What's going on?

(2013年冬にDTIブログから移転しました。)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春休み

どうも。
遅い春休みを二週間いただいて、日本に一時帰国していました。
先週末土曜日の夜にバッファローに帰ってきて、月曜がアメリカの祝日(Memorial Day)だったので、昨日火曜日に仕事復帰しました。

今回は米国大使館に行ってビザの更新をするのが一番の目的でした。(まあビザの更新とかいう用事がなくてもふつーに数週間帰省はさせてもらえる、いい職場なんですが、うち...。)
二週間の滞在中は、そのビザの面接に行って、千秋先生に会ったり母とひんたんと一泊二日の京都旅行に行った以外は、親戚に会ったくらいで、基本的に家族のいる中でぽけーっとしてただけなんだけれども、
本当に「ぽけーっ」としたくて帰国したので、個人的にはとーーーーっても満足しました。引きこもり性質に磨きをかけているような気がするのは気のせいでしょうか。
毎日家族と話しておいしいご飯食べて笑って、っていうなんていうことないことが一番幸せでした。
そんなほわほわーっとした感じで二週間を過ごした後で、昨日仕事に行ったときは、変な言い方だけれども、自分が新しい人間になったような感覚がした。以前の荒んだ心がすっかりなくなったっていうか(笑)。この穏やかな気持ちがいつまで続くかはわからないけれども。
とりあえず去年の帰省後よか英語しゃべれてるわ。やっぱり日本語出そうになるけど。


で。
週明けから、夜(というか夕方)は七時くらいから眠くなってくるし、で朝は四時くらいから目が覚める、という、どこから来たのかわからない時差ボケ?みたいな症状に見舞われています。
はじめは疲れてるからお昼寝が必要なのかな、程度に思っていたのだけれども、どうももう体内時計がこんな感じになっているようで...。
ああ、戻ってくる飛行機の中で映画見過ぎたのがよくなかったのかも。(だって見たかった映画がいっぱい、しかも無料であったんだよっ)
週末にでもちょっと調節するか。早起きは三文の得とはいえ、ちょっと外が薄暗い当たりで目が覚めるのはちょっと損した気分になる。
日本でのことは後で書きます。(た、たぶん......。)
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。