What's going on?

(2013年冬にDTIブログから移転しました。)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Self Appraisal

今朝、持っている健康保険で課されている年一回の健康診断(去年行かなかったな...知らなかったんだもん)のために、自分の大好きなチームドクターさんに会ってきた。
背が伸びてた。わーいわーい


毎年話してる気がする、苦手なSelf appraisal。自己評価です。
自分で自己評価したものと、上司(自分の場合はうちのボス、ヘッドトレーナー)が自分について評価してくれたものを持って、一緒にミーティングするの。
前々からボスからは「今頑張って終わらせてるところだけど、別に悪いとこないから~」と言われていたのだけれども、いざミーティングとなるとなんか緊張...。
一年目が思いのほかうまく行き過ぎてしまった後の去年二年目は、自分の反省点がいっぱい、自分の未熟さを見すぎてすごく一年間辛かった。自分が悪いんだけれども。
だから今回のself appraisalは不安と言うか、とりあえずネガティブの塊だった。
とりあえず今日、そのミーティングをしたんですが。

ミーティングはすごいよかった。
評価自体がどうこうと言うよりも、いろいろとアドバイスをもらえたし、今年度の話も出来たし、今聞けてよかったと思うフィードバックもいっぱいあった。ぐすん
うちのボスは、いつも忙しいけれども、必要な時はいつでも部下のために時間を作ってくれる。あと多分言い方が上手なんだと思う。
去年も何かあるごとに何度も相談に乗ってもらったりしていたけれども、やっぱり全てのことが過ぎて、自分の考えがいろいろとまとまった今改めて話したら、自分や物事に対して違うアイデアが浮かんできたり、すっきりになったり、うまく言えないけどよかった。

最後に「人事部の人にグリーンカードのことを話してる」と言われて少し驚いたというか戸惑った。
自分が知っている限りのグリーンカード申請必須事項(お金とかバックグラウンドとか)は現実的に難しいし、それほどの犠牲を出してまで欲しいとはどうしても思えないんです、て自分がもごもご言って、じゃあとりあえずまた後で話そうと言われて終わった。


今年度の改善点ははっきりしているし、もっとこうしたい、っていうのをどうしたら実現できるかというのも少し見えてきた気がしたし、
去年のことを繰り返さないように、自分自身もっと準備しておきたい部分もいくつもある。
シーズンが始まるまであと一週間も無いけれども、残された自分の時間を楽しみながら、いろいろ考えを整理したいと思います。
スポンサーサイト

夏の思い出、七月編・その2

遊びまくった日々の記録、七月編のフロリダ旅行の途中から。


翌日火曜日のお昼過ぎにマイアミに到着。
去年もマイアミに来ましたが、ビーチでぶらぶら、町もちょっとしか見てなかったので、今回はマイアミをたっぷり楽しもうと、ビーチのすぐ近くのかわいいホテルを予約してあったのだけれども。
ホテルに着いたら、チェックイン時間厳守だからまだ入れませんよ、と。
てことで、ビーチ周辺をぶらぶら、カフェに寄ったりして時間を潰し、やっとチェックインできたので、ホテル所有のプライベートビーチへ。
...行ったら、「ビーチチェア等の貸し出し時間は終わりました」とあっさり言われて萎えたので、そのままお夕飯へ。
フランス料理(だっけ?)の小さいカジュアルダイニングレストランに行ったのですが、ここがすごくおいしかった!わわわ
帰り道にビールを買って帰ったのだけれども、疲れすぎていて飲まずに寝てた。

水曜日。
今回の旅行の目的の一つ、「海で朝日を見る!」を実現すべく、朝五時半に起きてビーチへ。
...結構曇があるし、ていうか沖のほうに雷光まくってるけど...。
てことで、絵のような朝日は見られなかったけれども、雲の合間から見える太陽とか、薄暗い中の海とか、すごいきれいだった!
強風の中フリスビーしてみたりしながらコーヒーを買いに行き、もう一眠り。
チェックアウトする前にホテルのプールを楽しまねば!とひなたぼっこしに行き、それからマイアミのダウンタウンへ。
この日のメインイベントは、夜の『マイアミ・フードツアー』だったのだが、それまで時間を潰す必要があったので、とりあえず今年のNBAチャンピオン・マイアミヒートの本拠地を見に行き、ついでにその横のショッピングモールをうろうろ。
それでも時間がありあまっていたので、サウスマイアミのビルバグスケープ・ステートパークへ。
ここは小さいビーチがいっぱい連なっていて、釣りポイント、野生のマナティポイント、キャンプポイント、などいろいろできるとこ。灯台が見所だった気がする。
とりあえず散歩して(というか灯台まで行こうと歩いていたのだけれども、結局灯台の周りは柵に囲まれていて近づけなかった)、ビーチでちょっとごろごろ。海の水がマイアミビーチとか違う色だった!去年フロリダキーズで見たような、緑っぽい青、すごい透き通ってるの。
残念ながら野生のマナティには会えませんでした。あと野生のわにも...。(しょぼん)

で!
夜の「マイアミ・フードツアー」。マイアミのおいしいもの巡りです。
アールデコの建物の並ぶオーシャンドライブ周辺にある、七軒(だっけ?)のレストランをめぐりながら、町の歴史やマイアミならではの南米文化を学び楽しむツアー。
参加費一人$59(自分たちはたまたまクーポン見つけて$49)をオンラインで払い予約が必要なんですが、行く先々でいちいち支払い(もちろんチップも)をする必要がないのが、とっても楽ちん!行って食べて、そのまま去るだけ。(※最後にガイドさんにチップを払う必要はありますが。もちろん、レストランで自分たちでエクストラで頼んだお酒は自分たちで支払う)
参加者は自分たちを含め14人、アルゼンチン生まれと言うガイドさんに連れられて、シーフード、コロンビア・キューバ料理(お酒も!あとあのコーヒーどこのだっけ?すごい変わったコーヒーと出会った)、出来立てのモッツァレラチーズ、ユダヤ教に伝わるクッキーなどを食べて、最後はおいしいジェラートでおしまい。
いろんなレストランで一品料理を楽しめて、さらにマイアミビーチ観光の裏情報(どこの駐車場が一番安いとか笑)、町の歴史とかも知ることができるし、なんと言っても行く先々が結構いい雰囲気のレストランばかりというのが素敵でした。
そういえば、止まったうちの一レストランで、「ここのモヒートはマイアミで一番だ!」と言われたから飲んでみたけれども、めっちゃ強かった。隣に座っていたご夫婦と、「こ、これは強いですね...!(ひー)」とびっくりしてた。
ツアーの後、おなかいっぱいになったのでちょっとオーシャンドライブを散歩。セクシーなお姉さんがいっぱいいる楽しそうなバー(←二箇所あったんだけど、ガイドさんに「ちょっとはっちゃけて“薄着したい”時はここよ!」と言われたけど、たしかにそんな感じだった。ビデオを撮ってる殿方がいっぱい...。)を垣間見つつマイアミを離れ、少し北上したところで一泊。

木曜日。
午前中にデイトナビーチへ出発。
この日も風が強かった!波が結構立ってた。
去年同様、波でわーっと遊びました。どんぶらこどんぶらこ
遊んだりビーチでぼーっとしたりして、二、三時間ほど過ごした後、ジョージアのおうちに向けて出発。夜中一時過ぎに着きました。
日焼けする!とか言ってたけど、(去年一気に日焼けして痛かったので、今年は「プールとビーチではちゃんと日焼け止めを塗る」ルールが作られたため)結局ちょっとだけ焼けただけだった。

金曜日。
昨夜遅かったので、午前中はゆっくり。そして昼寝もたっぷり。
夜は、近江くんのルームメイトさんたちとアトランタ・ブレーブス(野球)の試合を見に行きました。
相手はシンシナティ・レッズ、リーグ最速のボールを投げるピッチャーと、一番の打者を率いるチームだったのですが、いやー、それでもまさか負けるとは思わなかった。ていうか完敗...。最後の方は結構よかったんだけどな。
でもビールとホットドッグがおいしかったからいいや。楽しかったです。

土曜日と日曜日は、ほんとゆっくりしてました。はるかさんと韓国料理行って(そういえばその一週間前には一緒にインド料理にも行ったんだった!)、近江くんに餃子を作ってもらって自分はひたすら食べて、フローズンヨーグルトのチェーン店・ピンクベリーに通って、わんこと仲良くなりたいと忍び寄って(←こういうのが動物に好かれない理由だと思う...。チャーリーは寄ってきてくれたけど)。
あっと間に十日ほどが過ぎて、また飛行機に遅れられながらも無事バッファローに帰り。
翌朝から通常通り、仕事に行きました。現実に戻るのは早かったな。
いつもながら、面倒見てくれた近江くん(にいろいろ申し訳ない気持ちがあるが(炊事洗濯運転全部任せきりだったし)、とにかく)ありがとう!
来夏は近江くんが卒業してジョージアから離れている可能性もあるし、てことでもうフロリダ行くことあるかは分からないけれど、いつでもフロリダのビーチは行きたいなって思った。やっぱり海とか水、大好き。
今年は仕事でフロリダ最低二度行くんですが、まったく楽しみじゃないよね。(へっ)


そんな感じで、遊びまくりの夏を過ごしていました。
まさに、(前も言ったけど)サンクスギビング、クリスマス、冬休み、大晦日、正月、春休みの全部を総括したひと時でした。
楽しかったな...。すごく輝いて見える日々よ。

明日からまた仕事頑張ろう...。

夏の思い出、七月編

前回の六月編に続き、七月編です。
あと数日で八月なんて信じられない。とりあえず七月もあちこちしました。


ほぼ毎年NATA年例総会の後には、そこで会っていろいろ話を聞かせていただいた先輩方にメールをするのですが、早稲田組で会ってご飯までごちそうになったワシントン・ウィザーズの晃一さんからの返信メールで、「独立記念日、遊びに来ませんか?」と言われ、いつかはDC行ってみたかったのもあり遊びに行くことに。
メールを受け取ったのが独立記念日の前日、そこですぐ飛行機のチケットを取って「この日程で大丈夫でしょうか?」と連絡し、ほいでその翌朝に飛んだという、まさに弾丸旅行。(そんな感じだったのにも関わらず快く迎え入れてくださった晃一さんに感謝し切れません...。)
ワシントン・ウィザーズの練習施設、ロッカールーム、トレーニングルームを見せてもらって、トレーニングルームでは「AlterG」というずっと気になっていたトレーニング器具で遊ばせてもらった。
AlterGは、風船の中にトレッドミルがあるような器具。“風船”の中に入る空気率を変えることで、下肢にかかる体重を変えることができる。存在自体はずっと知っていたのだけれども、これ値段が高いから、一度もお目にかかったことはなかったんだよね。プロチームだけでなく、でかい大学にはばんばん置かれちゃってるらしいけど。
今回、患者であるNBA選手に合うサイズしか装着パッドがなかったのだが、奇跡と言うかで自分にぴったりはまったので(あった中では一番小さかったけど...。)、遊ばせてもらいました。
ふわふわですごく変な感じだった!でも水中で走るより簡単。これいいなー。
器具などを見ながら、どんなリハビリ・治療を行っているのかを聞いたり、その中でこれまたずっと気になってたコンセプト(ていうの?資格?)について教えてもらったりして、すごくおもしろかった!
それからご飯を食べに行って、とかしていたら、夕方のナショナルモールで開かれる独立記念日コンサートまで時間があまりなくなって、「じゃあ走って観光しに行こう!」ということに。
ほんとにランニングついで、みたいな感じで、有名な建物、モニュメント、遺碑などを見に行ってきた。映画とかテレビで見た建物、FBIとかにミーハー熱沸騰。(わふわふ)
夜は、議事堂の階段に座ってコンサートと花火を満喫。(花火を見るのが第一目的の人は、四時間以上も前から花火の上がる池の周りに場所をとり、コンサート目当ての人は議事堂前に行くらしい)
コンサートの司会進行のおじさんがよく知ってるタレントで(名前忘れたけど ←よくある)、コンサートも何人か知ってる大物歌手の人たちが出ていたから、ほくほく。
お夕飯はラーメンやさんに連れて行ってもらって、フローズンヨーグルトを食べながらまたいろんな話を聞かせてもらったり進路の相談にも乗ってもらったりして、とても充実した一日を過ごしました。
(めっちゃ余談ですが、このときはたしか桃味かなんかのフローズンヨーグルトを食べたのですが(これもおいしかったんだけれども)、この後ジョージアでフローズンヨーグルトを食べた時から、一番うまいのはプレーン味だ!ていうのを学びました。)

で。
翌朝、めっちゃかわいいパン屋さんに寄りながら、新しくできたというマーティン・ルーサーキングJrの像、あと春には日本の桜が広がる池を見に行き、そのまま空港に送っていただきました。本当にお世話になりました、どうもありがとうございました!

DCの空港(正確にはメリーランド州バルチモア空港)で、バッファロー行きの飛行機を待っていたら(ジョージア行きのチケットはもっと前に買ってあったので、バッファローに戻らなくてはならなかった)、あれ?なんか見たことのある人が...。
去年の夏にホーデンショウニー国家チームに帯同して行った、女子ラクロス北アメリカ大陸大会で会った、チームUSAのアスレティックトレーナーさんだった。(ちなみにチームUSAはこの北アメリカ大陸大会の優勝チームだった)
そういえば、女子ラクロスチームUSAがうちの大学のフィールドで練習してからワールドカップに向かうと聞いたな、と思って(うちの現女子ラクロスヘッドコーチがチームUSAのマネージャー)、ちょっとおしゃべり。(後から「普段着でいるところで声かけるんじゃなかった」と後悔した。ふつーの格好だったけど...)
この約二週間後、チームUSAはワールドカップで優勝しました。そのすごさは去年目にしたが、いやはや、さすがだな...。


バッファローの空港に戻り、空港内でお昼にバッファローウィングを気持ち悪くなるほど食べ(なんで十本以上も頼んだんだろう...)、夜にジョージア州はアトランタへ到着。
数えたら過去三年の間にもう七回ほど行っているアトランタですが(う...。)、毎回なぜか行きはぐっている「梅園」というおいしい日本食レストランにこの日やっと行けた!わーすごい、ほんと日本。ただ、お昼のウイングのダメージが大きくて、あまり食べられなかったのが残念だったけれども...。
その翌二日くらいは、旅の計画を立てたりのんびりして(フロリダに行く!ていうのは予定していたけれども、ちゃんと中身を計画してなかった)、月曜の早朝にフロリダ州はオーランドに向けて近江くんの愛車で出発。
オーランドには、ディズニーワールドやユニバーサルスタジオなど、ほんとに大きなテーマパークがそろっているのですが、そこにある大きい水族館施設がシーワールド・オーランド。
そのシーワールドの横にあるウォーターテーマパーク、アクアティカに行ってきた。
なるべく長居したいが敷地内の食べ物は高そうだ!てことで、駐車場でホットドッグを食べ、四時間くらいの間に(ちゃんと数えてないけれども)七種類くらいのスライダーを全制覇。わーいわーい
角度とかすごかったけれども、それよか、日本の制限体重をはるかに超える数字に、「スライダーのねじとか弱まってないんだろうか...」ていうスリルの方が大きかった気もする。
わーって滑って、疲れたらビール飲んで散歩か、流れるプール(←浮き輪も流されているから、自分たちで持っていく必要がないのがよかった。しかも高速バージョンもあっておもしろかった!)で浮き輪の上でぷかぷかして、ってしながら、久々のプールというかウォーターパークを満喫しました。
自分のナビゲーションが事故並みに下手すぎることを証明しつつ(ごめんなさい...。)、この夜はここからちょっと離れたところで一泊。翌日にマイアミへと向かいました。


つづく

夏の思い出、六月編

先日写真で振り返ったので、今回は文章だけですが。


この夏、去年同様六月の初めに二週間ほど日本に一時帰国してきました。
で、そのことをずっと書くとか書かないとか言っていますが...。
思い出してみても、本当に家に引きこもっていたので(基本的に毎日朝起きて、家の掃除をしたり家族とのんびりして、ご飯を食べて、寝ておしまい)、正直わざわざ書くことがない。
親戚揃って祖母の米寿お祝いをして、家族で近くの鬼怒川温泉に行って、ひんたんに会いに行って、千秋先生に会いに行って。
とにかく、今回は家族といっぱい過ごせてよかった。アメリカに戻るちょっと前からホームシックになった。
あと、日本はおいしいものがいっぱい。


それでアメリカに戻ってきて、数日仕事をした後、今度は全米アスレティックトレーナーズ協会(NATA)の年例総会に参加するため、ラスベガスへ。
経由地の悪天候のおかげで、バッファローから飛行機がなかなか飛ばず、(「もー疲れた!(うだうだ)」とみんなでビールを飲み始めた後)六時間待ちぼうけした後別な飛行機に回され、新たな経由地・シカゴへ。
飛行機で隣に座ったおじさんにジントニックをご馳走になり、また酒を飲み続けること一時間ちょい、シカゴに着いたらちょうどNHLスタンリーカップ(プロホッケーの決勝戦)をやっていて。
今年の決勝戦はボストンとシカゴだったから、空港内バーにはいっぱい人が集まって試合を見守っていた。
自分たちも(また)ビールを飲みながら試合見てたら、なんとシカゴが勝利!!
観客みんなで「おー!!」と盛り上がって、(また次の飛行機も遅れたから)ビールで祝杯。わいわい
そんなこんなで、ラスベガスに着いたのは午前二時近く、へとへとでホテル(今回泊まったのはピラミッド型のホテル、Luxor)に着いてチェックイン。
ここまでの間で自分たちはビール六杯プラスアルファ(=おじさんがおごってくれたやつ)を消費してたし、とりあえず長い時間落ち着かなかったこともあって、ほんとに疲れてた...。
......んだけれども、その後ルームシェアするまりえちゃんを迎えに、日本人ATCのお友達の部屋に行ったら、なぜかビールを飲みながらおしゃべりが止まらなくなって。
「総会のレジストレーションすごい混むから、朝一番で行ったほうがいいよ!」ということになって、結局徹夜に。(今考えてもどうして出来たのか分からない)

そんな流れで、徹夜した状態でレジストレーションに行ったのですが、そこで日本人ATCの先輩方、そして母校UNOを卒業した日本人ATCの先輩に会ってりして、「じゃあ朝ごはんでも!」と一緒に朝ごはんを食べに行ったり、部屋に戻るまでの間にも日本人ATCの先輩であるさゆりさんとあべさんを見つけて思わずきゃっきゃしたり(ファンです!)、ホテルの変な内装をきょろきょろしたり、なんだりかんだり。
...ていっぱい余所見をした後、AT Expoにて全力で欲しいものを手に入れるため、一時間ほどのスーパーナップ(:短時間のお昼寝)を取ることに。
AT Expoは、アスレティックトレーニングの現場で使う機器・商品の展示会。いつも使っているものから、最新の機器(治療機器、トレーニング機器、ブレースなど)まで、いろんなものを見ることが出来ます。
毎年、初日がATCの資格保持者限定で、一般公開(無資格の学生さんたち対象)されるのは翌日。てことで、初日の方が業者さんの売り込み熱も高いため、多くの試供品をもらえたりする。(どきどき)
で!今年はなんと、Meretという消防隊・緊急隊の使うバッグなどを作っている会社が、ファニーパック(:テープやバンドエイドなどを入れて持ち運ぶためのウエストポーチ)を先着順で無料配布するらしい!(※以上全部まりえちゃんから聞いた話)
それをもらうのが第一目的で、二人で全力で臨んだわけですが、めでたく入手しました。わーいわーい
それからAT Expoをぐるぐるし、またいろんなものもいただいて、自分はクラスへ。
(余談ですが、毎年はるばる日本から参加していらっしゃるクレーマージャパンさんのスタッフさんには癒されます。今年はミューラージャパンさんもいらしてました、最新マウスガードいただいちゃってありがとうございました!)
行ったクラスは、脳震盪の研究が今どういうところにいるか、というようなものだったのですが、この少し前に読んだ論文に似ていたので、あまり目新しい発見はありませんでした。
その後まりえちゃんと再合流、ご飯食べて、外を観光しに行って、それから日本人ATCの飲み会なるものに連れて行ってもらった。
毎年NATA総会開催中に、日本人ATCの先輩方が企画してくださる日本人ATCの集まりがあるんです。いつも数十人の日本人ATC(とアスレティックトレーニングを学ぶ学生さん)が集まるんですが、こういうネットワークの強さというかカジュアルさは、他の資格ではあまりないんじゃないかと思うし、個人的には好きです。(いつも幹事をしてくださる先輩方、ありがとうございます!)
自分は毎年参加しているわけではないのだけれども(常に友人を経て情報を得てるので...てみんな何でつながってるのか不思議になる)、大体バーベキューをするんですが、今回はホテルのスイートルームを貸しきってわいわい。50人くらい集まったんじゃ?ていう話でした。
そこでまた新しい出会いがあったり、懐かしい再会があったり、ほんとに楽しかった!
そこで夜中まではしゃいだ後、ぶらぶら歩いてホテルに帰り、ようやっと睡眠。これが午前四時ごろ。

...て四時間ほど寝てクラスに行くべく頑張って起床したのですが、広い会場で道に迷って挫折し、そこで見つけた「走る日本人ATC仲間(※勝手に付けた)」の日高さんと外に走りに行くことに。
ラスベガスのサインを見に行った後、念願のIn-N-Outという西海岸(もっと言えばカリフォルニア限定)のおいしいファストフード店に連れて行ってもらい、汗だくでチーズバーガーとフライドポテトを持ち帰りで購入。すごい達成感でいっぱいでした。
持ち帰ったIn-N-Outを部屋でまりえちゃんと食べた後、またAT Expoをぶらぶらしに行って、その後は早稲田の後輩ちゃんたち二人と一緒に四人で、NBAワシントン・ウィザーズでアシスタントアスレティックトレーナーをなさっている佐藤晃一さんと会って、ご飯をごちそうになって。(ここでいろんな話を聞かせてもらって、すごくモチベーションが上がった!みんなすげー!)
夜は、「なんか事前に買っておいたチケットの受け取り時間間違えたかも!」と自分がテンパる事件を乗り越え(まりえちゃんのおかげだよっ)、まりえちゃんとシルクドソレイユの「O(オー)」を見に行きました!
で、その後は映画「オーシャンズ11」の舞台だというホテル・ベラージオの花火ショーを満喫。
ぶらぶら歩いて帰りつつ、この夜のもう一つのイベント、ホテル・ニューヨークニューヨークのローラーコースターへ。
今回もすっっっごく楽しいことばかりだったNATA、最終夜はまりえちゃんと二人ビールを飲みつつパッキングに励んで、徹夜して更けました。

...で、翌朝ラスベガスを出てバッファローに帰ってきたわけですが。
自分、うちのスタッフと一緒に行ったのだけれども、結局現地では、一緒に泊まっていたまりえちゃんをはじめ日本人ATCの友達・先輩方とずっと一緒にいて。
ただでさえ日本から戻ってきた後会話の中ですごく不自然さを感じることが多かったのだけれども、NATAの後はほんとに英語話せなくなった。(※もちろん仕事はしていたから話せはしていたのだけれども、すっごく変な感じで、殊に発音がもう自分でもわけ分からん感じになっていた)


六月はこんな感じで、すごく楽しませていただきました。
日本から戻ってきてから、慌しくてホームシックになる暇がなかったのもありがたかった。
キャリアに関していろいろな情報を得られたり、考えさせられることも多く、本当にいろんな面で得るものが多かった一ヶ月でした。この話はまた後ほど。

長かった一週間

はーーーーー。
一週間終わった。
長く感じました。時間が過ぎるのが遅かった、ていうんじゃなくて、なんだかすごく長い時間を過ごしていた感じがする、ていう方。
今週はサッカーのキッズキャンプがあって、いつもよかずっと早起きをして早く出勤して長く働いていたのもあるし、
あとはうちの部署で注文していた今年度のsupply(物品?テープやら薬やら)がある日突然お相撲さん二人分くらい届いたので、その整理整頓(inventory。得意の単純作業)を毎日黙々としてたからだと思う。
とりあえずキャンプは無事に終わったので、よかったよかった。


気付いたらもう来週八月になっちゃうんですね。
ああ...。
あと十日もしたら、自由を失うんだな。
やだよーやだよーー(めそめそ)
残りの週末は、とにかくゆっくりする!
すごく楽しかった夏休みを思い出しながらぼんやりごろごろします...。

最近のお気に入りテレビ

出ました。
この、どうでもいい話題。


アニマルプラネット・チャンネル系から。
前は『Too Cute』という、動物の赤ちゃんの成長過程をきゅんきゅんしながらずっと見守る番組が好きだったのだが、最近『Call of the Wildman』と『Gator Boys』がお気に入り。

『Call~』は、人間の生活区域に迷い込んでしまった凶暴な野生動物たちを捕らえて、彼らのいるべき深い自然へ戻してあげる、ということを仕事とするグループ、「タートルチーム」を追うリアリティ番組。
番組内で主に凶暴動物と闘っているシーンを一番映されているのは、「タートルマン」というニックネームのめっちゃクレイジーなおじさん。すごいおもしろいの!
前見ていた時は、その名の通りかめ(でも大きい凶暴な噛み付きガメ)をすっ裸で捕らえていたのだが、どうも捕るのはかめだけではなく、野生動物全般らしい。へびとか狼とか。
で、おもしろいのが、お礼は依頼者任せみたいなところ。見ていると、お金を渡す人もいれば(その額もまちまち)、その人たちのとっておきの物品をあげたり、サービス券を渡す、という人たちもいる。
あとは、いらない豆情報が頻繁にテロップで出てくるのがツボ。「タートルマンはいつもピーチの香りのボディソープで体を洗っている」とか、「この飼い犬にはミドルネームが二つついている」、とか。笑
とりあえず登場する人たちの個性が強くて、とてもおもしろい。ケンタッキーのど田舎ならではのなまりが強くて、時々あれ?てなるときもあるけど。

『Gator~』も似たような感じ。というかアニマルプラネットには、「動物を助けて保護する」人たちを追うリアリティ番組がいっぱいあって、素敵だと思う。
話を戻して、こっちはワニ専門。「うちにわにが来たんです!」ていう依頼者さんの元に駆けつけ、ほぼ素手でワニを捕獲。
そのワニは、たしかフロリダにあるGator Gulfという敷地内(すごくでかい沼)に保護され、怪我の処置を受けたりしながら新生活を始めるの。
先日のフロリダ旅行の予定を立てようと「地球の歩き方」を読んでいたときにもたしか出てきた場所で、テーマパークのようになっている。ワニとのふれあいコーナーもたしかあったはず。その入場料等で施設およびワニの維持・管理費をまかなっているみたい。
この「ワニ捕り」チームの人たちも、すごい個性的。とりあえずほんとにワニが好きらしく、ワニが潜む沼にもすもぐりで行っちゃったり...。

とにかく、すごい人間がいるなっていうのはもちろん、動物たちと“いい形”で共存するのが難しい現代社会で、単に殺すんじゃなくて助けてくれる人たちがいてよかった!ていつも思う。
沼地とか苦手だけれども、いつかGator Gulfは行ってみたいんだよね。ワニの赤ちゃん抱っこするの!!!(わほわほ)←サメとかライオンとか猛獣系ちょっと萌える


あと、ブラボーチャンネルの『Million Dollar Listings』。
ブラボーチャンネルと言えば『リアル・ハウスワイフス』シリーズですが(こっちも好きだけど今は全然追えてない)、とにかくセレブリティ・金持ちのリアリティ番組が多いテレビ局。本物かどうか疑わしい話ばっかりだけど...いろんな人がいるな。
で、この『Million~』は、百万ドルが通常単位という高い物件だけを扱う不動産の人たちを追う番組。
「六百万ドルで我が家は売れません!安すぎる!」なんていうとんでもない会話が飛び交い、出てくるお家の値段は桁が多すぎてもう読めない...もう、人生ゲームの世界です。世の中には結構お金持ちが多いんだな。
家の値段の交渉劇や、(自分では一生持てないであろう)高ーーいお屋敷の中身を見て「すごー!」てなったりするのが結構楽しい。


...こんなところでしょうか。(自己満足)
こんなこと書いてる暇があるなら、夏の思い出の詳細でも書いたほうがよかったかもといまさらながら思う。
明日からは五日間、子供たちのサッカーキャンプをカバー。詳細何も知らされてないけど...もうあきらめた。
とにもかくにも、怪我なくすみますように。

異常気象、重ね重ね

いやはや。
今週、ジョージア・フロリダから帰ってきてからの一週間、この地域ではありえないくらいの猛暑が続いていました。
ここにずっと住む(実は砂漠のような暑い気候が大好きな)うちのボスでさえも、「こんな(35℃を超える)気温は滅多にないぞ!息子の野球の試合見てただけでほんと死にそうになったんだから!」て言ってたくらい。
ここに越してきて、さらに一人暮らしを始めてから、一度も夏に冷房をつけたことがありませんでしたが、気付いたら自分の部屋が35℃近くなっていて夜眠れない日が続いたので、諦めて冷房のスイッチをオン...くうう!
この地域で夏が暑いとか、(冬は雪降るし寒いしだし、)いいとこなくなっちゃうじゃん!!

...で。
そんな日がもうすぐ終わるかも、とか言われていた暑い金曜日。
夕方にカウチで寝ちゃっていたら、なんかの拍子にぱっと目が覚めて。
その数十分後に突如停電。
したら雷がごろごろと。して徐々に「映画でよく見るアルマゲドンのシーン(もしくは『アラジン』のジャファーがすごい力を手に入れちゃったシーン)」級の雷が。たまやー!ていうくらいにどんどん落ちるのが見えたくらい。
雨も激しくなってきて、これはいよいよ復旧までの時間が危ういな。
...とは思っていたけれど、まさか今日土曜の朝になっても復旧していないとは予想もしてなんだ。
はあ。
水は出るけれども、調理もできないし、調理しないで食べられるのは持ってたシリアルバーだけ。
さすがに空腹マックスになったので、カップめんと電気ケトルを持って職場に行ってみた。
前にも何度か書いている気がしますが、うちの大学の隣には、ナイアガラの滝の水力を利用した水力発電所がある。全米でも重要な電力源で、例の9・11の際には「(ここを潰せば米国の広い範囲に影響が出ることから)攻撃の標的になるかもしれない」と厳重警備も引かれたほどらしい。
で、うちの大学はそこから電気を直接(しかもうわさによるとタダで)もらっているいる。
そんなすごいとこ...の隣ならば、さすがに災害とかにも強い(し被害があっても対応が早い)だろう!ていう希望と、万が一の場合に緊急避難所ともなるだろう場所だから、きっと緊急電気とかが備わってるんじゃ?と思って行ってみたのだけれども。
したら。
ふつーに「元気に通常営業中」、だった。
おおお...!!(感動)
てことで、早速荷物をトレーニングルームに持ち込み、オフィスで赤いきつねをもりもり。
なんてすごいんだ。電気よ、ありがとう...。
ナイアガラ川の水位は見たことのないほど高くなっていて、浸水している道もあるくらい。そして大学からちょっと離れただけで(というかうちだってたった5kmくらいしか離れてないけど)、ずっと停電が続いていて復旧見込みもついていない状態だというのに。
ありがとう大学。

そんなうちにも、今日土曜日の夕方になって、ようやっと電気が戻った!わわわーい
そしていつもの夏の涼しさも戻った!!!わわわわーい

今回は、停電していても水は出ていたし、トイレも流れてた。(停電したらトイレ流れなくなるってどこかで聞いた気がしたのだが)
去年アメリカの北東部を直撃し大きな被害をもたらしたサンディで、友人の数人が被害に会い、そのときに自分も準備しておこうと懐中電灯を買ってあったのだけれども、それが今回すごい役立った。
反省点と言えば、調理しないで食べられるものを用意しておくこと。近年世界中でいろんな自然災害が起こっているから、たぶんクラッカーとかだけでなく、もっと“ご飯”系のものも見つかるのかも。


とりあえず、一日いろいろ疲れた。心配することが多くて。シャワーのお湯が出ないのはなんでだろう...とか。(まだ出ないままだけど...。)
明日日曜日はもっと生産的な日にしようと思います。

改めて、雨・嵐の中、暑い気温の中、復旧作業に勤しんでくれた、くれている作業員のみなさま、どうもありがとうございました。(ぺこ)

さくっと旅タイムライン

楽しかった夏(※すでに過去形)のことを書きたいのですが、なんか毎日慌しくて出来ません。あわあわ。遊びまくりすぎたせいなんだけれども。たぶん。
とりあえず一気にはとても書ききれないので、とりあえずこの辺で頑張って写真だけでも載せて、さくっと振り返ります。
日本に帰ったときの写真はまた後で。

*6月24-27日 NATA(全米アスレティックトレーナーズ協会)の年例総会で初ラスベガス

 ラスベガスと言えばこのサイン。 
日本人ATCお友達の日高さんと、外35℃くらいの中おいしいハンバーガーを走って買いに行…ったついでに寄ってもらいました。

 シルクドソレイユ!
日本人ATCお友達のまりえちゃんと一緒に、シルクドソレイユの唯一水を使った作品『O(オー)』を観にいった!ずっと見たかったの、いい席で見られたしほんとすごくよかった。めっちゃ感動!!!

バレージョ(だっけ?)ホテル前の噴水ショーも、ニューヨーク・ニューヨーク・ホテルのローラーコースター(小さいジェットコースター。でもすごかった!)も楽しんだ!
会いたかった先輩方やお友達にも会えたし、そこでいろいろなお話も聞けて、本当によかった。お時間をいただいた皆様、どうもありがとうございました!


*7月4日 独立記念日、ワシントンDC在住の日本人ATCの大先輩のところに弾丸ミニ旅行

  ちゃっかり。
ワシントンDCにあるNBAチーム、ワシントン・ウィザーズでアシスタントアスレティックトレーナーをなさっている晃一さんに大変お世話になりました。ウィザーズのロッカールーム、練習施設を見学させてもらったり、トレーニングルームでリハビリ機器で遊ばさせてもらった!

 映画とかでもよく出てくる…!
「(独立記念日のコンサートまで)時間もないから、走りながら観光しに行こう!」と言われ、思いっきり運動する格好で街中をぐるぐる。リンカーンさんの像、でかい!
さすがに美術館・博物館には行けなかったのですが、観光スポットはたくさん行けました。わーいわーい

 議事堂の階段で花火待ち。
この日はJuly Fourth、独立記念日で、アメリカ人にとってとっても大きな祝日の一つ。ナショナル・モールと呼ばれる議事堂などがあるエリア(て今回初めて知りました)では毎年コンサートと盛大な花火があがるということで、暑い中人がいっぱい集まっていた。コンサートもよかったし、階段からでも花火楽しめた!

この後ラーメンやさんでお夕飯ご馳走になったのだけれども、いやーやっぱDC都会だな!すごいいろんなお店があるし、いろんな人がいる。ちょっと歩けばテレビでよく見る建物が…およよ。と、一人始終きょろきょろ。
クリニカルなことやお仕事のこと、いろんなお話を聞かせてもらえてとってもよかった。晃一さんどうもありがとうございました!


*7月5-14日 (またまた)アトランタ、とフロリダ旅行

 アクアティカ!
週末アトランタでぐうたらした後おにぎりを持って旅に出発。で初日はオーランドのシーワールドの横にあるプールへ。いっぱいあったスライダーを全制覇!写真のやつは、右の方でちっちゃいシャチのいる水槽内をくぐっていて、目(と運)がよければシャチを間近で見られる。いろんなスライダーめっちゃ楽しかった!!

 マイアミ・ビーチ
去年はあまりゆっくりしなかったマイアミ。今回はビーチの近くのかわいいホテルに泊まって、朝日を見…に行く予定だったのだけれども、実際朝頑張って早起きして行ってみたら、なんか雲が多すぎました。きれいだったけど。

 (名前忘れた)灯台
夜のフードツアー(次にちょっと書きます)まで時間が余ったので、マイアミの南東端にある灯台まで行ってみた。ステートパークの一つみたい。割とせまいビーチには家族連れがいっぱいいました。

 コロンビア料理、とお酒。
今回はマイアミをしっかり楽しもう!ということで、お夕飯がてら『マイアミ・フードツアー』なるものに参加しました。南米文化にあふれるマイアミビーチのレストランを、ツアーガイドさんに連れられて、七軒くらいちょこちょこ食べながら巡るツアー。
注文しなくてもいいし、むしろそのレストランのおすすめが自動的に出てくる。そしてそのお料理の説明までしてもらえるし、いろんなものをちょこちょこ食べられるのがよかった。観光の際の裏情報や、アールデコや町の歴史とか聞くのも楽しかった。一人$50くらい(ガイドさんへのチップ別)だし、おすすめです。

 そしてデイトナビーチ。
今回もまた来ました、車で侵入できるこのビーチ。また波で遊んできた。楽しかった~

 チャーリー。
近江くんのルームメイトのわんこ。知ってたけど、実際見たらやっぱ大きくて、ずっとびびってしまってた。すごいいい子なんだけど、どうしても大きいわんこは怖いんだよー(ごめんよチャーリー…!)

近江くんのルームメイトさんたちと野球を観にいったり、はるかさんとご飯に行ったり(ごちそうさまでした!)、とっても楽しかった!
隙あらば昼寝、目が覚めればわがまま大王な自分を面倒見てくれた近江くん、どうもありがとう!


...なんか思いのほか内容充実したな。
これを改めて振り返るかは、ますます分からんな......。

夏休み終わり

たらいまー

日曜の夜…というか月曜日ですよというか。
とりあえず日付変わってようやっとナイアガラに帰って来ました。
夏休み終わっちゃったよー。(うだうだ)

これでこの夏、しいて言えば来夏までの全ての休暇を消化しました!
日本帰って、ラスベガス行って、ワシントンDC行って、ジョージア&フロリダ行って。
サンクスギビングと、クリスマスと、お正月と、春休みが、一気に来た感じでした。
あー楽しかったな。
いろいろ思い出しながらぼんやり。

明日の朝からまた仕事です。
本始動まであと二週間、したら八ヶ月ノンストップ。
頑張るぞ~

夏休み

どうもご無沙汰してます。
今ジョージア州にいます。
今年度最後の夏休みです。

コンベンションから帰ってきて、高野ご夫妻のお宅にてわいわいして。(こうきさん、みゆきさん、改めましてありがとうございました!)
さて落ち着かねば、とか思ってた矢先、ワシントンDC在住の日本人ATCの大先輩とのメールのやりとりの中で「遊びに来ませんか?」と誘われたことをきっかけに、じゃあ行きます!と前日に突如飛行機のチケットを取って、アメリカ独立記念日にワシントンDCへ飛び。(晃一さん大変お世話になりました、ありがとうございました!)
観光や独立記念日のイベントにも連れて行っていただき、とても楽しい旅行をし…たその脚でジョージアまで飛んできた感じです。

明日の朝にフロリダへ出発、オーランド、マイアミ、してデイトナビーチを巡って帰ってくる予定です。
結局日本滞在中の話からまったく出来ていないんですが…。
後でまとめて書こうと思っています。来週以降はどうせネタが減る予定だし。(仕事ばかりだから)

天気がよくなることを祈って!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。