What's going on?

(2013年冬にDTIブログから移転しました。)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

準備完了、さて。

はー。
なかなか忙しかったが、いい日であった。

今日はダンスバスケ部のキャンプのカバー。
このキャンプは今週月曜から今日金曜までの五日間やってるんだけれども、自分は今日だけ。(そしたら他のスタッフの週末休みが一日延ばせるしね)
月曜にカバーしたスタッフは、お昼休みにうちのオフィスに戻ってきた途端「これまでカバーしてきたバスケキャンプの中で最悪のキャンプだ!」て言ってて。
昨日バッファローに戻ってきてから学校に寄ったときには、火曜から昨日までキャンプをカバーしてた別のスタッフが「キャンプは別にふつーなんだけれども、合間に代理でやってるボスの選手たちの世話がめっちゃ大変」とかぼやいてて。
だから、あーなんか面倒なことにならなければいいのだけれども、と思ってはいたのだけれども、したら彼の選手たちが「昼過ぎにボスが来るって言ってた」と言い出して。
で彼に電話してみたら、「あ、そうそう行くよー」て。
てことで、ボスの選手は放置しておいてよくなったから、ジムにずっと座ってキャンプ見てた。(それでも昼休み中はずっと選手のトリートメントとかして終わったけど...)

それでキャンプ見ながら、自分の休暇中に他のスタッフに面倒見てもらう選手のリハビリメニュー考えたり、フォローアップ必要だった選手を呼び出して「どうよ?」て話したり。
あとはずっと子供たちがわいわいやるの楽しく見てた。
キャンプをカバーするの嫌い!という人もいるのだけれども(自分も始まるまでは実はちょっとゆううつだけれども)、いろいろと勉強になることも多いし、さらにお小遣いももらえるし、自分はとそんなに嫌じゃない。もちろんキャンプによるけど。
それで何も大きな怪我もなく一日終わることが出来て、とてもよかった。ふー
それからほんとに昼過ぎに来たボスとちょっと話して、自分が休暇に仕事を持っていくことになって(笑)
ただ彼が、彼の選手・チームの問題がやたら多いので、「(どうせ休暇とっても連絡きたりで休暇にならないから)バスケ部がほんとの夏休みで帰省するまで自分はもう休暇取らない」とぽつりとつぶやいたときは、なんか...同情っていうか、言葉失くしました。大変だなって。

で。その後オフィスに戻って一仕事。
昨日頑張ったおかげで、一時間やっただけで帰れた!やったやったー
それで今日、お小遣い入ったし、明日はお給料日だし、キャンプの後の仕事も(今日は)そんなにストレスたまらなかったし、で「まだ頑張れる!」気がしてお買い物に行った。
洗濯も終わったし、パッキングも終わったー。わわわー


で、で、で!
いよいよ明日から丸一週間(とちょい)休暇です。
ジョージアからフロリダ一周、遊びに行ってきます。わーいわーい
ちょっと心配なこともあるけれども、とにかく全力で楽しんでこようと思います。
合間に仕事しなきゃなの忘れないようにしなきゃ。
スポンサーサイト

たらいま...。

うう...。
激しく疲れてます。(ぜえぜえ)


今日コンベンションから帰ってきました。
朝五時にボスと同僚とホテルを出て、セントルイスを出たのが七時前。
それで(いろいろと危うい状況を乗り越えながらも無事に)昼前にバッファローについて、自分はそのまま学校へ。
結局四時間ほど仕事をしてきたのだが、これで疲れがほぼマックス。
家にふらふらしながら帰って即寝た。
でそれから...ていうのを書くのは面倒なので、もうとにかくとばします。

セントルイスではとってもいい時間を過ごしてきました。
今回は自分のbuddyのはっしー(と当人がどう思ってるか気にせず勝手に言ってるけど)が来なかったから、もう一人でクラスに行きまくってやる!とか思ってたけど、結局クラスも結構行けて友達ともぶらぶらできて、と充実してました。
二日間とちょいの滞在だったけれども、今回一緒にホテルの部屋をシェアした早大卒仲間のまりえちゃんや、UNOの同級生や先輩・後輩たち、前に知り合った日本人ATCのみなさんとも会って、そして千秋先生を囲んで早大ミニ同窓会もできて。
とても楽しかったです。えへ
そしてもっと頑張ろうという気持ちももらってきました。
(でも今日仕事してて何度も「あーもうだめ」モードになったけど...。)

今日のうちにちょっと仕事を進めてきたから、明日は多分四時間も作業しなくて大丈夫なんじゃないかなと思ってるんだけれども。
明日はその前に、朝から夕方まで男子バスケのキャンプがあるんですよね。
だから結局自分の仕事をするのはその後になるわけで。
......。
あー (すでにゆううつモード)
その翌日土曜日から自分旅行に行くのですが、でもほんと、去年の夏同様ぼろぼろの状態で行きそうな予感が既にしている。
......。
ああーっ (むしゃくしゃ)
でも絶対行ったら楽しいことばっかりだし、そのためには頑張らねばならないのは当然なのだ。自分で自分の首を絞めている感はずっとあるけれど!
来月半ばにはっしーが遊びに来てくれるかもとか言われて、それも今からうきうきしてるけど、ほんと今年の夏は遊びと仕事がたいそう忙しいな...。
とりあえず寝ます。写真あとでアップできたらいいなー。

テンパってます

あー

あーーーっ

どうしよう。


今日久々にボスと別の同僚と再会。三週間ぶりか?
ほいで職場にいるのはとっても楽しかったんですが。
そして少し仕事も進んだし、話したかったというか相談したかったこともいろいろ済んだんですが。
どーしても、どーーーしても、なんか見過ごしてるというか終わってない感が抜けない。いや、まあ、ほんと何も終わってないんだけれども...(そして終わりは実際事が起きるまで見えないのだけれども)。

「今日やるぞ!」て言ってた新入生の脳震盪テストをすっかり忘れてて、みんなが「テストー。」て来たので思い出したり。
仕事終える間際になって「返事くれ!」ていうメールがどどどときたり。
家に帰る車の中で、今日やっておけばよかったじゃん!ていうことを思い出したり。
仕事終わって家でお昼(※そのとき午後五時過ぎ)食べてたら、コーチから選手が怪我したとかで呼ばれたり。
で。
「こんなんで明日からおでかけできるの自分!」とか思ったけれども。(でも行っちゃうけど)
それでもそういうのはなんとかなりそうな気がしてる。

それよか。
正直今一番心配なのが、七月に帯同することになってるHaudenosaunee Nationラクロスの北アメリカ大陸大会。
これカナダだから、自分のLiabilityとかどうしたらいいんだろうとか、カバーされるんだろうかとかいろいろ分からなくて。
うちのボスが何度も国際大会に行ってるの知ってたから聞いてみたんだけれども、彼は帯同した大学やチームのliabilityで全部カバーされてたんだって。
そうそう、そうやってちゃんとした組織が出来上がっている団体なら、そうなるんですよね...。自分も自分の雇用者である大学のチームに帯同するなら、うちの大学のliabilityで全部カバーされるので心配ないんだけれども。
Haudenosauneeもちゃんとした組織ではあるのだけれども、恐らく米国代表チームのようなしっかりとした組織ではないような気がする。規模が小さいだけかもしれないけれども。
幸いにも、同じ大会に来る米国代表チームのアスレティックトレーナーさんと連絡が取れて(いい人!涙)、それでちょっと行き先は見えたのだけれども、それでも「ほんとにこれで大丈夫なのかなー?」て感は抜けず...。大会・試合会場での諸々の疑問や心配点も含め、まさにknocking on woodのまま行くようになりそう。
むーん。なんとかすっきりしないもんかなあ。
てか自分のことでいっぱいになっちゃってるのも申し訳ないが...すまん選手たち。愛情と時間はいっぱい注いでいるよね(きらっ)

まだ時間があるように見えるのだけれども、自分が今週末から出かけちゃうから、それもあって心配なんだよねえ。(それでも遊びに行く自分は楽観的なのかなんなのか...。)
とりあえず明日からミズーリ州はセントルイスに行って。
母校UNOの同級生や後輩ちゃんたちと会ったり、千秋先生と他の早大卒業生たちとごはんしたり、もちろんちょっとクラスにも行ったり無料配布物もらいまくってきたり。
してきます!

特急旅話

どうも。
鬼のような一週間でした。
久々にすごいストレス感じて、「ああなんとか一週間終わった」と思った瞬間、ご飯をお呼ばれした高野夫妻のお宅でダウンしました...。こうきさんみゆきさん、ご心配おかけしてほんとごめんなさい......。
だもんで、ほんとは今日扇風機を買いに行こうと思ってたのだけれども、とりあえず家に引きこもりです。(いつものことなんだけど)
そんな昨夜から12時間くらい寝てさっき起きたわけですが、それからカウチでぼーっとしながら、やっぱ先週結構疲れてたのかもとか気付き始めた。
あー
寝てるの暇だからDVDとか見たいなー。Ryan Goslingの映画探しに行きたい。(←こう思える程度の元気はある)


さて。
自分の日本一時帰国の話。かなり簡潔だけど。
ほんと約十日間ていう帰国はすごく短かったけれども、おかげでとても実の詰まった旅行になりました。会ってくれたみなさんどうもありがとうございました。

6月4日(帰国前日):クビになる。

 (もちろんジョークだけど。うちの職場でよくクビ合戦やる)

6月5日:バッファローの空港を飛び立つ。

6月6日:夜に羽田に着く。母に拾ってもらう。実家に帰るには遅すぎ(て電車もなかっ)たので品川で一泊。

6月7日:実家に帰る。念願の美容室にて三年ぶりに人に髪を切ってもらう(じーん)。歯医者で虫歯発見される。
ほいで夜に父と再会。母の実家でのそのそする。

6月8日:とっくの昔に切れてた日本の運転免許を更新に行く。その後お昼に寄ったデニーズで感動する。

6月9日:弟が実家に帰ってくる。家族みんなで買い物に行く。

6月10日:三年前に亡くなった祖父のお墓参りに行く。

 (やっぱりまーくんと似てない。)

そのまま仙台に戻る弟と別れ、東京に用事のあった両親と一緒に自分もおでかけ。新宿で大好きないとこに遊んでもらう。

 (ちゃんとした写真も撮った気するんだけど...。)

それから新幹線で広島に向かい、ひんたんと再会。待ち合わせが殊に微妙すぎて、嫌な空気が漂う。

6月11日:実は自分がアメリカに渡って丸五年が経ったことに気付く。
昼間大学院時代にお世話になったともみさんと、ひんたんと三人で会う。叙々苑でうまい肉をたらふく食べさせてもらう。
その後ひんたんと二人でぷらぷら。リサイクルショップで売ったひんたんの服たちが思わぬ高額を記録し、二人でうきうきする。マカロンのお店とお好み焼きやさんに行ってまたたらふく食べる。

6月12日:朝にひんたん宅の掃除とか手伝って(たしか)、昼過ぎに東京に向かう。ひんたんの持ってるサッカー日本代表ユニフォームのレプリカがうらやましすぎて、着て写真を撮りまくる。

 (サッカーなんて見てないじゃん...)

その夜は大学時代バレー部で一緒に学生トレーナーをしていたかおるちゃんと、一緒のゼミだったみわちゃんと三人で、「おっさんっぽい居酒屋に行こう」とわんこのいる居酒屋で飲み語る。(※この三人での飲み会は『あっぱれ』という名称を持つ。千秋先生公認。)

6月13日:かおると二人で所沢キャンパスに千秋先生に会いに行く。毎度のことながら会いに行く約束を(たぶん)忘れられてて、会った瞬間「わっ!なんでいるの!なにしてるのこんなところで!」と驚かれる。
とりあえず新しくできた教室棟と、そこに新しくできたクリニックに行く。そこで千秋ゼミ十期生の授業を見る。

    

で、その後「よし、じゃあ寿司でも取るか!」と先生に言ってもらうも、結局懐かしの食堂(て言っても卒業後は専ら教員食堂でごちそうになってるけど)でお昼ご飯をごちそうになる。わーい

 千秋先生ー。

ついでに、キャンパス横に新たなペットを発見。「あっアナグマだ!」て適当に言ったら、本当にアナグマだったと言う奇跡。

 聞いたらなんか病気持ちかなんからしい。がんばれあなぐま...

その夜はバレー部の同期と韓国料理。久々に恋愛話とか聞いて新鮮。そしてみんなOLぽい...かわいいなー。

6月14日:二晩お世話になったかおるに別れを告げ、大学時代スタバでお世話になってたあべさんに会いに行く。もう結婚しててあべさんじゃなくなってたけど...。
それから大学ゼミの同期のそんちゃんに会う。てかもう理学療法士になって三年も経ってるんですかあなた...ていう事実を知る。
そのまま夜実家に帰る。なんか咳が出始める。

6月15日:前の夜から咳が止まらず眠れなくなり、朝一で医者に行く。気管支炎と言われて薬をもらう。寝込む。
そんな状態だったけどもう翌日実家を出ることになっていたので、祖母や叔母一家に挨拶に行く。

 (自分終わってる顔...ごめんねみんな。)

6月16日:朝に父をお見送りして、昼過ぎに実家を出て東京へ。叔母×2といとこと一緒にご飯をごちそうになる。夜は羽田空港内に新しく出来たカプセルホテル式のなんちゃらに泊まる。それまで日本滞在中滅多に出会えなかったWifiがあるのに興奮して眠れなくなる。

 両親ー。

6月17日:結局徹夜でふらふらしたまま母に見送られ、なんとか飛行機に乗る。(※お母さん、写真まだパソコン移してないから載せてないけどごめん)
めっちゃ気持ち悪くなって「絶体絶命」の四文字が頭に浮かびまくるも、なんとかデトロイト到着直前に持ち直す。デトロイトの空港で、一人マスクをして体育座りで次の飛行機を待つこと四時間、変な視線を浴びまくる。ごほごほ

昼頃帰宅。洗濯と荷物整理をしていたら夜になる。時差ぼけもなくすやすや寝る。

6月18日:朝から仕事復帰、英語生活に戻るんじゃん!てことに気がつく。意外に支障なかったので我ながらちょっと驚く。(たぶん帰国前とかも普段あまりまともに英語しゃべれてないからだと思うけど。だから悪くなりようがないっていうか。)


そんな感じでした。

今週末、ていうか今日明日が休みで、月曜にまた仕事に行くんだけれども。
したら火曜日から木曜日までセントルイス(ミズーリ州)に、NATA(全米アスレティックトレーナー協会)のコンベンション。
金曜日は男子バスケ部のキャンプをカバーして。
したら土曜日から九日間遊びに行っちゃうんですよね。
......。
このまま↑だと、仕事(自分がやることになってる仕事。主に今は書類・メールの処理)する間がないんですよね。
てことで結構、ほんとに結構やばいから、木曜の午後戻ってきてからちょっと出勤して仕事するか...て思ってるけど、それで終わるだろうか。ああ。
終わらないのは自分のせいじゃなくて、完璧選手のせいなんだが...。
この仕事、本来なら自分が日本帰国前に終わっているはずなのだが......。
まあいいや、とりあえずもう週末は仕事のこと忘れさせてもらいます。へっへっ

旅ばなし、...の前に。

今日こそ先日日本に一時帰国したときの話をしようと思っていたのですが...。
昨日今日とほんとにいろんなことがありすぎて、ちょっと思い出に浸れないので(いやまあ浸る必要もないっちゃないんですが)、とりあえずその話を。
ちなみに仕事の話です。例によって私生活に身が入ってないので。


昨日は。
二週間ぶりに職場に行った。
ボスが自分と入れ替わりでバケーションを取ることになっていたのは知っていたのだけれども、行ってみたら自分のほかにはもう一人のスタッフしか来なかった。ああみんな休みなのね今週...。
それでこの日は、ボスと自分の担当している男女バスケ部の一年生のフィジカル(:チームに合流する前の健康診断。これで医師から許可が下りないと合流できない)がある予定だったのだけれども。
自分が日本に帰る前からフィジカルを行う日程に関してはボスと話していたのだけれども、なかなかうちのチームドクターと予定を合わせられない云々で、結局決まる前に自分が帰国してしまって。
まあでもボスも前々から休み取るってなってたんだから、自分に何も連絡なかったけど(※うちは休みを取ってるスタッフには用事があっても極力連絡をしないという傾向がある)、今日来てるスタッフは何か知ってるだろう。
と思っていたら、なんと彼も知らなかったっていう(笑)
...て、いや、結構笑えなかったんだけれども。
それで二人でがさがさ、ボスの机をあさってフィジカル日程のクルーを探してみたのだけれども、結局何も手がかりはなし...。いやいやいや(笑)
仕方なく彼がボスに連絡をしてくれて、夕方にチームドクターがトレーニングルームに来てくれることになってることが発覚。
それでうちの子たち、女子部の一年生は無事全員オッケーが出て、この日の夜から始まった夏の“自主練”(※NCAAの規定で夏の間女子バスケのチームとしての練習は禁止されている。男子バスケは今年から規定の時間内での練習が許可された)に参加できることになったんだけれども、男子部の子が現れず。結局忘れてたらしい。は?て感じだったけど...。
男子バスケはあらゆる面で“別世界”だから、その新入生の忘れちゃった事件のおかげで、その後コーチたちに話に行って、ボスから電話が来て、ドクターと話して、云々...。
はあ。
ちなみに、そんなばたばたの合間に、自分の女子バスケ部のコーチのオフィスにお土産のクッキーと梅酒を渡しに行った。
そこでコーチ陣とたまたまいた選手たちに「さみしかったよー」ともてもてされ(←こういうの“社交辞令”だと思ってても喜んでしまう自分)、ヘッドコーチが「ちょっと!これはツイートしなきゃ!!」と言ってツイッターでツイートしてくれたのがこれ。↓

 わーありがとうございますー

(てか自分何してんだろこのポーズ...。)

で選手(とついでにコーチにも食べてもらおうと)にはうまい棒持って行ったんだけど、これがなかなかの...微妙な反応であった。
お、おいしいじゃん!!!!!
その反応が悔しすぎたので、今日チロルチョコを持って行ったら、こっちはなかなか喜ばれたっぽい。むむ、難しいな...。


して、今日は。
昨日一緒にいたスタッフが、家族を医者に連れていかなきゃってことだったので、「どうせそんな忙しくならないから職場来なくて大丈夫だよ」て言って、一人で一日働くことに。
したら。
どっかの親御さんから電話が来るわ。
鬼のようにメールが来るわ。返しきれないくらい来るわ。
男女バスケ部の選手が次々現れるわ。新しい怪我持ってくるわ。
昨日やらかした(失礼)新入生のフィジカルのことでボスから電話が来るわ、スタッフから電話が来るわ、テキストが来るわ、医者に電話しなきゃだわ。
わーわーわー
で、
さらに、
チームの重要選手が、まだ全然シーズン近くでもない今から、今シーズンレッドシャートになることが発覚。
(※その話をコーチとしたときは、もう二人で「It fu*king sucks!!!!!!!!!!!!!」と叫びながら床をごろごろ転げまわってしまいました...はあ。)

ちょ、ちょ、ちょ、
ちょっとーーーーーー!!!!!!!!!


...てことで、勤務時間いっぱい働いてさらに残業みたいな感じになって(夏なのに、ありえん!)、それでなんだか頭がぽーっとしたまま帰ってきたら。
台所の引き出しを何気なく開けた瞬間、いつからいるのか分からないブロックチーズと遭遇。


......。

えーと、
こ、こんにちは?


完璧二週間以上はいるよね、こっち戻ってきてからチーズなんて食べてないし...。
なぜ、どうして、そしていつからいたんだ君は...。
申し訳なかったけれどもさようならしました。ちゃんとラッピングはしてあったんだけれども、中開けられなかったよね怖くて。

あー
明日もなんだかんだでやることが溜まってる...。
それでも今日よりちょっとは落ち着いたらいいなー、忙しいの好きなんだけれども、やっぱり物事はきちんと片付けていきたいし...。

たらいまアメリカ

日米共通(世界規模では知らないけど)・父の日である今日日曜日に、アメリカに戻ってきました。
朝羽田を出る飛行機が午前七時前とすごく早かったので、前夜から母とホテルに併設してあるカプセルホテル(ていうとイメージあまりよくないけど、実際全然それと違った!きれいなだけかもだけどいろいろ新しくて驚きました)に泊まって、翌朝の今日も母がお見送りについてきてくれました。
自分徹夜で飛行機乗って激しく後悔した。もう若くないのだ...うう。
とにかく無事に着きました。
で、そのままの勢いで荷解きと洗濯が済みました。
てか!
なんでこんなに暑いんだようここ...今年猛暑なのかなあ。

日本で面倒を見てくれたりいろいろ付き合ってくれた家族、友達、先生たちみなさまに感謝感謝です。
あともちろん、自分が留守の間に自分の選手を見てくれていた(であろう)スタッフのみんなにも。
どうもありがとうございました。

で、
撮った写真を両親に送ったりとか、ブログとかにも載せたりとか、いろいろしたいのだけれども、
もう明日も朝からやることいっぱいだから(てか仕事だしそもそも)、今日は時差ぼけを生まない程度に早く寝ようと思います。
とりあえず11時までは絶対起きなきゃだと思うんだよね...。

自分不在の間のこと全く分からないので(※日本いる間にスタッフに一度用事でメールしたら「心配すること何もないしあっても自分らがどうにかするから、戻ってくるまで仕事のメールチェックもするな!」て返ってきた笑)、なんだかいろいろ心配っていうか落ち着かないけれども、とにかく明日出勤したらぱっと仕事モードに切り替えられるよう頑張ろう!

たらいま実家

今金曜の朝なんですが。
もう五年前になるけど、日本で運転免許をとったまま半ば放置する感じでそのままアメリカに居座ってたので、もう免許が切れてだいぶ経ってた。(何度も帰ってたのになぜ更新しなかったんだろう...。)
てことで今これから免許センターに連れて行ってもらって、更新。講習とか受けるらしい。
母と「これ実技とかあったらほんと終わるね」て言ってますが、ほんとやばいと思う。
二日目でもう左側通行とかちょっと慣れたけど、自信はないわ...。


昨日実家に帰宅しました。
父が駅まで迎えに来てくれて。
また自分の健康保険証が家出してて。
だもんで市役所行って、それから日本の携帯変えたり(ポイントがめっちゃ溜まってたので、という言い訳)、髪をやーっと切りに行ったり(これがめっちゃ楽しかった。そしてプロの手に感動)、うちのお隣の歯医者さんにご厚意で時間外治療してもらったり、夜は母の実家でお夕飯てんぷらとかごちそうになって。
であとは実家で両親とぽけーってしてました。
てことで、とても充実した一日でした。わーいわーい

たらいま

日本時間の六日の夜に、無事羽田に着きました。
時間が遅かったので、今日は母と二人でホテルに泊まって明日実家に帰るんですが。

「帰る前にバーガー食べたいな」と思ってバッファロー空港でハンバーガー食べたんだけれども、
今日ホテル着いてから母とご飯に行ったのが、『本場アメリカ』を名乗るTGIFていう。
......。
日本のほうが旨いて聞いたけど、よく分からんかった。アメリカのTGIF一回くらいしか行ったことないし。
明日からはいよいよ日本ぽいもの食べます。わわわーい


デトロイトからの飛行機が13時間だったんですが、
乗ってから映画の選択肢が結構あることが発覚し、
さらに映画を見続けてたら、先日見た『The Notebook』ていう映画(テレビで見たんだけれどもよかった!)で一目ぼれしたRyan Goslingが出てる作品と出くわし、
それで興奮しすぎて九時間くらいぶっ通しでいろいろ観まくってました。
あー
楽しかった。(予想外に満足した空の旅)


短い間だけれども、楽しみたいと思います。

一時帰国します。

早くバッファローの空港に着きすぎた。
でも空港内フリーwifiなんですよね。ありがたや

預け荷物でスーツケース一つ持ってたんだけれども、チェックインの時に「預け荷物二個まで無料」て出てきて。
はっ?
そ、そうなの??
いやーまあ自分一人で運ぶていう問題があるから、スーツケース一つでいいんだけどさあ。
デルタに常識覆された感。(一個目から有料にしてる航空会社もあるし)



昨日思いがけず仕事でばたばたして、
帰り際にうちのスタッフとコーチ(コーチわざわざきてくれたんだけど帰る日覚えてたのにびっくりした)がハグハグしてくれて。
で今日空港に着いてやっと帰るって実感が湧いてきた!
わーわー。
楽しい帰省になりますように!

最終日、とパッキング

六月になりました。

今週末は例のHaudensaunee Nation女子ラクロスチームのトレーニングキャンプで働いてました。
めっちゃ寒かった...。
先週木曜辺りから急に寒くなって、しかも連日雨っていう。
まさか六月にコールドギアにジャケット二枚はおって、その上に自分の持っている中で一番分厚いウィンタージャケットを着ることになるとは思いませんでした。
いやはや。

前回のトレーニングキャンプのことを書いたとき、七月に北アメリカ大陸大会があるって書いた気がするんですが。
うちのボスとも話していくつかの条件を出して、その条件をみていただけるようならばぜひ帯同させてくださいというお返事はしてあったのだけれども、したらこの帯同の際にかかる旅費やらLiabilityやらに関してチームが補助をしてくれることになったと連絡をもらい、
「もしまだ興味があればぜひ一緒に来てください」て言ってもらった。
わ!
どうしよう。
明日うちのボスと、今回のお返事を踏まえてもう一度話してみようと思います。
どうなるかな。

それで今日そのキャンプが終わってから、お土産の買い忘れてたものとかを買いに行った。
三時間くらいかかったけど、ようやく「これだけあれば足りるんじゃないかな!」て思えるブツが揃いました。
でもその量が結構半端なかったので、パッキングがすごく不安になったんだけど...。


パッキング、二十分で終わった。


......。

なんだ。
やっぱ早々に諦めて機内持込用バッグを増やしたのが賢かったんだと思う。
てことで、帰る支度は万全。
パスポートも、ビザも、ビザ申請時の書類はいつも持ち歩いてるし、きっと大丈夫。
(とか言いつつ内心ちょっとはらはら)


明日は朝から仕事に行って、
ボスとか他のスタッフとおしゃべりして、
(選手に「6月1日までにやっとけよ!」と連日詰め寄ってた作業が結局終わってなかったのでその)諸々の処理と、
見てる選手全員に「国を離れるからテキストとかしないでね!」て連絡して、
あとコーチに「いなくなるんで何かあれば他のスタッフに押し付けてください」て話に行って、
......。
後はもう、他の面倒がないことを祈るばかり。
あーいよいよ日本だ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。