What's going on?

(2013年冬にDTIブログから移転しました。)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっときた

昨日バスケのホームゲームで、今シーズン初勝利をあげました。
対戦相手はビンガムトン大学(Binghamton University)。サッカーでもよく試合する、おなじみのとこ。
恐らく自分が担当し始めて以来、毎年バスケでは一度も負けたことない相手だし、ビンガムトンさんのアスレティックトレーナーさんからも「今年もバスケはよくない」と夏にサッカーの試合で話した際に聞いていたから、これは勝たないとやばいなと思ってた。(うちも正直よくないんだけど。)
選手たちもそういうのがあったのかも分からんけれども、試合が終わったときこそみんな「わー!」と盛り上がったものの、その後も今日もいつも通り淡々としてた。うかれることもなく、ほんと淡々と。
サッカー部とは大違い...。(ぼそり)
まだバスケのシーズンは始まったばかりだし、昨日の相手は正直これまでの対戦相手より(素人目で見ても)劣っていたし、そういうことを考えたら当たり前なんだと思うけれども、いやーあまりの違いにちょっと感激してしまった。
幸いけが人も出ず、ほっとしました。
過去二戦はゲームを通してディフェンス面がいい感じに強調されていたので、それがチームの持ち味となるくらいに安定するといいなと思う。

今日と明日月曜日練習したら、火曜からはミシガン州はオークランド大学(Oakland University)に遠征です。
学校は水曜からサンクスギビングブレイクなんだけれども、バスケ部には毎年のことながら無縁。サンクスギビング当日の朝に遠征から帰ってきて、その日だけオフ、あとは試合と練習です。
あと三試合で選手たちは期末試験週間になり、ちょっと(体力的には)一息つける時間が来る。予定。
予定は未定。


今日は一日中氷点下と、結構寒くなってきました。
屋内競技って素晴らしい。じーん
スポンサーサイト

ディズニー行ってきた話・その3

最終回。
日曜日は現実に帰る日でした。
朝早起きをしてまたホテルをジョギングして、一人バスに乗って開園前のエプコットへ。
この日は朝11時までにチェックインをしなくてはならず、エプコットの開園は九時。
てことで結構時間はぎりぎりだとはわかっていたのだけれども、どうしても「ミッション:スペース」を克服したかったの!!!
てことで、開園前から並んでまた乗ってきた。
朝一だったからか、はたまた家族連れが多かったからか(週末だったし)、ミッションスペースには自分ひとりだけ、ぽつんと五分くらい待ってみた。
結局誰も来なかったので、一人で貸切搭乗。
ごごごーーーーーーーー!
(わーーっ)←ちょっとパニック
克服は出来なかったけれども、乗れたことで満足。(次回こそ...!!)

このエプコットのおみやげやさん、かなり種類が豊富でした。さすが『いつも全キャラクターと会えるパーク』。
IMG_2613.jpg かわいいクリスマス模様。

(※ちなみに今回の旅で驚いたのは、一個一ドルなんていうお手ごろな缶バッジが売ってたこと。なんでも高い“夢の国”でこんな品が帰るなんて!と感激した。バスケ部の選手たちのお土産にぴったりでした)

三日間迷った挙句、中トトロならぬ「中チェシャねこ」を買った!わーわーもふもふー!!
IMG_2774.jpg きゃきゃ

急いでホテルに戻り、すでにパッキングしてあった荷物をバンに詰め(もうバン運転は任せて!と大きい気持ちになってみる)、チェックアウトした後は『ダウンタウンディズニー』パークへ。
ここはショッピングモールみたいな感じで、何かお買い物したり、食べたり、映画を見たり、などが深夜二時まで楽しめるパーク。
そこでチームみんなでフライトまでの時間を潰し、バンで空港へ。
バッファローまで戻ってきました。
ああ、楽しかったな...。(うっとり)

IMG_2727.jpg サッカー部と最初で最後の集合写真


で。
翌日月曜日、久々にオフィスに出勤したら、
IMG_2776.jpg デスクに味付け海苔。

......。
(※これが二週連続で起こりました。おいしかった)


四年前バレー部とディズニーワールドに行くことになった際も、うちのスタッフの中で唯一人生一度もディズニー行ったことのないアソシエイト(40代男性)がだいぶからかわれたのですが(笑)、そのときからボスが「彼に誰かミッキーの耳でも買ってきてあげなよ~」と言ってたの。
「でもアソシエイト、絶対ミッキーの耳なんてつけてくれないよー」と思ってて、そのときは買ってこられなかったのだけれども、今回とりあえず買ってきてみた。
で、はいっ!てあげたら、「おおー」て意外なにやにやリアクションをしながら即着けてくれた。
IMG_2775.jpg じゃーん (ちょっといろいろ怖い)

なんかうれしかった。笑


そんなこんなで今に至ります。
バスケ部は現在三連敗中。まあまだノンカンファレンスだからね。
今週末は絶対勝ちたい相手。どうなるかな。

ディズニー行ってきた話・その2

二日目土曜日、『ツアーガイドさんに連れまわされました』の回です。

朝頑張って早起き。(ていうか結局10時間以上寝てたので別に頑張ってもないんだけれども)
ホテルの敷地内をジョギング。

IMG_2524.jpg 泊まったホテルもディズニーリゾートで、ビーチとかプールがついてる。

それから朝のチームの集合に顔を出し、そのままコーチ陣とホテルで朝ごはん。
「食べすぎだよ」とコーチみんなに言われながらミッキー型のワッフルをいくつももりもり食べていたら、知らないお兄さんがひょこっと席に...。
誰この人?とか思う自分をよそに、コーチみんな知ってるっぽい感じでふつーにおしゃべり。
お兄さんが席を外した際にコーチに聞いたら、前にうちのサッカー部でプレーしていた選手のお兄さん・ビリーで、バッファローでは有名なホットドックブランド社長の息子さんとのこと。ははー、なるほど。
この社長さんは、女子プロサッカーチーム・フラッシュのオーナーでもあるのだけれども、うちのアシスタントコーチ、ペドロ(スペイン人。スペイン代表女子サッカーチームのコーチでもある)がフラッシュでアシスタントコーチしてるから、そこで仲良くなったらしい。
ビリーは年に最低二度は来るほど相当なディズニーワールドマニアらしくて、ペドロが「ディズニー行くよ」て言った瞬間、「じゃあ自分も行く!」と飛んできたらしい。

そんなビリーとペドロに誘われて、この日は二人と行動することに。
ビリーのガイドにひたすらついていく日。(ビリーにとってはインターナショナル二人のおもりの日)
この日は雨で、ビリーの『雨でも絶対行かなきゃ名場所は外さないコース』を回ることになった。
本当は先輩日本人ATCのさゆりさんに勧められた「アニマルキングダム」に行く予定だったのだけれども、ビリーに「雨降ってるしだめだめ!楽しめないよ全然!!」とすごい勢いで説得され、説得されながらもう別なバスに乗っていたので(笑)、結局行かなかった。次回ね、次回...。

まずはエプコットというパーク。
IMG_2672.jpg
ディズニーの全てのキャラクターにいつでも会えるパーク。あと、世界中のグルメが楽しめるパークでもある。(パーク内でかなり雰囲気が違う)
今回がディズニーワールド人生初体験だったペドロが、昨日ここに来てはまった乗り物があるらしく、「あゆみも絶対乗って見たらいい!ほんとにすごいんだから!!」というので、まずはその乗り物、『ミッション:スペース』へ。
IMG_2735.jpg

これ、ほんとにすごかった!!!!!!!!!
乗った瞬間にギブアップしそうになったくらい...。

宇宙飛行士のトレーニングを模したライドなのですが、上級者コースと初心者コースに分かれていて、もちろん自分たちは上級者コースに行ったの。
乗り物の席に座るまでに、もう何度も「棄権するなら今です、ほんとにやりますか?暗闇とか激しい振動とか、ほんとに自信ありますか?」と聞かれるのだけれども、まあ大丈夫っしょと思ってた。(ちなみに棄権を希望するゲストさんは、コントロールルームに連れて行かれて、そこでの任務をお手伝いできるようになってる。なんと素晴らしい対応)
で、席に乗って、目の前のポケットにさりげなくいた「鬼太郎ぶくろ(※ちびまる子ちゃん参照)」を見つめながら、徐々に不安になり...。
真っ暗になって、「きょろきょろしちゃだめだから!したら吐くよまじで!」とビリーとペドロに何度も言われつつ、正面のスクリーンを見つめることに集中。
いよいよスペースシャトル発射。
ごごごーーーーー!
ていうその圧力に、ほんとやられそうになった。なかばパニックだったよね。閉所恐怖症なのかしら...と自信をなくしそうになったくらい。
がしかし!
この怖いもの見たさが、なんとも魅力的で、たしかにはまるの。
(でもこの後からずっと、気分があまりよくなかった。笑)


その後お昼を食べて、次の目的地、『ハリウッドスタジオパーク』へ。
この日の夜にあったカンファレンスの晩餐会、このハリウッドスタジオパークが会場だったから(うちのカンファレンスが夜貸しきるの。すごい)、別に来なくてもいいんじゃんと思っていたのだけれども、ビリー曰く「もっと見るべきところがいっぱいあるの!」ていうことで、来た。
IMG_2645.jpg
マペットのショー、タワーオブテラー、ロックンローラーコースターを乗ったところで、「じゃあ次はマジックキングダムね!」と即移動。
およおよ。(よたよた)

それからマジックキングダムへ。
前日自分結構いたんだけど。
パレードに夢中になるペドロを置き去りにし、ビリーとスペースマウンテンへ。
一応チームの集合時間があったので、自分らはスタッフだから別に無視することも出来たんだけれども、なんとなく気になっちゃった自分はそこで二人と別れてホテルに帰宅。

夜はチームみんなでおめかしして、カンファレンス晩餐会に行きました。
IMG_2698.jpg
アワードショーと食事の後は、タワーオブテラーとロックンローラーコースターが完全貸切で乗り放題だったので、三連続とかで乗ったりしてはしゃいできた。
日付の変わる前にみんなでホテルに戻り、その日はおしまい。
次回はいよいよ最終日、『現実逃避のおわり』の回です。

ディズニー行ってきた話

IMG_2539.jpg 入り口は秋バージョンでした。

(恐ろしいことに)もう二週間以上経つらしいですが、ディズニーワールドで遊んできました。
サッカー部のカンファレンストーナメントで向かったのは、常夏フロリダ州はオーランドにある、ディズニーワールド...の横にあるESPNワールドオブスポーツという会場。四年前にバレー部のカンファレンストーナメントで帯同して来たことがあるので、これが二回目。

水曜の朝六時前に学校を出て、木曜の昼過ぎに初戦。
で、負けた。して即敗退、うちのサッカーシーズン閉幕。
せめて二試合くらいはするだろう、あわよくば三試合だけどそれ以上はないっしょ、とかいろいろ試行錯誤を繰り返してテープなど備品を荷造りしてきたわけだけれども、むしろ帰りのお荷物になった。まあ不足がなくてよかったよね。
土曜日にカンファレンス所属チーム全体での晩餐会に出なきゃだったこと、そもそも飛行機のチケットのこともあり、日曜の夕方までは滞在が決まってた。
ということで、シーズンも終わってもう練習さえも無いから自分何もしないし、カンファレンスから参加者全員(帯同スタッフ含む)にディズニーのパスポート支給されてるし、日曜まで時間あるし、
ということで、急きょ自分のバケーションが始まった。
正直最後の試合がいい試合じゃなかったから、終わった直後は少し複雑な気持ちがあったけれども、それよか「終わったーーーーーっ」という解放感が半端なかった。


そんなバケーション、一日目。金曜日。
興奮しすぎて夜眠れず、そのまま朝から早起きをしてチームの集合に顔を出した後、即ホテルから出ているバスで一人マジックキングダムへ。
ディズニーワールドは五つのパーク(たしか)で構成されている、もう『町』、なんだけれども、マジックキングダムはいわゆる東京ディズニーランドみたいなパーク。シンデレラ城があってー、とか典型的な。
四年前にバレー部と来たときは、(バレー部は決勝戦まで行ってさらに優勝したので)遊ぶ隙も時間もなく、マジックキングダムを四時間ほどぶらぶらして終わったのだけれども、今回はめいっぱいぶらぶらしてきた。

578052_770135896345822_1776441528_n.jpg お天気もよかった!

日差しが強くてあったかかった。というかじりじりした。恐るべしフロリダ!(※試合のあった木曜日はそれよか暑かったから厳しかった。誰も倒れなくてよかったよかった)
一人でぷらぷら、とりあえず好きな乗り物に乗ろう!ということで、お気に入りのスプラッシュマウンテン、ビッぐサンダーマウンテン、スペースマウンテンに。
平日だからかめっちゃ空いていて、全然並ばなかった。しかも一人だとどこでもするりと乗れる。(乗り物のスタッフの人には「えっ一人なの?」て顔されたけど)
わー!
わーー!
一番好きなスペースマウンテンなんて、二度乗っちゃったよね。(わほわほ)

パレードやシンデレラ城でのミュージカルと遭遇し、そこらへんの子供たちや保護者の方に入り混じって夢の世界を満喫。なんと美しい。
自分も小さい頃はこういうショーを必死に見てたよねえ。(戦隊ものが主だったけど)
久々に純粋な気持ちになりました。

で。
おなか減った!でもどのレストランがおすすめとか全然知らない。
とひたすらうろうろしていたら、なんと自分の一番大好きなディズニー映画、『美女と野獣』のお城を舞台にしたレストランを発見。

IMG_2573.jpg Be Our Guest Restaurant

わあー
どうせやることないし、と行列に並んでみる。
レストラン内は主に二つの部屋に分かれていて、ベルと野獣がダンスをしたボールルームと、魔法のバラのある野獣の部屋と、どっちか好きなほうに座れる。
IMG_2581.jpg IMG_2583.jpg IMG_2584.jpg
自分はボールルームのほうに座ったのだけれども、窓外には雪が降っていて(もちろん細工)、とってもきれいだった。
ただ、食事自体がすごーーーーく普通で...正直がっかりだったかなと。

それからお土産を下調べ。いろいろかわいいものがいっぱいで、きゅんきゅん。
いろんなお店をぐるぐる回って疲れ果てたので、夕方にはホテルに帰宅。そのまま深い眠りへ。
...ら、チームの集合時間(集合場所は自分の部屋のすぐ外だったのだけれども)に現れず、さらにコーチたちのドアをばんばんする音にも気がつかなかったようで、最終的に「どこにいるんだーっ!」とパニクったコーチからの電話で目を覚ましました。お騒がせしました...。
次回は二日目、“ツアーガイドさん”に連れまわされましたの回です。


{おまけ}
チェシャねこまくらとの運命の出会い。あまりのかわゆさに、この日以降丸三日、買うか買うまいかを悩み続けることになりました。
IMG_2591.jpg もふもふだよーーー

ホリデーシーズン

どうも。
先日オハイオ州はボウリンググリーンに遠征に行ったら、宿泊先のホテルのロビーにどーん!とクリスマスツリーが。

 きらきら

おおーっ
ホテルのロビーがもうクリスマスモードでした。(どきわく)
一人でほくほくしながら、ホテルの暖炉でごろごろしてみた。
試合自体は全然よくなかったのですが、もう過ぎたことだし、というか明日も試合だからそっちに頭が行ってるし、てことで正直どんな試合だったかあまり覚えてない...(いつものことなんだけれども)。
とりあえずうちのディフェンスはすこぶるよくない。二試合連続でそんな感じ。
これまでの二戦(諸事情で)出られなかったうちのベストプレーヤーが、いよいよ明日から復帰するのだけれども、彼女は殊にディフェンス面で輝く子だから、それが少しでもチーム全体に生きてくれるといいと思う。


今日やっと数週間前に行ったディズニー旅こu...じゃなくて遠征の写真をアップロードしたので、もうちょっと落ち着いたらばっと載せます。

シーズンオープナーとか

大学バスケには、サンクスギビングとかクリスマスとか正月とかがありません。
むしろ、大きい大学は殊に、そういう「家族の集まる」日を狙って試合をしたりする。そうするとお客さんも増えて、イコールお金も入るから。(日本のお正月同様、アメリカの祝日って家族で集まってご飯を食べる以外に特にすることないから、実際暇なんだよね。)

自分がここで働き始めた一年目、インターンだったときは、バスケ担当じゃなかったのだけれども、ちょうど年末年始にジュニアアイスホッケー世界選手権のホストをしていたので、結局クリスマスと正月も働いてた。
ということで、ここに来てからそういう祝日とは疎遠になっているわけですが、大晦日も元日もふつーに働いて何年も経ってるうちに、残念ながら日本のお正月の感覚も薄れてきてしまった。
あ、年明けた...みたいな。

いろんな祝日がふつーの日になっていて、どうせ仕事以外に特別なことしないんだけどね、っていう中でも、なぜかクリスマスってわくわくしてしまうんですよね毎年。
多分町やお店の雰囲気、あとテレビのコマーシャル(→クリスマスだー!わーい!みたいな)や家族団らんの話を見たり聞いたりする影響だと思うんだけど。
先日フロリダから帰ってきた際、いつも聞いていたラジオステーションが「クリスマスソング・ステーション」になってて。
毎年クリスマスの時期になるとそう(↑)なるんだけど、おーもうそんな時期なんだあ!て思いながら、わくわく。
それ以来、毎日車の中はクリスマスソングが流れてます。るんるん


さて。
昨日は担当してる女子バスケ部の今シーズン初の公式戦、うちのホームでのシーズンオープナーでした。
対戦相手はLehigh University(リーハイ大学)、ペンシルベニア州にある賢い大学。
去年行ったときに、リーハイさんにめったんこにされた覚えがあったし、今回うちのペストプレーヤーの一人がつまらん事情で出られなかったこともあり、こりゃいかんなと思ってたんだけれども。
そこまで悪くない試合でした(思っていたよりは)。負けたけど。
73対93、という、女子バスケにしてはなかなかの高得点ゲームでした。
試合会場には多くのご父兄の方々が来てくれていたし、毎ホーム試合に来てくれるバスケ部ファンのおじいちゃんおばあちゃんたちもいっぱい来てくれたので、会場は結構いっぱいだった。よかったよかった。
試合会場で会ったみなさんにあいさつしたりハグハグされたり、「あー戻ってきたなーまたシーズン始まったなー」と実感しました。
次の試合は来週末、アウェイで、オハイオ州のボーリンググリーン大学(Bowling Green University)ていう割と大きい大学に行くんですが、なんとボーリンググリーンさん、昨日ミシガン大学(University of Michigan)に勝ったらしい。
え!
そんなにいいチームなの?て驚いた。
ミシガン大学と言えば、去年自分らが年末に試合に行って、けちょんけちょんにされたとこなんだけど...。(でも素敵な方々との出会いや施設の素晴らしさなど、個人的にはいい思い出がいっぱい)
しかもその当時は、この夏に退部して行ったベストプレーヤーたちがまだいたんだけれども......。(さらにうちの現ベストプレーヤーはあともう一試合諸事情で出られないんだけど)
はあー。こんな早くに、大敗高確率な試合が来るとは思ってなかったな。


最近もう一つ、自分の中で頭の中にずっと残る出来事があって。
バスケで働き始めて三年目。
初めて迎えた一年生たちは、もう三年生になって、四年生の選手(この子もまたいろんな思い出があるし、なんともいい子なの...シニアデーには絶対泣いちゃう)と共にプレーでチームを引っ張ったりキャプテンになったりと、立派な「お姉さん」になった。こういう成長を側で見られることって、まさにこの仕事の醍醐味。
ここでフルタイムになったときから、「この一年生たちが卒業するまでは見届けるんだ」、って心の中で決めていたのだけれども、数日前にもブログでちょっと書いたけれども、最近転職の二文字がどうしてもちらついてしまってる。
そこできっぱり「転職する!」て決められないのは、もちろんビザのこともあるけれども、それよりも、大好きなボスや同僚のこと、そしていろんな思い出・思い入れのあるバスケ部の選手たちのことがあるからなんだけれども。
それで先日、今年からキャプテンになったバスケ部の三年生の選手とトリートメント中に話をしている中で、何かの拍子で来年度の話になって。
自分ビザのこともあるし、ちょっと他のことでも、来年度いるかわからんのよねえ、と軽い感じで話をしたら、急に真剣な顔で「は?!」て言われ、「辞めないで!せめて自分が卒業するまでいて、なんでもするから、お願い!」とせがまれた。
したらそこにいた二年生の選手も、「あゆみはね、どこにも行かないよ、ここにいるんだからっ!(ぷんぷん)」て言われて、

ああーーーーーーーーっ

なんてことをしてしまったんだ自分ーーー(ばかばかばかーーっ)

あんな「ぽろり」を真剣に受け止めてくれた選手たちに対してすごく罪悪感でいっぱいになり、ひたすらあやまった...ごめんね。
前々から、『まだ名残り惜しまれるうちに去る(→問題と嫌な印象を残して去るのは絶対避ける)』というのだけは決めていて、サッカー部で仕事がしづらくなってきて、嫌な流れを感じ始めてからは、「チームにも変化が必要だ」と感じ、「コーチやチームとの信頼関係が決裂する前に去らねば。もうそろそろ自分の“引き際”なのかもな」と思っていた。
実際名残り惜しまれたら去りがたいだろうな、というのはもちろん想定の範囲内だったんだけれども、でも正直、そんな真剣に引き止めてくれる選手がいるなんてあまり思ってなかったから、動揺。
とにかくそれ以来、「行かないで!」て選手に言われた光景がずーーーっと頭の中でぐるぐるしてる。
そしてその日以来、他の選手たちまで頻繁に「あゆみー、アイラブユー!」と言ってくれるようになり(←自分があんな話しちゃったからか?!と深読みしてしまう自分...)、自分の犯した罪の重さを感じています...。
クリスマスブレイク中(=バスケ部しか構内にいないから時間に余裕がとてもある時期。てか自分とボスしか働いてない時期...)にボスとビザとかに関してミーティングする予定なんだけど、自分の中では、そこでの相談で進路をちゃんと決めるつもりでいる。
先述したとおり、当初は四年生を見送るまでいるって決めてたのに。それをやり遂げられないかも、なんて弱音を吐いてしまっていることが、情け無いしすごく申し訳ない。
まあ「ビザ更新しません」って言われたら、その時点で選択肢無し、強制的に転職しなきゃになるんだけど...。
ビザ更新拒否の可能性がある以上、このシーズンがこのチームと働く最後の年になる可能性も消えないので、さらに思い入れが増してます。長いシーズンを共に過ごすバスケ部は、ほんと家族のような感じなんだよね。
ビザなりなんなりの理由で、これが最後のシーズンになっても後悔の無いように、精一杯働かなきゃな、て改めて思いました。
目標と課題はいっぱいだ!

新しい靭帯?

そういえば!

昨日、Facebook上でATC先輩仲間たちがシェアしまくっていた話題なのですが、どうも人体の膝に新しい靭帯が発見されたらしいんです。
Anterolateral Ligament(そのまま和訳したら前外側靭帯)、略してALL。
写真も載ってる記事はこちら。(※ちょっとグロい画像が苦手な方はお控えください)


Surgeons describe new ligament in the human knee

夢の欠片もない自分は、「人体に見つかってない、もしくは見つかってるけど名前の付いてないもんなんて、まだいっぱいあるだろうに」、と若干冷ややかな気持ちがあるんですが...。(正直『宇宙に新しい星を見つけました!』というニュースと同じくらいのレベルに思っちゃう。)
とりあえず、写真を見たら分かるけれども、ここまで丁寧に解剖出来たこと+他の(ややこしい)組織と「これは新しい別もんだ!!」と区別出来たことに、とっても感心。すごーい
語学学校時代に取っていた解剖生理学の授業で、ねこの解剖をしたけれども、解剖ってとっても繊細な作業だし(血管とか細いし、いろいろもろいし)、脂肪とか頑張って取り除いてもいろいろ見づらいんですよね。だから、こんなの見つけてしまうお医者さん・研究者さんってほんとにすごい!
このALL、97%の人の膝にあるらしい。逆に言うと、3%の人は持ってないということになるのだけれども、正直この数字をどう捕らえたらいいのか、自分には分かりません...。3%もの人が持ってないなんて!って多いように感じてるけど、実は他の靭帯の存在率もそんな程度だったりする?
ATC仲間の中では、この発見自体よりも、このALLが前十字靭帯(ACL)損傷と関係している可能性がある、というところで沸いていました。(ACLは脳震盪や熱中症と共に、近年のスポーツメディシン界では超が付くほどホットな話題。)
ACLの主な受傷メカニズムであるpivotting(=ひねり/旋回)の動作において、膝の安定性を保つ重要な役割を果たしている...っぽい、らしい、かも、みたいです。
今後数年間の間に、もっと詳しい研究結果が出るでしょう、て言ってこの記事は終わってるんだけれども。


したら!

今日、「ALLって、名前違うけど前から見つかってますよ」、ていう記事が現れた。
それがこちら。(※グロい写真が苦手な方はお控えください)


What is the Anterolateral Ligament of the knee?

以前この靭帯が見つかった際には、mid-third lateral capsular ligament、という名が付けられていたらしい。発見はされていたけれども、じゃあなんで今まで“知らなかった”の?ていうのはよく分からないけれども。正式には存在が認められてなかったのか、それとも大々的に発表しなかったというだけなのか。今回のALLを発表した手術医さんが、ALL(mid-third lateral capsular ligament)に関して、これまで知っていたことよりもっと詳しい事実を発表した、とは認めてるけど。
ALL、MRI撮ったら見えるもんなのかな?結構小さいし細いけど。
この記事でもALL(mid-third lateral capsular ligament)とACL損傷との関連性は書かれているし、今後の研究で「ACL再建術後にもpivottingし続ける患者さんに、ALL再建術を施すことは利になるか?」てのも見られるみたいだから、これが大きい発見・発展につながっていくのか興味しんしんですね。

まさに新生活

日曜にフロリダから帰ってきた翌日の月曜日、久々でオフィスに出勤したら、自分の机の上に味付け海苔が置いてあった。ちゃんと「味付け海苔」て日本語で書いてある、しかも数袋だけ、ぽいって...。
何これ?誰?
と思って回りのスタッフにも聞いてみたのだけれども、みんな「知らん、てか何それ?」みたいな。
お菓子とかじゃなくて、味付け海苔って...!!
と(笑いながら)およおよしてたら、後から出勤してきたスタッフが「あ、それ自分!」、て。
どうも彼が先週末遠征でニューヨークシティのホテルに泊まった際に、そこでちょうど日本のカンファレンスがあったらしくて、そこら辺に日本食みたいのがいっぱい置いてあったから、自分のためにもらってきてくれたらしい。海苔を(笑)
ありがとう、うまかったっす。


サッカーのシーズンが終わって一週間、すごく久々に、心にゆとりが出来たことを日々実感しています。
ディズニーワールドにいた間(※トーナメントで試合にすぐ負けたため、“遠征中”の八割は仕事を全くせずに過ごしていたから、仕事で行ったという感が全く無い)に、あー楽しいなーきれいだなーていろんなものに感動しながら、ちょっと大げさだけど、そういう気持ちを思い出せたことにほっとしてた。サッカー始まった八月からの約三ヶ月間はほぼ毎日苦痛というか嫌な気持ちしか持てなかったから。
フロリダのあったかい気候やきれいな夏模様の空にも、とっても癒されました。
やっぱ南国はいいなあー!北国は四季があるのが本当に素晴らしいのだけれども...。(ないものねだり)

サッカーも終わって今はバスケのみ、ディズニーでの楽しかった気持ちがまだ心の中でほわほわしているおかげもあって、今毎日仕事に行くのが楽しい。
バスケ部の選手たちも、やっと自分がいつも付いていられるようになったので喜んでくれてるし、自分も彼女たちだけに集中していろいろ出来るのが(うまく言えないけど)なんかうれしい。
...ていうのを考えると、ますます転職を考えなきゃと思わされる。また来年度も同じような苦痛を抱えながら働ける自信はないんだよな...、もう二年連続だし......。
転職はちょっと前から考え始めて、仕事探しもちょこちょこしているけれども、「転職とか、ボスになんて話をしたらいいのかしら」と考えるたびに泣きべそし始めてしまって、結論から言うといまだにぐずぐず中。別に今決めなきゃいけないわけではないと思うけれども、普段から優柔不断な自分のことだから、今から動かないと...なんだけど、でも、あー難しいよーーー。
今年度がビザの更新時期というのがさらに痛い。現職場でのビザ更新とかグリーンカードの話とか、まだあるんだろうか、という疑問から解決していかないとなんだけれども...。
まあなるようになるかあ。


明日はいよいよ、バスケ部の今シーズン初の公式戦、シーズンオープナー。
あーほんとに始まるんだなー。
始まったらもう一気に、三月まで突っ走るのみ。(年末年始とか無いのももう四年目か...。)
今シーズンもみんなが怪我なく、元気にプレーできますように!自分もがんばるよーっ

ブログお引越し完了しました

渡米してからDTIブログを使っていたのですが、ちょっと前に「ブログサービスを閉鎖します」というお知らせがきました。
あと一ヶ月ほどで閉鎖され、このブログもこれまで書いていた記事と共に抹消されるというので、お引越し先を探していたのだけれども。
いくつかの評価を見た感じだとFC2ブログがいいらしいということだったので、早速お引越ししました。
テクノロジーってすごい。言われたとおりの情報を入れたら、ぱっとこのブログの全記事を移動、お引越ししてくれました。
ということで、お引越ししてきました。
過去の記事はFC2ブログに全部お引越し済みなので(全部は確認して無いけれども、一応そういうことになってる)、これまでのDTIブログでの記事はこちらで読めるようになっています。


今後もこの適当ブログをどうぞよろしくお願いします。(ぺこり)

帰宅しました

どうも。
フロリダ州はオーランドのディズニーワールドから、無事に帰宅しました。
寒いですね。そうそう、これが本場の冬ですよ...。


試合はトーナメント初日の一試合目で負け、およっという間に今シーズンが終わりました。
初日木曜日に負けたけど、飛行機等の関係で今日日曜まで滞在しなくてはならなかったので、金・土・日と仕事ゼロの完璧バケーションに。
残してきたバスケ部は上司と同僚が見てくれてるし、サッカー部はシーズン終わっちゃったし、てことで、仕事を完璧に忘れ、ディズニーワールド満喫してきました。わほほーい

先日ロサンゼルス空港で銃撃事件があったし(ニュースで見たけどほんとひどい。亡くなった方々のご冥福と怪我した方々の早い回復をお祈りします)、これは空港の警備も厳しくなってるんじゃないかと思ったのですが、今日オーランド空港に着いてみたら全然普通...。ただ先日の事件みたいにどうしても防げない時は本当に防げないから、対策も難しいんだろうと思う。


とりあえず明日から現実に戻ります。
ああ、夢の国...。て、ぼんやりしてる場合じゃないんだけれども。
予想外に楽しかった遠征(ていうかもうほんとにバケーションだったよねこれ...。)のことはまた後ほど。
サッカー終わって、いよいよ本格的にバスケモード。シーズンオープナーまであと五日!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。