぱいで、午後いっぱいカウチに横になってたくらい...。
ほんとは全部食べ切れたと思うけれども、無理して食べてはもったいないおいしさだったのですよ!
で残り半分を翌日食べたけど、やっぱおいしかった。なんだあれ!
うーでも、次回はぜひ一回で食べきりたい。悔しい!!
(※ただ自分食べるのが遅いのがネックなのよね...。やっぱ一人で行かなきゃかなあ)


明日月曜日がMemorial Day(戦没将兵追悼記念日)で、holidayに関しては曖昧なうちの大学(※私立だから祝日の受け取り方が特殊)も休みらしい。
ので、実は昨日から三連休が始まってました。
金曜うちのスタッフも「え、月曜休みなの?」て感じだったくらい、自分にも突然現れた連休だったので(まあちょっと予想はしてたけど)、何しようかと金曜からおろおろ。思わずはっしーと近江くんに「何したらいいだろう」と聞いたくらい。(※結局あきれられて終わった)

で。
そんな連休一日目、昨日土曜日。
昼前にむくりと起きて、近所のゴージ(Niagara Gorge:峡谷?)に散歩に散歩に行くことにした。
去年だったと思うけれども、シヴォンに突如「whirlpool(:川に出来る渦巻き)にハイキングに行こう」と誘われて、二人でナイアガラ川沿いのゴージに一度だけ行ったことがあって。(たぶんブログに書いた気がする)
思いの外険しい山場というか岩場で、結構な運動になった覚えがあったのだけれども、そこで見た川のすごさとかきれいな景色が忘れられなくて「また来なきゃ!」て思ってた。
そこで一人で行ってみたのだが、ゴージのトレイルに一歩足を踏み入れたら、結構な“自然”具合。
...早速不安。
そのまま森の中を川に向かって下って歩いていたら、カサって音がして、小動物と目が合った。
あ!野生のシマリスだ!
わわわ、かわいいいいいい
...て見つめてたらふと、「自分ほんとに自然の中にいるんだな!」て気がついて。
突如現実に戻った感じで、自分がいかに自然が苦手か思い出した。
それで急にいろいろ怖くなって(笑)、でも「来た目的を果たさないといけない!」ていう自分の性格が帰させてくれず(笑)、とにかくいい景色の見える川べりまで降りたい一心で早足。
結局どれだけ行っても前来た感じのところには着けず、岩場を這い降りて「あれー?こんなんだったっけ?」て感じの川を見るだけ見て、その先の道筋が消えかかった小道にめっちゃびびって即引き返し、ありえんスピードでダッシュして駐車場まで帰った。
それで帰り道に気がついたんだけれども、自分が歩いてたトレイル、前回シヴォンと来たトレイルと別なトレイルだった...ちーん。
でも今回歩いた感じで、ちょっと一人で行くのは相当の気力を要するなてことを学んだので(遭難しそうだし変な虫がいて怖かった)、しばらくトレイルはいいや。ちょっと想像と違いましたねははは。
帰宅してから、住んでるアパートのプール沿いで昼寝して、夜は大好きな美女と野獣がテレビでやってたので興奮してなかなか眠れなかった。(という夜更かしの言い訳)

二日目の今日、日曜日。
また起きたら昼過ぎてた。
朝ごはんを食べながら、昨日借りてきたDVD見始めて、それから日曜大工始めた。
本当はこの夏のプロジェクトだったのだけれども、夏はちょっと忙しくなりそうだったし今時間があるからやってしまおうと。
一つはいつも使ってるテーブルの脚を低くする作業。地べた派の自分にはちょっと高くて、テーブル使ってる間肩が自然に上がっちゃってよくないなあと思ってたんだよね。
ちょっと大きめのカッターを買ってきて頑張って切ったのだが、思いの外苦戦した。でもちょうどいい高さになって幸せ。
もう一つは、カーテンの裾あげと改造(修復?)。去年やったリビングのカーテンの裾上げが適当だったので、今回ちゃんと縫い上げようと。
ついでに、昨夏買ったベッドルームのカーテンが薄すぎて二枚重ねにしていたのだけれども、そのうち一層はビニルひもで窓枠にくくりつけていたのでなんとかしようと。
ビニルひも、って...。(自分でも結構ひいてたけど)
間違ったタイプのカーテンを買ったんだよね。まあ書くと長くなるんで省きますが、とりあえず今回切って縫ってしてどうにかカーテンぽい形になりました。
半日かけてカーテン縫ったわけですが、こういう地味な作業が飽きはするが得意な性格でほんと助かりました。その間に映画四本以上見終わったし。
一つ後悔したのは、カーテン外したついでに洗濯すればよかったと言うこと。正直結構汚かったのだが、小銭がなかったんだよねえ。
てしているうちに日曜の夜も更けていきました。まだDVD見てるけど...。

今回借りたDVD、六枚中半分は(また)子供向け映画っていう。
もうすぐパート3が上映される『マダガスカル』ていう映画の、パート1と2を見たんだけれども、めっちゃかわいかった!何よりストーリーの流れも終わり方もがっかりしない感じ。
続編が出ても評判の落ちないアニメといえば『トイ・ストーリー』だけれども(あくまでも自分の周りの意見を聞いた感じの話。自分はあまり好きじゃない...)、自分はマダガスカルの方が安定してる感じがします。明らかに「ひいき」だけど。
敢えて言えば、2はちょっとライオンキングを彷彿とさせてくれたが...。まあ、ライオンを主人公にしたアニメはどうしてもそういう方向になりがちですよね。
あとは二年前かな?に出た、ジム・キャリー(もうすごいおじさん!マスクの時の彼が懐かしい笑)の『Mr. Popper's Penguins』と、テレビで久々に映画『Taxi』見た。Taxiは2の方が好きだった記憶があるけど、あの主演男優さんが今コマーシャルでよく見るあの人だったのか!て驚いた。
してテレビでいつも見ている食べ物番組とFamily Guy(ブラックコメディのアニメ)見てから、借りてきたFamily GuyのDVDを見てます。
ええ、テレビ見すぎです。
残り二本、『Anchorman』と『Sixteen Candles』は結構“王道”作品だと思うんですが、たぶん明日見るかな。

ああ、あと。
今日は大学院の時の同級生(アメリカ人の同級生の中では一番よく連絡取ってる)から突然連絡きたりで、なんだかんだ割と生産的な一日でした。
彼女の子供がもうすっかり大きくなってて驚いた!夏に会うのが楽しみー。

InventoryとSilo

今の大学で二回目のオフシーズンを迎えているわけですが。
年度末のメインイベントとして、inventoryがある。
前にもちらっと言った気がしますが、inventoryて、トレーニングルームにある物品の数を確認する作業。それで、「今年度どれだけ使ったか・何が足りなかったか」「来年度どれだけ使うか」ていうのを考えて、来年度分の物品を注文する。
殊にうちの大学はトレーニングルームが三つあって(:オフィスのあるメインのトレーニングルーム、ホッケーリンク内、バレー部・バスケ部のジム内)、そのそれぞれに物品を管理する棚なり倉庫があるから、非常に面倒。
さらに大抵何かしら、年度の途中で足らなくなって追加注文することになるのだけれども(そしてそれを好き勝手にやらせてくれるうちの大学・体育局はやはり金持ちだと思う)、前年度の追加注文状況も考慮した上で年度初めに注文する数を調節しなきゃいけないので、年度末で選手もおらず暇だ暇だといいつつも重い腰をあげるのに数週間かかる『メインイベント』なのです。

そのメインイベントが、ついに今日終了。
てか自分は今ある物品の数を数える作業しか手伝わなかったのだけれども、それがやっと昨日終わって、今朝他の(inventory担当...っぽい)スタッフが注文表を仕上げてくれてほんとに完了した。
だもんで今日はまたまた暇になったのだけれども。


「暇だとおなかすくね」て他のスタッフとオフィスでお昼ご飯をもぐもぐしていたら、隣のオフィスからボスが入ってきて
「なんだみんなお昼持ってきてるの!外で食べようと思ったのに」
えっ
ええーっ
「言ってくれれば持ってこなかったのに!」「行きたかった!」とみんなでぶーぶーしたら、
「じゃあ明日行こうか。サイロてお店に行きたいんだよね~」

ええっ!!
さ、サイロ!!!!!

サイロ(Silo)ていうのは、自分のアパートの近所、ていうかいつも走りにいく川辺にあるレストラン。
前にシヴォンと飲みにも行った、お気に入りのバー・Water Streetのお隣にあって、夏限定(五月~)で開いているとこ。
実は最近までその存在を気にしていなかったんだけれども(閉まってるのか開いているのか分からなかったし)、この四月かな?に、トラベルチャンネルていうテレビ局の名物番組の一つ・『Man v. Food』ていう大食いチャレンジ番組で、このお店が紹介されたって聞いてから、一度行ってみたいなと思ってた。
でもこの五月にお店のシーズンが始まってから、常にお客さんがいっぱいいるのを見てたし、一人で行くのもそんな特別な機会というか理由もないしなあと思って、今年の夏もすでに諦めモードだったんだけれども。

てことで、こんな風に行くことになるとは思いもしなかったがめっちゃ嬉しい!!わわわーい
他のスタッフとレストランのホームページとか、前に放送された『Man v. Food』でレストランの予習をして、「楽しみだね!!」とみんなでうきうき。
ボスが「明日は金曜日でお昼まで開室するはずだけど、まあ誰も来ないだろうし、もう11時過ぎくらいにルーム閉めちゃってみんなで食べに行っちゃおうか」て言うので、もちろんうちらも全員その気。(※ちなみに出勤は10時。)

http://youtu.be/1p772lOGqAI (『Man v. Food- The Silo』)

番組で紹介されていたのは、1パウンド(:約450g?)のビーフに大盛りチーズが乗せられた1フィート(:約30cm)のサンドイッチ。
オマハでの語学学校時代に1パウンドパティの乗ったハンバーガーをたいらげて賞金をもらったことがあるけど...。
うーん、どうしよう。
値段自体はそんなに高くないけど、肉とチーズだけていうのがちょっと悩ましいな。(※例のハンバーガーは自分で好きな野菜を好きなだけ入れることが出来た)
お店の前に立ってる木彫りのくまさんが、いつもアイスクリーム持ってるの気になってたから、肉もいいけどそっちも食べたいのよね...。

とにかく明日はうきうき。
恐らく全員仕事する気はないと思います。TGIF!

夏の予定

なんと。
もう家に帰るまで二週間切ってるんですね。
いやはや...。なんか当日のほんと数時間前までばたばたしそうな感じなんですが。

ここでの二年目ももうすぐ終わろうとしています。
てかバスケのシーズン終わってからほんとにのうのうと過ごしてきているので(それはそれはもう超が付くほどのオフモード。まあスプリングサッカーあったけど...)、もうその時点で二年目が“終わってる”感じだったと言ってもいい気はしますが。
自分の休みも確定して、働くサマーキャンプの予定も立ってきた。
てことで、来週からの予定を見てみたんだけれども、
(※:かっこ()内は仕事外の行事)


・5/28の週...Haudenosauneeラクロス第二弾
・6/4の週...(日本一時帰国の前に)仕事が終わらずとかで慌てる
・6/11の週...(日本、で予定が詰まってて今からすごく不安)
・6/18の週...仕事復帰と共にバスケ部の新入生が来ちゃうので慌てる
・6/25の週...コンベンション(そして即バケーションへ旅立つ)
・7/2の週...(フロリダ旅行、てかとりあえず遊ぶ)
・7/9の週...戻ってきたら問題いろいろ待ってるだろうので消化に追われる
・7/16の週...サッカーとホッケーのキャンプで毎日12時間超労働
・7/23の週...昼間仕事で夜はホッケーのキャンプな毎日
・7/30の週...「ちょっともう八月じゃん!」とナーバスになる


...なんてしてたら、サッカー部が帰ってきちゃうわけです。
そして毎週末遠征な日々が八月中旬(←早いよ)から始まり、そのまま三月まで一直線なわけです。
おおお
いやー、ひやひやしかしてこないな!
ま、とにかく今は早く日本に帰って、コンベンション行って、バケーション行って、エネルギー補充したい。(て、別に今疲れてるわけでもないのだが。)

来週末はちょっと忙しくなるから、今週末なんかしなきゃ。
帰国準備とか。
...別に入れる物ないんだけれども......。

退職金・(とりあえずな)完結編

昨夜深夜二時までせっせとパンフレットを読み漁り、
英語と日本語両方でネット上でいろいろ検索して読みまくって、
...でも結局「おお!じゃあ自分はこうすればいいんだ!」ていう感じにはならなかったから、諦めて寝ることにした。

で、今日の話をする前に、昨日うろうろしたことで分かったことのまとめと、自分のプランを決めるのに何が問題なのか(だったのか)っていうのをちょっと話すと。
分かったことは、

・退職金のシステムっていうのは、自分の知識不足は否めないけれども、貯金ではなくてもろ『投資』。リスク・リターンが関係してくる。

・うちの大学が提供している退職金の投資会社二つ(:AXAとTIAA-CREF)のうち、TIAA~はアメリカ最大の年金(※ちなみに年金=Social Security。フルタイムの雇用者は自動的に給料から抜かれている税金)とかを扱う投資会社らしくて、主に学校で働く教師・職員に提供している会社。(現に名前を日本語訳すると、全米教職員保険年金協会退職株式基金、とかいうらしい。)

・TIAA~だけじゃないみたいだけれども、近年は自分の退職予定年度(:五年毎くらいの枠組み)を選ぶだけでプランが決められるone-step investmentていうのが人気らしい。この長所は、プランを始めた当初はアグレッシブ(=ハイリスク・ハイリターン)な投資方法で、退職予定年度に近づくに連れて徐々にコンサバティブ(=低リスク)な投資方法へと会社が移行してくれるから、自分でリスクの調整・心配をする手間が省けること。

・やはりうちの大学の「被雇用者が給料の3%を投資+雇用者が給料の8%に当たる額を投資」、ていうパーセンテージは、結構稀ないいケースらしい...。ネット上に出ていた少ない例を見ての感想だから当てにはならないけれども。ちなみにうちの大学では、被雇用者の投資額パーセンテージを3%以上にすることができる。その場合でも大学側(=雇用者側)のパーセンテージは8%のまま。投資だから、大きなお金をかけて大きく戻ってくる可能性もあるわけで、それでうちのスタッフは最近5%とかにパーセンテージ上げたらしい。

・TIAAの提供している金利が日本では考えられないくらい、いい!ていうことを書いてあるサイトもあったのだけれども、マーケティングの知識がないと、パンフレットを見ても金利やらなんやらの見方が分からないので(※実際、直接金利(=interest)に当たる単語なんてパンフレット上で見なかったし...)、やはりもやもやで終わる。

・積み立てた退職金を引き出し始めることのできる年数っていうのが決まってる、て聞いたのだけれども(例:積み立てを始めてから五年以降でないと引き出し不可能、など)、どうもネット上で見た限りだといつでも引き出せるみたいだった...。もちろん投資を中止したら、の話だけれども。ちなみにTIAA~は積み立て金の税金は免除(=給与明細には、積立金を給料から引いた分だけが『給料』として表されて、その引かれた分のお給料にだけ税金がかかるから、払う税金の額自体は減るらしい)するようになってるのだけれども、退職金を引き出す際には税金がかかり、60歳未満など退職条件を満たしていない場合には税金10%増ていう罰則が課される。

・これ『投資』だから、やっぱり上下変動がある...。株みたいな感じ。


で。
問題はと言うと、まず「投資」とかいうものが全くもって意味分からんこと。パンフレットには、プランごとになんとかexpenseだのなんだのという言葉が一覧表になっていて、そこに正のパーセンテージと負のパーセンテージが並んでいるのだけれども、それが何なのか全く分からなかったので比較の仕様もなかったのです...。
そして、アメリカにあと何年いるか・日本にいつ帰るか分からないけど、それで退職年度をどうやって決めましょうかね?日本に帰るときにはそれが“退職”になるんでしょうか??
また、アメリカで退職年(=60歳くらい)までいた場合のことを考えるとして、そこで今から長期プランを始めたら、アメリカに確実にいる予定なこれからの数年間は(あくまでも比較的に)ハイリスクでの投資になるわけだけれども、それって...大丈夫なんでしょうかね?

......うーん???

て一晩かけても分からなかったから、今日とりあえず人事部の人に助けを求めてみた。
運よく時間が合ったのでオフィスに行き、(人事部の人は投資会社の人ではないからそれほど詳しいことは聞けないので)どのプランにしたらいいでしょうね、てだけ聞いてみたのだけれども、したら
「退職金制度の一番重要なことは、できるだけ早く始める、ていうことなんですよ。後でプランも変えられるから、とりあえず今一つプランを選んで加入して、投資を始めるっていうことに意義があるわけです」
は、はあ...。
「それにね、この会社(=TIAA~)ならどのプランを選んでも、」

NOTHING will hurt you.


......。 (←疑わしい目で見る自分)

え、ええー
あー、うーん、そうかなー?いやー、どうだろ...。

とりあえず、学校に時々投資会社の人がコンサルティングに来るから、その時にもっと自分の状況も含めていろいろ聞いて(=あと何年いるかどうかわからんという状況や長期プランにするリスクなど)、相談したらいいと思いますよ、て言われ。

あー。
うん、

SOUNDS GOOD!(←もうやや投げやり状態になった)

てもう“適当な”年度プランを選択し、オフィスに戻った。
はー
とりあえずこの一件については、現時点ではここでおしまいです。もうちょい詳しいことを学んだら書きますけど...たぶん来年くらいじゃん?みたいな。

ほんとは今日、仕事の後に外を走りに行ったら、でかいダチョウみたいな鳥に遭遇したていうのを書きたかったんですが(...て、もうここで言ってるからこれ以上のオチもないしいいんだけど)。
長くなったのでこの辺で。

退職金・その2

先週金曜日にあわあわした、退職金の話。
予想はしていたのだけれども、やはり『退職金の投資を始めます』ていう書類以外に、その投資会社(※うちの大学が提携?しているのは二社あるのだけれども、なんとなくで周りのスタッフが使ってるやつと同じのにした)が提供しているプランを選んだりな手続きが必要だった。
給料の何%を投資しますっていうのは自分で選んだんだし、あとはその会社がおすすめしてくれるプランに勝手に入れてもらえたら楽なのになあー。
...て思うんだけれども、これは国やら社会やらで統一された定年(=退職する年齢)がない、イコール定年を個人で決めるアメリカだからこそ、そういうわけにはいかないらしい。
定年を「個人で」設定するからこそ、その年齢を考慮した上で立てて行く投資計画もいろいろになるから、単純なプランを提供することは不可能らしい。
(※ただ一応60歳というボーダーライン?はあるようで、60歳になる前に退職金をもらおうとすると罰金が課されるらしい。)

...とにかく。
なんも分からんので、ちょっと勉強することにしました。
ネットでアメリカの退職金を日本語検索すると、出てくるのは401(k)ていうプランについてがほとんど。
で自分の書類を見たら、自分のは403(b)てある。
どうも、一般企業では401(k)が多いらしくて、他の非営利企業・学校等の機関では403(b)、らしい。たしかにうちは大学だ。
ううーん
でも両者間で内容はそれほど変わらないっぽいのだが...その認識であってるの??笑
あー、とりあえず今晩もうちょい調べてみるけど。


先週末から急に夏らしくなりました。
土曜日はご飯作って、掃除して、外を走りに行ってぽけーっとして。
日曜日は久しぶりにオマハでの友人・むっちゃんと五時間とか話してて(今は彼女日本にいる)、また外を走りに行って夜ははっしーと電話してあとはぽけー。
今日も仕事から帰ってきて、外を走りに行ってきたんだけれども。
いつも走ってる、うちからナイアガラ川のほとりルート、川のほとりに近づくにつれてめっちゃ涼しいの!!扇風機浴びてる感じです。
だからいつも川まで行って、そこのベンチでしばらくぽけーて涼んでから帰ってくる。

今日は出勤してからしばらく、担当のサッカー部のコーチとおしゃべりしに行ってて。
それから職場に戻ったら、今年度(てもう終わるけど)の選手たちによる評価まとめみたいのをみんな見てた。
この評価アンケート、どんな内容を聞いているのかとか、どういう形のアンケートなのかとか(=五段階評価、パーセンテージ評価、など)全くの謎なのだけれども、去年の夏にこういう評価はされてるんですよっていう存在自体は知った。
ただ去年は自分の担当チームはなかったから、特別自分に関わることってあまりなかったんだけれども。
今回のこの評価まとめ、うちのアスレティックトレーニング・スタッフ及びサービスに関して、(これまたどうやって出されているのか分からない)パーセンテージで出されている。何も言及されていないってことは、恐らくそのパーセンテージは『満足度』なんだと思うんだけれども...。
まあとりあえず、それによると、自分の見てた女子サッカー部は91%、女子バスケ部は94%だった。
ちょっとほっとした。
去年働いた一年間、全てがうまく行ったわけではもちろんないし、自分でももっと頑張れるんじゃないかと思う部分はあったけれども、それでも精一杯働いたとは思ってる。
絶対はじめから100%の評価はもらえないと思ってた。でも選手たちから顔を合わせている間はいい評価をしてもらっていたから、それが紙上でのアンケートになった途端に実は80%でしたーとかだとめっちゃへこみそうだと思う部分もあって(笑)、だもんでこの評価は個人的にはとてもよかった!自分が頑張ったと思える分も、もっと頑張らなきゃな部分・のびしろの分もちゃんとある数字だなって。
ほんとはコメントやどこが至らなかったかなども見られたらよかったのだけれども、今回もらったまとめの紙には出ておらず。
とにかく、この一年目でこれだけのハードルを作ることが出来たのだから、二年目からはこれを超えていかなきゃいけないっていうプレッシャーが出てくるわけだ。期待値も高まった?かもだし。
どうやって去年一年間乗り越えたのか、本当に分かりませんが(なので今めっちゃ不安ですが笑)、もっともっといい仕事ができるよう頑張ります。


そういえば。
今日スタッフ全員で(勝手に職場の鍵を全ロックして)お昼を食べに行って、それからずっと退職金のパンフレットを見てたんだけれども。
他のスタッフにも「自分たちも全く分かってないぞ」とか言われて(笑)、自分もパンフレット読んでてもわからんし、ここにいられるのもあと五年だしどうしたらいいのやら、って話をしたら、
「五年?!」て反応。
あー、グリーンカードないと強制退去だし、それには(うちの大学だとグリーンカードのサポートないから)アメリカ人と結婚しなきゃだからありえないし。
て言ったら、
「俺が結婚するよ!」(←妻子持ち)
へっ
「いや、私がするから!」(←旦那さん持ち)
ええっ
「ここニューヨークだよ、同性愛者の結婚認められてるから!」
おおその手が!

じゃあ...シヴォン(:独身)と結婚すればいいんだ!

「Exactly!!」(スタッフ一同)



......。
いや、しないけど...。
それまでには自分のその先の人生とか、もうちょっと具体的に考えられてなきゃだよね、てとりあえず思います。

お金がどう回るか

今週から学校のオフィス時間が夏時間(:月~木8-4時・金8-12時)になったので、
うちの職場も夏時間(:月~木10-4時・金10-12時)になりました。
学校の定めているオフィス時間とか、基本的にうちは例外。去年も一昨年も思ったけど、金曜とか行く意味あるのか?ていうくらいだし。笑
シーズン中は(どこの大学でもそうだと思いますが)完璧違法レベルのオーバーワークしてるので、こういうところでバランスを取っているわけですね。たぶん

で。
今日は一日...ていうかオフィスにいた二時間だけど、ずっと年金のことやらbenefitの手続きとかして終わった。
去年もこの話をした気がしますが、うちの大学はフルタイムの職員に付いてくるbenefit(福利厚生に当たるんですかこれ?)がかなりいいと評判。でした、少なくとも今年度のはじめまでは。
うちの大学のbenefitには、健康保険(自分のはたしか眼科保険込みなプラン)、歯科保険、生命保険、カフェテリア・マネー(:これよく分かってないんだけれども、どうもカフェテリアで使えるお金らしい。でもそのお金・金額がどこに入っているのか分からないので使ったことない笑)、ついでにフィットネスクラブやマッサージなど個人の健康増進に関することで発生したお金を払うためのマネーカードが付いてくる。
もちろんもっとオプションもあるから、選ぶプランによってもっといろいろ付いてきたりするのだが、とりあえず今年度まではそれが全部学校側のカバー(=個人負担額ゼロ)で付いてきてた。
...てうちのスタッフは言うのだが、去年自分、人事部の人とのbenefitミーティングで、『個人負担が出るけど“どこかのお金(←※自分覚えてない)”を動かして払えばただになる』てことで、たしかカフェテリアマネーか何か、学校側から与えられているお金を使って払った気がするんだよね。
これがまたすごく複雑で、そのミーティングの中で何度聞いても分からんことが多かったから、もう話を聞いて理解した範囲内でデメリットの少ない“感じの”プランを選んで終わった気がするのだが。

で、このbenefitは毎年の更新が必要で、その更新作業がオンラインで出来るというから、自分は数日前に「適当に」更新してあった。
そしたら今日、うちのスタッフに「今年から自分についてくるbenefitを自分で払うことになったらしい」と言われて。
え?
あ...ああ、もしかして、更新の際に出てきてた金額って自分が払う分のお金だったの??
てことで、今日が更新締切日だったから、もう一度改めて自分の更新したやつを見てみた。

ら。

なんと。

全てのbenefitが「opt out(=いりません)」で選択してある...。


お、おい!
自分なにしてんのよ!!!


危なかった。
実は今週ずっとめまいがしてたりで、仕事には行くんだけど全く機能していない状態がずっと続いていたんだけれども、そんな中で更新した際恐らく「去年から変更する部分ないからとりあえず出されているままconfirmすればいいのかな」とあまり中身に目を通さず提出していたんだと思う。
そしてさっき言ってた、自分が見た『更新の時に出てきてた金額』は、今年度(=今月末で切れる)分のプランのお金だった。
つまり、何もかも間違っていたわけです。

とりあえず全部見直して、来年度分のbenefitを今年度と同じように選択し直して。(したつもりだけど自信がない...。)
正直去年の“どこからかのお金でカバー”事件(?)があるから、実際どれだけの保険料を取られるのかは謎。
たしか全部お給料から取られるんじゃなかったかな?と思ってるのだけれども、そのうち連絡なり請求なりがくるでしょう。
ちなみに自分は独身だから、家族を持っている人に比べると保険料は三分の一以下なので、全ての請求が来てもそれほど痛手ではないのが救い...だけどやっぱ払いたくないのは本音。
ちなみに、このbenefitが自己負担になる代わりと言うかで、全職員昇給するらしいです。
あーそういえば、この更新の際に出てきた自分の給料の年額がたしかにちょびっと増えてたような。
うーむ、これでプラマイゼロ、になるんでしょうか...。benefitにかかる総額が分からないから分からないよー。笑


で。
そのbenefit更新の格闘をしている間に、人事部の人からメールが来て。
うちの大学(※他の会社とかは知らない)では、フルタイム二年目から、退職金プラン(これって年金ですか?)への加入と、長期間休暇プラン(:Long Term Disability Eligibility)への加入が認められる。メールはその話に関することだった。
自分ははじめどっちもいらないかなと思っていたのだけれども、数日前にうちのスタッフに相談をして、長期間休暇プラン(※交通事故や病気などで長期間働けなくなった場合のカベレージ)は一番いいプランにしてあった。
でも退職金プランに関しては、アメリカで働く日本人アスレティックトレーナーの先輩方何人かに少し話を聞いたところ、税金ですごくとられるとか規則が複雑で面倒だとかいう話を聞いたので、「入りません」て返事をするつもりだった。
したらうちのスタッフが真剣な顔で、「絶対入った方がいい!」。
うちの大学の基本プランは、毎年自分のお給料の3%に当たる額を自分のお給料から取られて貯金、それに加えて8%に当たる額を学校側が貯金してくれて、自分が退職するときにそのお金を全部引き出せる、っていう感じ。(引き出す際に税金がかかるので手取りは減るらしいのだが)
自分が「入らないでいいや」と思っていた理由は、今のお給料からお金を取られるのは“なんかやだな”と思ったからだったんだけれども、うちのスタッフに「よく考えてみなよ、給料の3%なんてほんとにちょっとでしょ?それにそれ以上のお金、8%分のお金は学校側から“もらえる”んだよ、何もしないでもらえるお金なんだから損はないじゃん?」と言われ。うむ、たしかに...。
さらに、自分3%+雇用者8%なんていうレートは、滅多にない“いいレート”なんだって。「周りの働いている人に聞いたら、自分4%+雇用者2%なんていうのがざらにあるんだから」って。へー。
てことで、いまだに詳しいことまったく分かってないけど、とりあえず加入することにしました。手続き済んでないような気がするんで、どうなることやらって感じだけれども。
ビザもらってる、あくまでも「『期間限定で』居住んでます移民」ていう立場でいながら、アメリカ人と同じ選択肢を考えるのって、ほんと大変だと改めて思った。ちゃんと働いたことないから日本の社会もよく分からんが、アメリカの常識と言うかはもっと分からないし社会のいろいろ制度もとっても複雑。
こういう宙ぶらりん状態が一番よくないよな...。社会人三年目になるし、もう少し勉強しないと危なそう。うう


そして今日は車の修理。(また...。)
出す前から決して安くはない修理の額を言われていたし(でも今日車を受け取りに行ったときには$50以上引かれてた。ありがたい)、もう今月だけでも二回(※今回の修理は前回の修理が(悪い意味でなく)原因と言っても過言ではないのだが、車も年っちゃ年だし仕方がない)修理に出しているので、「もう新しいの買ったら?ローンとか組んでさあ」とスタッフにも言われていたんだけれども。
先日お邪魔した高野夫妻(※こうきさんとみゆきさんです)にもちょっと聞いたら、ローンを立てるにはクレジットヒストリーが必要だと。
出た!
クレジットヒストリー!
これ以上話長くなると面倒なんで書かないけれども、このクレジットヒストリーてのは、なかなか...手ごわい相手なんですよ、アメリカで。
うわー
とりあえず、もうしばらく問題なく車走ってほしいと願うばかり。

なんとも

いやはや。

今週、とりあえずなんともroughな毎日を過ごしております。
たぶん自分だけじゃなくて、うちの職場全員がそんな感じだと思うんだけれども。
もうなんか疲れちゃって、毎日仕事から帰ると数時間寝ちゃってる。
明日でいよいよ週末!てのが本当にありがたい...。


そんな中、昨日の夜はとっても楽しく過ごさせてもらった!
前に一度お邪魔させてもらっておいしいご飯をたらふくごちそうになった、近所のライバル校・カニシアス大学のこうきさん&みゆきさん夫妻のお宅に、またまたお邪魔させてもらいました。
これまたすっっっごーーーーーーーーーーくおいしいお料理を、
これまた遠慮のかけらもなく(すみません)めっちゃいただいて、
そして(自分が夜型なのをいいことに)深夜三時とかいう時間までおしゃべりに夢中になってしまい、
さらに優しいお言葉に甘えまくって夜そのまま泊めてもらい、
そのうえ朝からこれまためっちゃうまい『ザ・日本の朝ごはん』をごちそうになり、
しまいにはお昼ごはんまで持たせていただいちゃったという...。

ああ
至福の時でした。 (うっとり)

ほんとにほんとにいたせりつくせりで、もうなんとお礼を言ってよいか...。(と、しきりにぺこぺこしてみる...。)
てか人様のお宅にお邪魔すると、「いつも自分は何を食べているんだろう」ととても不思議になるんですが。自分の作ってる日本食て一体...。
そして自分とかけ離れた女性らしい方といるのは、ほんといろいろと勉強になります!笑
お料理がストレス解消だとか、お化粧するの好きとか、言ってみたーい。いいないいなー。
とにかくお二人とも、素敵なご夫婦でうらやましいです。(前回も言った気がするけど)
こうきさん、みゆきさん、本当にどうもありがとうございました!!

先週は

月曜は前回書きましたが。

火曜にセメスターが終わって。
水曜...の記憶はないのだが。(何したっけ?)
木曜に同僚ディブがキャロルと自分を誕生日ランチに連れて行ってくれて。
金曜はお昼食べて即、「全員撤退!」と逃げるようにスタッフ全員で職場を去り。
昨日土曜は大学の卒業式...だったけど自分には何も関係なく。


......。
て感じだった。
もっとinventory(:トレーニングルーム内の物品管理作業。それぞれの物の数を数えて、翌年のためのオーダーをしたりする)とかやることあるんだけれども、まだ野球がシーズン中だし終わるまでは待ちたいよねー、てことで全員で延ばし延ばし。
セメスター終わったばかりでリラックスモードな選手たちが、オンラインでのメディカルチェック作業等をしてくれないおかげで、自分のデスクワークもほぼ進まず。(※自分はどの選手がオンライン作業を済ませたかをチェックして、その選手が記入した中身に目を通す作業をする役)
選手どころかまず学生も構内にいない状態だし、野球部を見ているボス以外は、本当に暇してる。
「もう暇なのに耐え切れない!」てことで、金曜日に『夏にやることリスト』を全員で作ったから、きっと明日からはちょっとやることが見つかる...はず!笑


で。
今日は今週のご飯作りと。
最近オフな週末が戻ってきたので(やったー)、なんとなく週末恒例となっている部屋の大掃除と。
いらん服を整理して、ミニ雑巾を作り。
それでも時間があるから、日本に帰る荷造りでもしてみようかと思いついた。
それでクローゼットからスーツケースを持ち出したら、重いこと重いこと...。
いやーやっぱ久々のスーツケースは重いな!
て思って開けたら、

中身びっしり詰まってますけど。


......。

な、なんだこれ。

分けがわからず、十秒くらいきょとんとしてしまった。
で、中身を出しながら考えてみたんだけれども、そういえばオマハからの引越しの際に中身を詰めて、そのまま出してなかったのかも。
もしくは去年部屋を引っ越したときにつめた物かもしれないけれども、とりあえずスーツケース使う機会ないって分かってたから、いらん物ばかり入れすぎていてそのまま忘れてたんだろうな。笑
結局その物たちを処分やら整頓するので疲れて、すでに買ったお土産を中に入れただけで終わった。
しかし、本とかを持ち帰るタイミングって難しいな。あと数年くらいはここにいるつもりだから今はいいけど...。


今日は母の日でした。
実家に電話してはじめに出た父が、自分の大学院の卒業式に家族で行ってからもう二年も経つんだねえ、という話をして、ああもうそんなに経つんだ!てちょっと驚いた。懐かしいなー。
両親も初めてのアメリカ旅行で大変だったと思うけど、ずっと願っていた大学院卒業式に家族が一緒にてくれて、本当に嬉しかったな。
卒業まで至れたのも、そして今も離れた土地で自分の好きな仕事をすることができているのも、本当にお母さんとお父さんの支えがあってこそ。
お母さん、お父さん、どうもありがとう。
そしてお母さん(母の日だからね!)、お母さんの娘でいて自分は幸せです。
これからも体を大事にしてね。
来月会えるの、楽しみにしています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。